ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

富士山 吉田口登山道散歩

富士吉田登山口 001
一生に一度は登頂したい富士山。
今回は一合目から七合目まで登って引き返す日帰りプラン。ルートは鎌倉時代より富士登山に使われていた吉田口登山道を選びました。

2015年6月25日実施

7:10 馬返し駐車場出発(標高1430m)
馬返し駐車場⇒無料・仮設トイレ・登山ポスト・概念図あり。

富士吉田登山口 003
7:15 馬返しの鳥居
一礼して入山。鳥居の脇にいるのは、狛犬ではなく狛猿です。
※富士山が一夜にして出現したのが庚申の年であったことから、猿が富士山の使いと見られるようになったためです。

富士吉田登山口 005
自然林豊かな遊歩道のような道が目を楽しませてくれます。開山前の平日のため貸切です。

富士吉田登山口 006
7:25 一合目(標高1520m)鈴原天照大神社

富士吉田登山口 011
巨木と苔が目を楽しませてくれます。

富士吉田登山口 016
8:05 二合目(標高1700m)富士御室浅間神社付近。富士山最古の神社(西暦699年)

富士吉田登山口 015
しかし崩壊寸前で入れません。

富士吉田登山口 020
8:15 二合目と三合目の間に仮説トイレ。
※以降六合目までトイレありませんので注意

富士吉田登山口 025
8:30 三合目(標高1840m)三社宮
小屋やベンチが崩壊しています。三合目以上では崩壊した建物や幹の曲がったダケカンバの木が多数みられる事から相当な積雪量がある事が想像できます。
※三合目以上は、5月中旬まで部分的にアイゼン必要なようです。

富士吉田登山口 026
コメツガの樹林帯が続きます。

富士吉田登山口 031
9:00 四合目
麓は晴天でしたが、このあたりからガスが濃くなり景色が見えなくなってしまいました。

富士吉田登山口 033
9:15 四合五勺(標高1970m)井上小屋

富士吉田登山口 037
景色は残念でしたが、植物や苔類などが目を楽しませてくれます。ギンリョウソウも随所で芽吹いていました。

富士吉田登山口 045
9:50 県道702号線富士精進線を2回横断します。

富士吉田登山口 050
2回目に横断した先に五合目標識が見えます。

富士吉田登山口 051
10:00 五合目(標高2210m)佐藤小屋

富士吉田登山口 053
佐藤小屋の先、山頂方面とスバルライン五合目方面の分岐があります。標識に従い山頂方面へ。

富士吉田登山口 055
星観荘 

富士吉田登山口 060
10:20 六角堂

富士吉田登山口 062
ホシガラス、近づいても逃げません。

富士吉田登山口 065
六角堂の先にある矮小化したコメツガとダケカンバの低木帯を抜けると樹木の無い荒涼とした世界に変わります。
※富士山が現在の姿になったのが氷河期以降のため他の高山に見られるような高山植物はありません。

富士吉田登山口 069
10:40 六合目(標高2390m)
ここで吉田口登山道とスバルライン五合目からの道が接続するので、観光客・登山者・ランナーさんとポツポツとすれ違うようになりました。

富士吉田登山口 072
ところで火山灰を歩くときの、ザクザクした足裏の感触は気持ち良いですね。

富士吉田登山口 078
側壁沿いにジグザグに登ります。

富士吉田登山口 079
静寂に包まれた世界です。

富士吉田登山口 081
道が岩場に変わる頃、上方に七合目の山小屋群が見えます。

富士吉田登山口 083
小さな岩場を越えると

富士吉田登山口 085
11:40 日の出館(標高2700m)
開山前でしたが営業していました。

富士吉田登山口 092
日の出館のワンちゃん

富士吉田登山口 086
さらに登り日の出館を見下ろします。

富士吉田登山口 087
11:45 七合目トモエ館  
トモエ館前のベンチで休憩し12:00に下山開始。

近くの標識に山頂まで距離3.8km、徒歩283分と書かれていました。ここから山頂まで約5時間。
一合目からここまで約5時間かかっているので、一合目から山頂までは10時間以上かかりそうです。

富士吉田登山口 094
富士山の雰囲気を楽しみながら下山します。本当に静寂な世界です。こんな富士山も悪くないです。

富士吉田登山口 096
五合目まで降りて山頂を振り返るとガスがとれそうだったので期待して待ちましたが、ここまででした。
今日はとうとうお姿を見せてはくれませんでした。

富士山は麓から山頂までを、草山・木山・焼山と三区分されています。
富士山らしい雄大な景色を持つ焼山だけでも大満足ですが、豊かな樹林の木山も満足度高いです!
そして何よりも、一合目から登る充実感あるルートだと思いました。

朝0時頃から登れば七合目あたりで日の出を見てお昼前に山頂に立ちその日のうちに下山できそうですね。※風の無い晴れた日限定ですが。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/06/28(日) 10:00:00|
  2. 吉田口登山道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

筑波山 ~豊かな樹林の山でした。

筑波山 005
夏草と筑波山

『西の富士、東の筑波』と言われる程関東平野ではおなじみの筑波山です。遠く離れた奥多摩の山上からも条件が良ければその姿が見える山です。百名山の一座でもあり機会があったら登りたいと思っていました。

016.jpg
2013年の元旦に自宅付近の標高250mの里山から撮影した筑波山。直線距離で100km以上はなれていますが。早朝にはくっきり見る事が出来ます。

筑波山 078
大鳥居をくぐります。山全体が神域です。

筑波山 007
8:50 筑波山神社で安全祈願

拝殿殿前から左に行くとケーブルカー宮脇駅と御幸ヶ原コース登山口、右に行くと白雲橋コースです。本日は白雲橋コースから女体山に登り、山頂連絡路を歩いて男体山山頂に立ち御幸ヶ原ルートを降りようと思います。

筑波山 009
9:05 白雲橋コース登山口 一礼して入山

筑波山 012
鳥居をくぐると、すぐに深山のような世界に入ります。
※写真を補正して実際の暗さを再現してみました。

筑波山 011
いたるところに巨木があります。

筑波山 013
9:15 白雲橋コース・迎場コース分岐 
※迎場コース先にはロープウエイのつつじヶ丘駅があります。

筑波山 015
9:20 白蛇弁天

筑波山 016
白蛇弁天を過ぎると山道は岩混じりになり傾斜も増してきます。

筑波山 019
巨木群が目を楽しませてくれます。

筑波山 021
登山道上に2m以上の太さの杉の巨木が。

筑波山 024
10:10 弁慶茶屋跡に到着。休憩に適した場所です。

筑波山 025
弁慶茶屋から先は有名な奇岩ルートです。
弁慶七戻りの石門

筑波山 027
弁慶七戻りの石門の裏側

筑波山 029
高天原 神の世界を表しています。

筑波山 030
高天原の石段を登ると、天照大神を祀る稲村神社がありました。

筑波山 031
母の胎内くぐり 岩の間を抜けることで生まれた姿に立ち返る事を意味しています。

筑波山 034
国割り石 神々が石の上に線をひき、それぞれの行く国を割り振ったそうです。

筑波山 035
出舟入舟 出ていく舟と入ってくる舟が並んでいるように見えるため船玉神が祀られています。

筑波山 036
裏面大黒 大黒様の後姿

筑波山 037
ところどころでニッコウキスゲが咲いていました。

筑波山 038
北斗岩 北斗星のように決して動かない事を意味しています。 

筑波山 044
大仏岩 15mもある大仏のように見える巨岩です。

筑波山 046
山頂に近づくにつれて岩がちになります。

筑波山 047
間もなく山頂

筑波山 048
10:50 女体山山頂 

筑波山 056
三角点

筑波山 049
絶景です。水平線が見えます。

筑波山 052
男体山

筑波山 055
筑波連山と霞ヶ浦

女体山山頂で景色を堪能した後、男体山に向かい山頂連絡路を歩きます。

筑波山 058
ガマ石

筑波山 059
せきれい茶店。つくばうどんが名物です。

筑波山 061
11:20 筑波山頂売店広場に到着。2階部分が回転するコマ展望台とケーブルカー筑波山頂駅があります。

筑波山 063
売店広場を横切り男体山登頂路を登ります。

筑波山 064
11:30 男体山山頂

筑波山 065
筑波連山と霞ヶ浦

筑波山 066
日光連山、那須連山方向は霞んでしまいました。 

筑波山 067
御幸ヶ原コース上部は急な階段の連続

筑波山 069
このコースも巨木が目を楽しませてくれます。

筑波山 070
良い雰囲気です。

筑波山 076
13:00 筑波山神社脇の御幸ヶ原登山口に無事下山。山に向かって一礼

筑波山 079
つくばの湯で汗をながしました。

筑波山 080
帰り道に振り返ると青空と水田と筑波山の美しい景色が見られました。

筑波山 083
時間も早かったのでスカイツリーに立ち寄ろうと思い常磐道に入ります。

筑波山 084
真下から見上げるとその大きさに圧倒されます。

筑波山 088
美しい形状の塔です。

筑波山 090
上部のアップ しばらくスカイツリー周辺やそらまちを散策しました。

筑波山 099
19:00 一般道で都心を横断して西多摩エリアに入りました。前方に大岳山のシルエットが見えてくると無事に帰ってこれた安堵感が湧きます。

筑波山は、深山の趣のある樹林帯、素晴らしい展望が開ける山頂、見ごたえある奇岩群、とても良い山だと感じました。
今回は筑波山単体で登らせていただきましたが、筑波山に連なる山々のピークを縦走すれば更に充実した山歩きになりそうですね!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/06/10(水) 12:00:00|
  2. 筑波山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

鳩ノ巣城山&上高岩山 ~その2

城山・上高岩山 058
七代の滝
長尾平で休憩後、七代の滝に立ち寄ります。滝で冷やされた爽やかな風が吹抜けます。

城山・上高岩山 059


城山・上高岩山 060
七代の滝から階段を登りロックガーデン周遊コースに戻ります。

城山・上高岩山 061
ロックガーデン周遊コースの沢は山女魚が泳いでいます。

城山・上高岩山 063
11:10 上高岩山直登路分岐点

城山・上高岩山 064
入口は少々荒れた感じです。

城山・上高岩山 068
徐々に傾斜がきつくなります。

城山・上高岩山 070
梯子を登り

城山・上高岩山 072
梯子の後は、山頂直前まで鎖場が続きます。

城山・上高岩山 073


城山・上高岩山 075
12:00 山頂 静かな雰囲気の良い山頂です。

城山・上高岩山 076
コメント付の山頂標識((笑))

城山・上高岩山 079
山頂から東に3分ほどの場所に展望台があります。

城山・上高岩山 083
御岳山方面

城山・上高岩山 084
日の出山、麻生山、金毘羅尾根方面

城山・上高岩山 086
馬頭刈山、高明山、馬頭刈尾根方面

城山・上高岩山 093
大岳山をバックに自撮り

城山・上高岩山 094
12:30 介場峠

城山・上高岩山 097
12:50 綾広の滝 
七代の滝の明るい雰囲気に対して、森林の中にある綾広の滝は落ち着いた雰囲気で木漏れ日がいい感じです。滝の前でランチしているカップルのハイカーさんが楽しそうでしたよ!(^^)!

城山・上高岩山 098
ロックガーデンは、沢に冷やされた涼しい風が吹き抜け気持ち良い道です。
木漏れ日の沢で、読書をしている方や絵を描いている方など、皆さん思い思いに山を楽しんでおられました。
こんな山の楽しみ方も素敵ですね♪

城山・上高岩山 100
13:15 天狗岩の上にある天狗像にお参りしました。
いつの間にか20人以上のハイカーさんが岩の下で順番待ちしていました。これだけの方が岩の上に登ると降りるのが大変になるので先に降ろさせていただきました。

城山・上高岩山 101
14:15 大塚山
御岳神社やビジターセンター見学後下山開始です。下山は傾斜が緩い大塚山丹三郎ルートを下ります。

城山・上高岩山 104
15:15 のんびり1時間かけて丹三郎ルート登山口に到着。
動物除け電気フェンスを通過し振り返って山に一礼。無事下山

城山・上高岩山 106
15:25 古里駅 登山口から10分程歩きます。

城山・上高岩山 107
15:51発奥多摩行に乗車し車をデポした鳩ノ巣に向かいます。
鳩ノ巣駅で降りると、駅前の広場に10名ほどのハイカーさんがいましたが、川苔山か本仁田山の帰りでしょうか?

上高岩山は、アスレチックのような直登路と展望が楽しめるルートです。御岳山・大岳山登山の際にはルートに加えるとより楽しい山歩きになりそうです。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/06/03(水) 00:00:00|
  2. 城山・上高岩山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (30)

検索フォーム

<

この人とブロともになる