ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

大菩薩嶺  丸川峠分岐駐車場から周回

大菩薩嶺 020
2016年10月25日大菩薩嶺に行ってきました。標高1500mを越えた辺りから紅葉が綺麗でした!

本日のルート&タイム
(6:00)自宅⇒奥多摩湖⇒柳沢峠⇒(7:45)丸川峠分岐駐車場⇒(8:00)登山開始⇒(9:50)丸川峠⇒(11:25)大菩薩嶺⇒(11:45)雷岩⇒唐松尾根⇒(12:40)福ちゃん荘⇒(13:05)上日川峠⇒(14:05)千石茶屋⇒(14:15)丸川峠分岐駐車場⇒柳沢峠⇒道の駅たばやま⇒奥多摩湖⇒(19:00)自宅
※帰路は寄り道ドライブになったので時間がかかっています。

大菩薩嶺 052
(7:45)丸川峠分岐無料駐車場(標高約1000m)

大菩薩嶺 053
(8:00)登山開始
登山口直後の分岐は左の下りの道へ進みます。

大菩薩嶺 002
みそぎ沢まで降ります。

大菩薩嶺 003
沢沿いの舗装林道を登ります。

大菩薩嶺 004
20分弱登ると登山道が始まります。

大菩薩嶺 005
気持ち良い樹林帯の道です。この時間帯は日も差していました。

大菩薩嶺 007
標高1300m辺りは紅葉もまだ始まったばかりです。

大菩薩嶺 008


大菩薩嶺 010


大菩薩嶺 012
丸川峠手前の急坂を登りきると笹原になります。この頃から空はどんよりしてきました。

大菩薩嶺 013
(9:50)丸川荘

大菩薩嶺 015
丸川荘の裏に丸川峠標識

大菩薩嶺 017
丸川峠をスタートし振り返り見た景色
※すれ違った登山者は0名。ただ駐車場でほぼ同時刻にスタートした2名がつかず離れず少し後を歩いています。

大菩薩嶺 020
標高1500mを越えると紅葉が綺麗です。
思わずJR東海の秋の京都が舞台のCMソングを口ずさみ、時々『そうだ 大菩薩 行こう!』と独り言を言いながら登ります(笑)

大菩薩嶺 021
この辺りでようやくすれ違う登山者が出てきました。

大菩薩嶺 023
(11:25)大菩薩嶺山頂(標高2057m)
こんな天気でも10名ほどの登山者がいます。上日川峠から登ってきたんでしょう皆さん軽装でした。

大菩薩嶺 027
(11:45)雷岩
雨も本降りになってきたので、合羽装着

大菩薩嶺 030
雷岩の上に立ってみましたが視界10m位です。

大菩薩嶺 031
当初計画では石丸峠を経由して上日川峠に戻るつもりでしたが、視界不良の稜線を本降りの雨の中歩くのはどうかな?と思い唐松尾根で下山。後方の2名も自分と同じ判断なのか唐松尾根を降りてきます。
しばらく降りると30名以上の大集団が登ってきます。ツアー登山は多少の風雨なら決行するんですね。

大菩薩嶺 034
(12:40)福ちゃん荘前

大菩薩嶺 035
車道に沿った遊歩道を下ります。キツツキのドラミングが聞こえるので探しましたが見つかりませんでした。

大菩薩嶺 037
(13:05)上日川峠ロッヂ長兵衛前(標高1840m)
唐松尾根上部ですれ違ったツアーの観光バスが止まっていました。

大菩薩嶺 038
駐車場まで標高で840m降ります。自動車道路を辿っても帰れますが1時間以上余計に時間がかかるので、分岐左側の旧道を降ります。旧道なら1時間30分位で降りれます。

大菩薩嶺 039
雰囲気の良い古道です。上日川峠まで車で登ってはもったいないと感じる位です。

大菩薩嶺 044
交通量が多かったのでしょう。道がV字状に掘れています。また複線化箇所も多数あります。

大菩薩嶺 048
(14:00)千石茶屋付近の登り口に到着。
80L以上の大型ザックの青年とすれ違います。『縦走ですか?』『のんびり歩きますよ』と笑顔で答えてくれました。

大菩薩嶺 049
(14:05)千石茶屋

大菩薩嶺 050
千石茶屋からもう一度林道に入り、14:15に駐車場に到着

今回は大菩薩の北面ルートを登り、上日川峠から旧道を降りました。
北面ルートは南面とは大きく雰囲気が違う、広葉樹の自然林と苔に覆われた深山です。また旧道は雰囲気の良い古道です!本日はあいにくな天気でしたが、晴れていれば景観抜群の笹原の稜線も+αされて満足度はさらにアップされるでしょう!
ラッキーおすすめコースです!

おまけ
大菩薩嶺 057
自動車での帰路 日本猿や鹿に多数会いましたよ!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/10/27(木) 10:15:00|
  2. 大菩薩嶺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

笹子連嶺  景徳院~お坊山~米沢山~笹子雁ヶ腹摺山~笹子駅

笹子連嶺 056
今年の9月は雨ばかりで季節の移ろいを感じられませんでした。10月に入りようやく晴れの日が増え朝晩の涼しさや空に浮かぶ雲の形にいつの間にか秋が進んでいた事を感じました。
今年は残暑無く秋がきてしまったので、夏の力強い日差し・青空と入道雲・うんざりする暑さも今となっては懐かしい・・・・・
 さて今回は、初秋の富士山が見える山に登ろうと思い秀麗富嶽十二景の一座である笹子雁ヶ腹摺山に登りました。ただ笹子雁ヶ腹摺山だけでは物足りないので甲斐大和の敬徳院~笹子駅を縦走する事にしました。

ここ最近山頂の景色に恵まれないラッキーさんは、はたして富士山を見る事ができたのでしょうか? 乞うご期待!!

本日のルート&タイム
(6:30)自宅⇒(8:00)景徳院前市営駐車場⇒(9:45)大鹿峠⇒(11:00)お坊山⇒(11:40)米沢山⇒(12:50)笹子雁ヶ腹摺山⇒(14:20)登山口⇒(15:15)JR笹子駅⇒(15:34発)小淵沢行普通電車⇒(15:43)甲斐大和駅⇒(15:56発)景徳院行き市民バス⇒(16:01)景徳院前市営駐車場⇒道の駅甲斐大和⇒(19:00)自宅

笹子連嶺 001
景徳院前市営駐車場(無料)
トイレ・登山ポスト・案内板・休憩所・飲料自販機・バス停あり。
身支度を済ませ出発しようとすると、目の前で上日川峠行きバスが停車しました。バスは大菩薩に向かうであろう登山者で満席でした。
※景徳院はこの地で滅亡した武田氏を弔うために徳川家康によって建てられた寺です。

笹子連嶺 002
案内板に従いしばらく集落の中を登ります。
民家の中庭の奥に登山口があります。

笹子連嶺 003
登山口の先にある電気柵を通過します。電気柵通過後植林地の作業道を登ると氷川神社があります。氷川神社で安全祈願の参拝をしました。

笹子連嶺 006
氷川神社通過後さらに200m位高度を上げると最初の鉄塔があります。鉄塔の右の道へ進む。
※地図では交差する送電線があるはずですが見つかりませんでした?

笹子連嶺 008
更に10分程登ると2番目の鉄塔。

笹子連嶺 009
この分岐は右が正規ルートです。

笹子連嶺 011
3番目の鉄塔
ここは鉄塔をくぐって直進します。
鉄塔は尾根に沿って忠実に並んでいますが、登山道は歩きやすいように尾根筋を蛇行しながら高度を上げていきます。

笹子連嶺 013
4番目の鉄塔を右に見送って進むとやがて樹脂製の長い階段が大鹿峠直下まで続きます。

笹子連嶺 014
大鹿峠分岐

笹子連嶺 015
大鹿峠

笹子連嶺 016
お坊山に向かいます。

笹子連嶺 017
痩尾根の急登です。

笹子連嶺 021
お坊山の主稜線にのった直後振り返ると、枝で直進禁止の目印が作られています。
自分と逆ルートの場合の注意箇所です。ガス等で視界不良時は直進しそうな尾根です。正規ルートは右下に向かう道です。

笹子連嶺 026
お坊山手前の展望スペース

笹子連嶺 025
展望スペースで見た本日最初で最後の展望!右の突起はオッ立

笹子連嶺 028
お坊山

笹子連嶺 038
米沢山

笹子連嶺 040
米沢山~笹子雁ヶ腹摺山間は傾斜50度位の鎖場が続きます。

笹子連嶺 042
痩せ尾根をどんどん下ります。正面の木立の間に正規ルートがあり、傾斜50度高さ20m位の鎖場があります。

笹子連嶺 051
1段20m位の鎖場を3段ほど降り、合計で200m位下ってから登り返しです。

笹子連嶺 054
あと少しで山頂

笹子連嶺 055
山頂到着 

笹子連嶺 057
富士山どころか展望はまったく無し。(笑)
山頂には誰もいません。ついでながら本日は入山から下山まで誰にも会いませんでした。

笹子連嶺 058
反射板
あとは尾根筋を忠実に約一時間半かけて降ります。

笹子連嶺 061
14:20無事下山。無事下山させてくれた感謝の気持ちで山に一礼。
笹子駅まで甲州街道を歩きます。15:15笹子駅に到着

笹子連嶺 065
15:34発小淵沢行普通電車に乗車

笹子連嶺 066
15:43 甲斐大和駅に到着

笹子連嶺 069
甲斐大和駅15:50発景徳院前BS行きバスに乗車し16:01車をデポした駐車場に到着。

ラッキーさんは今回もまた富士山や山頂の景色を見ることは出来ませんでした。( ´艸`)

しかしながら、古道・尾根道・鎖場と変化に富んだ飽きのこないコースでした。笹子駅までの40分の車道歩きはありましたが、電車・バスともつながりは山間部にしては良好でした。
笹子連嶺また登りたいですね!天気の良い日に!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2016/10/18(火) 09:15:00|
  2. 笹子連嶺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

木曽駒ヶ岳 千畳敷駅から日帰り周回コース

DSCN1296.jpg
(7:20)千畳敷駅前(2612m)から見上げた宝剣岳(2931m)。

2016年9月27日(火)展望と紅葉を求めて木曽駒ヶ岳(2956m)に登りました。

本日のルート&タイム
(2:00)自宅⇒(4:30)菅の台BC⇒(6:45)駒ヶ岳ロープウェイしらび平駅
⇒(7:20)千畳敷駅⇒(8:05)乗越浄土⇒(8:40)中岳⇒(9:15)木曽駒ヶ岳山頂
⇒休憩30分⇒(10:50)濃ヶ池分岐⇒(11:10)濃ヶ池⇒(11:50)馬飼ノ池
⇒(12:40)乗越浄土⇒(13:00)宝剣岳⇒(13:30)乗越浄土⇒(14:00)千畳敷駅
⇒(15:30)しらび平駅⇒(16:00)菅の台BC⇒(20:30)自宅

DSCN1297.jpg
サギダルの頭、形の良い岩の尖塔です。
※山名の由来は残雪期に白サギが舞い降りたような雪形が見られる事からだそうです。

DSCN1298.jpg
サギダルの頭と宝剣岳

DSCN1294.jpg
さらに右を見れば伊那前岳(2883m)へ続く稜線。

DSCN1299.jpg
駒ヶ岳神社で安全祈願をして出発。

DSCN1306.jpg
秋ですね!

DSCN1309.jpg
平日なのに登山道は大渋滞。久しぶりの晴天のせいでしょうか?

DSCN1314.jpg
振り返えると千畳敷が箱庭のように見えます。

DSCN1320.jpg
(8:05)乗越浄土(2858m)
広々とした平地です。北を見るとこれから通過する中岳が見えます。駒ヶ岳はまだ見えません。

DSCN1318.jpg
西を見ると宝剣岳が近くに見えます。

DSCN1322.jpg
東を見ると伊那前岳に続く尾根が見えます。
北西はガスに覆われ御嶽山や乗鞍岳は見えませんでした。

DSCN1324.jpg
休憩中冷たい北風が吹き始めてからガスがたちこめあれよあれよと言う間にこの状態。
山の天気は変わりやすいですね。50m先も見えないガスの中を中岳めざして登ります。

DSCN1325.jpg
(8:40)中岳山頂

DSCN1327.jpg
駒ヶ岳頂上山荘付近

DSCN1329.jpg
(9:15)木曽駒ヶ岳山頂(2956m)
風を避けるために駒ヶ岳神社の南側で休憩。

DSCN1331.jpg
一等三角点

DSCN1332.jpg
休憩後、馬の背に進みます。
ほとんどの登山者が山頂から元来た道へ戻るので、馬の背から先は静かです。

DSCN1334.jpg
足元の草紅葉に秋を感じます。

DSCN1346.jpg
馬の背を歩いていると徐々にガスが晴れてきました。広大な景色に癒されます。

DSCN1352.jpg
ショウギカシラ山もくっきり見えます。
車の回収さえなければそのまま辿りたい稜線です。

DSCN1353.jpg
(10:50)濃ヶ池分岐(2672m)

DSCN1351.jpg
紅葉のトンネルを進みます。

DSCN1356.jpg


DSCN1358.jpg
(11:10)濃ヶ池(2655m)
中央アルプス唯一の氷河湖です。
今は水が少ないですが雪解けの頃は豊富な水をたたえ鏡のような水面に美しい景色を写すそうです。
また初夏には、高山植物の花園に囲まれた美しい庭園になるようです。

DSCN1363_20161002093352676.jpg

DSCN1367.jpg
濃ヶ池を後に馬飼ノ池に向かいます。

DSCN1369.jpg
振り返ると、青空と紅葉

DSCN1379.jpg
木曽駒山頂から濃ヶ池まで300m下ったので、宝剣岳山頂まで300m登り返しです。

DSCN1377_20160929205609023.jpg


DSCN1384.jpg
(11:50)馬飼ノ池(2710m)
ここで、9月27日11:52分になりました。木曽御嶽山の方向に向かって黙祷します。

DSCN1387_20161002101608040.jpg
乗越浄土に向う途中振り返って馬飼ノ池を眺めます。

DSCN1388.jpg
(12:40)乗越浄土へ戻りました。
またしても宝剣岳はガスに囲まれています(笑) 権現岳・天狗岳・駒ヶ岳とここのところ山頂はいつもガス・・・・

DSCN1389.jpg
(12:50)宝剣岳山頂を目指して岩の斜面を三点支持で登っていきます。45度はありそうです。

DSCN1390.jpg
最後の鎖場を登れば山頂。

DSCN1391.jpg
(13:00)宝剣岳山頂。(2931m)
コースタイム20分のところ10分で登れました。
山頂は景観抜群のはずですが・・・・本日はガスガスでもう笑うしかありません。
10分位ガスが晴れるのを待ちましたがあきらめて下山。

DSCN1392.jpg
下りで鎖場渋滞発生。
乗越浄土~宝剣岳山頂の岩場、登りは怖くないですが、下りは高度感のある怖い場所もあります。

DSCN1394.jpg
(13:30)乗越浄土
美しい景色や紅葉の余韻にひたりながら千畳敷駅に下山しました。

中央アルプスの山々の大きさに圧倒されました、ロープウェイから見えるボリュームある山体や見事な滝に感動。下から登ってみたくなりました。
またガスに影響されにくい日の出の時刻に山頂で展望を楽しみたいですね!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2016/10/02(日) 12:00:00|
  2. 木曽駒ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県と時々神奈川県の山を歩いています。将来的には長野県・群馬県・栃木県にも侵攻予定です(笑)

夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (29)

検索フォーム

<

この人とブロともになる