ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和名倉山~心癒されるおすすめのハイキングロード!

和名倉山 057

今回のテーマは、『ルーファイ』『20km以上歩く』です。
いろいろ候補の山もありましたが、日本200名山であり、豊かな自然林と素晴らしい景観が見られる、和名倉山の三ノ瀬ルートに決定しました。

【今回のルート】スタート4:30⇒ゴール15:08、歩行距離約24km
民宿みはらし駐車場到着(3:30)⇒登山口(4:31)⇒牛王院下分岐(5:06)⇒牛王院平(6:15)⇒牛王院分岐(6:27)⇒山ノ神土(6:36)⇒西仙波(8:08)⇒東仙波(8:26)⇒吹上ノ頭(8:49)⇒川又分岐(9:51)⇒二瀬分岐(10:04)⇒和名倉山山頂(10:20)⇒休憩⇒二瀬分岐(10:50)⇒川又分岐⇒吹上ノ頭⇒東仙波(13:42)⇒西仙波(12:39)⇒山ノ神土(13:42)⇒牛王院平(13:47)⇒将監峠(13:56)⇒将監小屋分岐(14:02)⇒牛王院下分岐(14:47)⇒登山口(15:07)⇒民宿みはらし駐車場(15:08)

和名倉山 004
スタート(4:30)
LEDヘッドランプは明るく不便はありません。
※余談ですが、ヘッドランプの光の方向で自分の視線移動の傾向がわかります。以後の山歩きに役立ちます。

和名倉山 005
牛王院下分岐(5:06)
景色が見えないので、磁石とベアリング表で方位確認

和名倉山 008
牛王院下分岐から七ツ石尾根を登っていると空が白んできてヘッドライト不要になりました。

和名倉山 011
樹林の間から見える山は竜喰山(標高2011m)
※将監小屋・テン場から1時間弱で登れますので、余裕があれば和名倉山とセットで登りたいですね。

和名倉山 012
良く整備された登山道です。

和名倉山 015
牛王院平前の山道交差点は、直進(26度)です。右は将監峠方面、左は高丸戸尾根を通る作業道です。

和名倉山 017
鹿除けの柵の間を歩きます。

和名倉山 018
牛王院平(6:27)

和名倉山 020
山の神土(6:36)、ここは奥秩父主脈縦走路の途中です。道標には、雁坂峠・笠取山・飛龍山・雲取山の名前が出ています。

和名倉山 022
和名倉山へは、進路46度へ・・・そこは笹薮
踏み跡が笹に隠れて良く見えません。磁石の方位を信じて5分位笹をかき分けて進みます。朝露で足元ビショビショになりますのでスパッツは付けた方が良いです。
足元ですが、滑りやすい石・切れ落ちた場所等があるので、転倒には注意して下さい。

和名倉山 025
笹の高さは男性なら首の高さ、小柄な女性の場合は背丈以上です。

和名倉山 028
笹薮を抜けると広い尾根です。本日はガスで景観無しでしたが晴れていれば今までの苦労が吹き飛ぶ事でしょう。

和名倉山 031
リンノ峰1974m(7:36)

和名倉山 032
リンノ峰を巻いて約30分歩くと、シャクナゲのトンネル

和名倉山 034
シャクナゲのトンネルを抜けると西仙波山頂(8:08)

和名倉山 035
しばらく岩稜を歩きます。晴れていれば景観・高度感ある場所です。
※岩稜の一番高い所を歩いていたのですが、ふと西側の下を見ると落ちたらただでは済まなそうな絶壁でした。落ちたら多分死にます。

和名倉山 037
鞍部で西仙波を振り返ります。このルートでは数少ない岩場です。

和名倉山 066
たまたま上の写真の岩を登るハイカーさんがいたので撮影しました。

和名倉山 038
東仙波(8:26) ここでザックを降ろして小休止

和名倉山 039
吹上ノ頭1990m(8:49)

和名倉山 040
ガスのため遠景は見えませんが、美しい樹林帯を楽しめます。

和名倉山 044
八百平付近にくると樹木が多くなり始めて道がわかりにくくなります。
ここで、ご夫婦の登山者とすれ違い挨拶しました。二瀬尾根を登ってきて三ノ瀬に降りるようです。
話も盛り上がり、200名山一筆書きの田中陽希さんは、いつ和名倉山に登るんでしょうかね?と話すと、このご夫婦は以前山で田中陽希さんと会った事があるとおっしゃいました。藪から突如登山道に飛び出してきてとてもビックリしたそうです。

和名倉山 048
川又分岐(9:51)

和名倉山 050
川又分岐付近のお花畑

和名倉山 052
二瀬分岐(10:04) 方位104度に向かいます。
※標識が無ければとても難しい分岐だと思います。

和名倉山 053
千代蔵休ン場で、植林された杉の若木をかき分ける場所あります。踏み跡は明瞭なので大丈夫です。
※この場所以前はカヤト野原で難しい場所だったようです。

和名倉山 054
樹林の先に標識があります。標識に従います。
※ここも難しいです。標識がなかったら見落としてしまいます。山頂付近は広くなだらかなうえ樹木で視界が悪いので・・・逆にどこからでも山頂に行けるのかもしれませんが・・・

和名倉山 055
ここらから更にわかりづらくなります。テープを見失わないように注意
※登りながらふと思いましたが、降りるのは登るより大変そうだなと感じました。

和名倉山 056
見える範囲一面に美しい苔が生えており、まるで庭園のようです。
※あまりに平坦な地形と、どこまでも同じような風景で現在地が判らなくなりそうです。

和名倉山 058
和名倉山山頂(10:20)
山頂はこじんまりした部屋のようです。樹林や苔に囲まれた落ち着く部屋です(^o^)

今回の目的の一つ20km以上の継続した歩行は無事達成できました。
しかし、もうひとつの目的のルーファイですが、要所要所に設置された道標に助けられルートを見失いませんでしたが、もしも道標が無かったら・・・・・はたして登頂できたでしょうか?和名倉山手強い山です。
今回の和名倉山の経験を生かし山登りの技術を向上させていきたいですね。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/09/17(木) 14:00:00|
  2. 和名倉山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<鳳凰三山~好天に恵まれ素晴らしい展望(1日目) | ホーム | 両神山西岳~八丁トンネルから両神山西岳>>

コメント

この山へ行かれましたか

ラッキーさん、こんばんわ

早朝よりお疲れ様でした。
この一ヶ月ほど、山へ行かれていなかったようなので
どうされたのかな?と気になっていました。

和名倉山、山梨県側では白石山(ハクセキサン)とも呼ばれるようですが
この山は僕が道に迷い一度、死にかけた思い出深い山です。

噂では聞いていましたが、山梨県側からの登山道は
とても雰囲気が良いですね。(*'▽')

しかし距離が長く、途中では笹漕ぎもあったりと苦労されたと思います。
また山頂付近は、なかなか難しいですよね。
それもそのはず!
この山はガイドブック的には、危険度MAXで表記されていますからねぇ~

苔の森ご覧になりましたか!
僕もあの場所は、とても綺麗な場所だと思いました。
和名倉山、一番の見せ場だと思っています。
あと千代蔵休ン場も、なかなか雰囲気の良い場所だと思いました。
山頂には展望がありませんが、達成感は十分に感じられた事でしょう。(^-^)

和名倉山は日本二百名山であり
数々の名峰を登り尽くした強者たちが集う山と言われています。

挑戦する登山者に試練を与え
山登りの素晴らしさを教えてくれる
とても良い経験が出来る山ですね。(^O^)/
  1. 2015/09/18(金) 00:24:14 |
  2. URL |
  3. オニオン/ #-
  4. [ 編集 ]

良い山に登れました(^o^)

こんにちは!オニオン/さん

今年の夏の休日は天候に恵まれず山に登れませんでした。

今回はそのうっぷんを晴らすため、高原的な景観を楽しみに登りましたが・・・・ガスで景観は楽しめませんでしたが、この距離を道に迷う事無く歩ききれたので十分満足です!

三ノ瀬ルートは登山道を外さなければけして難しく無いと言われていますが、山頂付近の森林はどこまでも同じ景色でなかなか油断ならないです。
またオニオン/さんの登られた二瀬ルートは整備されたとはいえ今だ難易度は高いですよね。そのぶん歩ききった時の達成感は素晴らしいでしょうね!登山道が落ち葉で埋もれていない季節にぜひ登ってみたいです!

山は静かに秋に移行していますね、夏に登れなかった分取り戻したいですね!
  1. 2015/09/19(土) 09:21:28 |
  2. URL |
  3. ラッキー #-
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは♪

暗いうちから登山、すごいですねー
一人ですか?
和名倉山って・・・遭難が多い山なんですよね。
苔むすところがですね。
なかなか、奥深い山ですなので、余計に遭難しやすい?
きっと・・・私には行けそうもありません(;'∀')

  1. 2015/09/21(月) 22:52:32 |
  2. URL |
  3. blume #-
  4. [ 編集 ]

No title

blumeさん こんにちは!(^^)!

今回の出発時刻は、下山予定時刻15時から逆算して決めたので暗いうちからのスタートになりました。
一人でしたが、数時間で明るくなるので心配はありませんでした。

たしかに和名倉山は道迷いが起因となる遭難が多いですね。視界のきかない樹林帯やスズタケのヤブのせいでしょうね。
道迷い多発地帯ゆえに『恐い山』のイメージがありますが、無事下山出来たときには十分に満足感を味わえる素晴らしい山だと思います。
  1. 2015/09/24(木) 15:32:35 |
  2. URL |
  3. ラッキー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gorogorodaifuku.blog.fc2.com/tb.php/152-240aaede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。

主に山梨県・埼玉県の山を歩いています。夏季は富士山やアルプス中心に歩いていく予定です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (5)
富士宮ルート (3)
吉田ルート (1)
宝永山 (1)
南アルプス・周辺の山 (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
櫛形山 (0)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳・周辺の山 (3)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
茅ヶ岳 (1)
上越国境 (5)
谷川岳 (5)
奥秩父 (18)
雲取山 (8)
飛龍山 (0)
唐松尾山 (0)
笠取山 (2)
雁坂嶺 (0)
甲武信ヶ岳 (1)
金峰山 (2)
瑞牆山 (1)
乾徳山 (1)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
秩父 (7)
和名倉山 (1)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
四阿屋山 (2)
釜ノ沢五峰 (1)
甲府周辺 (1)
棚山 (1)
御坂 (11)
毛無山 (1)
竜ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
鬼ヶ岳 (1)
十二ヶ岳 (2)
御坂黒岳 (1)
三ツ峠山 (2)
杓子山 (1)
石割山 (1)
菰釣山 (0)
大菩薩・山梨東部 (10)
大菩薩嶺 (2)
黒川鶏冠山 (1)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
滝子山 (1)
岩殿山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
倉岳山 (1)
奥武蔵・北秩父・外秩父 (18)
棒ノ峰 (1)
武甲山 (1)
大持山 (2)
武川岳・二子山 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
天覚山・大高山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
宝登山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩 (42)
長沢背稜 (0)
都県界尾根 (3)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
本仁田山 (1)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾 (8)
高尾山 (6)
陣馬山 (2)
東丹沢 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢 (1)
檜洞丸 (1)
常陸 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
2017年回想 (1)
未分類 (33)

月別アーカイブ

検索フォーム

<

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。