ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

百蔵山・扇山 ~気持ち良い新緑ルートです!~

百蔵山・扇山 101
2015年4月22日(水)前から気になっていた百蔵山と扇山を縦走しました。中央線に乗ると大月の手前あたりで進行方向の右側に見える存在感ある2つの山です。

今回のルート猿橋駅の跨線橋から全容が見えます、左の百蔵山と右の扇山を縦走するのですが、見ただけでも歩きがいがありそうなルートです。

本日のルート
自宅⇒大月市営グランド駐車場⇒百蔵浄水場⇒百蔵山登山道西ルート⇒百蔵山⇒コタラ山⇒宮谷分岐⇒カンバノ頭⇒大久保山⇒扇山⇒山谷分岐⇒山谷⇒鳥沢駅⇒JR中央線乗車⇒猿橋駅⇒大月市営グランド駐車場⇒自宅
(※周回コースが取れず途中電車を利用します。マイカー登山にはやや不向きかもしれません。)

百蔵山・扇山 001
7:35 市営グランド駐車場スタート

百蔵山・扇山 005
8:00 百蔵浄水場手前のトイレ(※このトイレ山高地図2015年版から新たに掲載されました。)

百蔵山・扇山 006
トイレの先、百蔵浄水場脇の舗装林道を登ります。

百蔵山・扇山 008
8:10 東ルート入口 この付近で登山者を乗せたタクシーに抜かれました。西ルート登山口までタクシーで登れるようです。

百蔵山・扇山 010
林道の終点に5台分位の駐車スペースあります。(※森林組合の方が駐車したりタクシー転回場所にもなっているので使わない方が良さそうです。)

百蔵山・扇山 011
8:25 西ルート入口

百蔵山・扇山 012
最初は植林の暗い谷沿いの登山道を北に向かって登ります。

百蔵山・扇山 014
ヤマブキの花が見頃です。

百蔵山・扇山 015
こんな花も

百蔵山・扇山 020
谷の上部まで登ると道は西に方角を変えて、やがて明るい南斜面の道に変わります。
新緑が美しい気持ちの良い場所です。

百蔵山・扇山 021
9:00 やがて百蔵山南面に切られた登山道が枝尾根に出会う場所に展望ベンチがあります。
眼下に大月の町・前方の富士山・倉岳山・岩殿山・三つ峠山等の山々の展望が楽しみながら小休止。

百蔵山・扇山 022
ベンチからの景色

百蔵山・扇山 023
ベンチからの景色

百蔵山・扇山 031
9:20 山頂稜線に登りあげました。

百蔵山・扇山 032
歩きやすい稜線です。

百蔵山・扇山 033
9:40 山頂到着。人気の山だけあって10人位の登山者が休憩中。マットを敷いて高いびきでお昼寝中の方も(笑)
富士山も良く見えました!

百蔵山・扇山 037
霞桜も咲いています。

百蔵山・扇山 038
天候も安定しているので麓で調整した時計の高度表示も正確。

百蔵山・扇山 039
9:50 コタラ山山頂(標高849m)通過

百蔵山・扇山 040


百蔵山・扇山 042
転げ落ちそうな急斜面を下ります。(※奥武蔵伊豆ヶ岳のしりもち坂に似た感じです。)

百蔵山・扇山 041
所々でつつじが咲いています。平地のつつじは終わりそうですが山つつじは5月中旬が見頃でしょうか?

百蔵山・扇山 043


百蔵山・扇山 052
木々の間から百蔵山が見えます。さっきまであそこにいたのかと思うと感慨深いです。

百蔵山・扇山 055
カンバノ頭(標高818m)が見えます。山高地図では「ピークは通らない」と記載されていましたが・・・・

百蔵山・扇山 056
せっかくなのでピークに登ってみましたが、何もありませんでした・・・

百蔵山・扇山 059
カンバノ頭の後は急登が待っていました。同方向に登るハイカーさん達は適当な場所で休憩しながら登っています。自分も休憩しつつ登ります。

ここらへんから10名以上の方とすれ違います。鳥沢駅から山谷登山口行きのバスが1日1本走っているのでそのバスに乗車された方々と思われます。(※鳥沢駅⇒扇山⇒百蔵山⇒猿橋駅のルートの方が一般的です。)

百蔵山・扇山 063
写真からはわかりませんが急斜面です。

百蔵山・扇山 068
11:30 大久保山山頂(標高1109m)ここまで登れば後は水平登山道です。

百蔵山・扇山 072


百蔵山・扇山 077
11:50 扇山山頂 ここも10名位の登山者が休憩中です。本日は富士山も良く見えます!

百蔵山・扇山 078
扇山山頂で花盛りだったキジムシロ

百蔵山・扇山 083
扇山山頂の霞桜

百蔵山・扇山 084
下山開始。下山は鳥沢駅14:03発甲府行電車に乗車できるよう山谷分岐から急斜面を一気に駆け下るプランです。

百蔵山・扇山 086
分岐は右へ

百蔵山・扇山 088


百蔵山・扇山 092
13:00 山谷登山口に無事下山。

百蔵山・扇山 093
ほのぼのした山村風景を眺めながら鳥沢駅に向かって歩きます。

百蔵山・扇山 094


百蔵山・扇山 099
鳥沢駅ホーム。この駅は一昨年の倉岳山登山以来です。

百蔵山・扇山 100
猿橋駅の跨線橋から百蔵山と扇山を撮影

百蔵山・扇山 105
猿橋駅から車をデポした市営グランドまで40分の登りです(-_-;)

百蔵山・扇山 106
駐車場に着き車の前でストレッチをして筋肉をほぐします。

市営グランドは花盛りでした!車のそばで花見をしていると、扇山の登り途中ですれ違った越谷から来た山ガール2人パーティさんと再会しました。『お疲れ様でした!』と自然に挨拶が出てきます。(※山の良い環境のせいでしょうか?)
山では登山道ですれ違った方と下山後に再び会う事がよくありますが、自分は嬉しく感じます!

百蔵山・扇山は展望こそ限られていますが、心癒される自然 + すれ違う登山者さん皆さんの笑顔&挨拶のある素敵な山でした!ラッキーおすすめの山です!(^^)!
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/04/24(金) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

丸山 ~道の駅芦ヶ久保から日向山&丸山周回ルート

丸山 001
8:00 道の駅芦ヶ久保スタート(桜と雪化粧した丸山)

前々から4月9日に丸山に春の景色を見に行く計画をしていましたが、4月も中旬となろうとする4月8日関東地方は降雪したため雪見ハイキングになってしまいました。

丸山 002
8:20 芦ヶ久保フルーツガーデン 店名はフルーツガーデンですがメインはフルーツでは無く手作り無添加の饅頭と手打ちそば・手打ちうどんが美味しいお店だそうです。店舗横に公衆トイレあります。

丸山 003
奥武蔵ならではの、いつまでも眺めていたいほのぼのした春の山里風景。

丸山 004
しばらく舗装路を登ると進行方向左手に登山道の道標があります。

丸山 005
案内に従って進むと農村公園のローラー滑り台が見えます。この分岐は左折します。

丸山 007
早春の山道

丸山 009
8:40 農村公園脇の沢沿いの少々荒れた道を登りあげると車道に出ます。ここにもトイレあります。ここで約10分小休止

丸山 010
この分岐は左の車道が正解。
記念碑の右の道は私道です。(※間違える人が多いようで注意書きが貼ってありました。)

丸山 011
8:50 車道を100m程登ると登山道入口です。まるで果樹園の入口みたいで通り過ぎてしまいそうです。
(※この周辺フルーツ村と言うだけあって、イチゴ狩り・プラム狩り・ぶどう狩り・りんご狩り・じゃがいも掘り・さつまいも掘りが楽しめるようです。)

丸山 012
果樹園の入口のような登山道を登るとやがて雪化粧した日向山が見えてきます。

丸山 013
9:05 いったん車道に出ます。山の花道入口看板左の階段を登ります。

丸山 014
満開の桜

丸山 015
桜並木を抜け尾根に登りあげると、雪化粧した木々のトンネルに感動!

丸山 018
9:15 日向山山頂

丸山 017
道の駅芦ヶ久保が見下ろせます。ただ残念ながらガスで山は見えません。

丸山 019
展望台前でポーズ(笑)10分程休憩

丸山 020
9:30 丸山方面に向かい尾根道を進むといったん車道に出ます。ここにもトイレ。

丸山 021
トイレの先に木の子茶屋。自家製木炭と特製タレで牛・豚・鶏・猪・鹿肉のバーベキューが楽しめる店らしいです。

丸山 022
木の子茶屋の先しばらく車道を登ります。

丸山 023
5分程登ると登山道入口があります。杉の植林を登ります。

丸山 024
昔の道標。「左横瀬村を経て秩父に至る」と彫ってあります。この道昔から使われていたのですね。

丸山 028
高度が上がるにつれ雪景色に変わってきました。

丸山 029
10:25 いったん林道に出ます。林道を横断し再び登山道へ

丸山 031
積雪も10cm程になります。(ここが4月中旬の埼玉県とは思えません。)

丸山 032
10:35 埼玉県民の森「出会いのテラス」付近。ガスで視界不良。(※東屋とトイレありますので小休止できます。)

丸山 033
積雪10cm以上の新雪の道を登ります。麓では桜満開だったのに・・・・ここまでTシャツ重ね着の軽装だったので念のためソフトシェルを羽織りました。春山侮りがたしですね。(防寒着持ってきて良かった)

丸山 037
10:50 山頂到着(標高960m)

丸山 035
積雪後誰も登っていない展望台にアタック

丸山 036
ガスで展望無しでしたが、雪山気分が味わえたので展望無しでも大満足です。
(※さすがに人気の山だけあって独り占めはできませんでした。この後3名の登山者が登ってきました。)

丸山 038
11:20 下山開始。マップとコンパスで方位確認してスタート

丸山 039
途中目印のアンテナ。ここは右折

丸山 040
滑りやすい登山道

丸山 042
分岐は左

丸山 043
道標に従い大野峠方面へ

丸山 045
ハンググライダー離陸場

丸山 046
11:45 大野峠着 奥武蔵グリーンラインを横切ります。

丸山 047
注意点として交差点まで降りずにすぐに道路反対から山に入ります。交差点まで降りると踏み跡はっきりした狩場坂峠への道に誘い込まれます。自分も1回間違えました。

原因① 5万図は1mmが50mなので赤線自体が50mの幅なので交差点に登山道入口があると無意識に思ってしまった事

原因② 峠の大きな案内板に引き寄せられて交差点に目が行ってしまった事。しかも大きな案内板の左にはっきりした踏み跡があり登山道入口と思いこんだため。

原因③ 山高地図では大野峠から最初300m位南東に向かってから南西に進路変更するように記入されているので、そのうちに南西に道が曲がるだろうと思いこんで何の疑問無く反対方向に進んでしまった事。

300m位南東に進み先方を見ても進路変更する気配が無いので間違いに気づき大野峠に戻って周辺を探索すると!なんと先程降りた場所の道路反対側に赤谷方面への道標がありました。初歩的ミスに反省。今後は思い込みを無くし周囲を良く観察して歩きます。

丸山 048
高度が下がるにつれ雪も消えていきます。途中一輪のカタクリの花を見つけました。

丸山 049
すみれ

丸山 051
13:05 視界がパッと開け集落が見えてほっとします(^o^)

丸山 052
無事下山しました。
登山口で振り返り一礼。
本日は春の景色や雪景色を楽しめた山歩きとなりました。丸山は見どころ豊富なエリアですまた登ってみたいですね!
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/10(金) 11:00:00|
  2. 丸山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京の雪!~H27年4月8日

東京雪 005
H27年4月8日(水)東京西多摩で季節外れの降雪がありました。

東京雪 001


東京雪 002
空き地もみるみるうちに雪化粧

東京雪 008
満開の桜も雪化粧

東京雪 011


東京雪 012
モズもビックリ?おととい飛来した燕たちはどうしているでしょうか?

東京雪ヒトリシズカ 015
ヒトリシズカ

東京雪 018
シバザクラ
季節外れの雪にお花たちもビックリでしょうね。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/08(水) 11:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

都立滝山自然公園~あきる野切欠カタクリ群生地

016_20150330145323783.jpg
3月下旬都立滝山自然公園の一角にある切欠(きっかけ)カタクリ群生地に行きました。

003_20150330145339e0e.jpg
運動場の脇を歩きます。

001_201503301453298d8.jpg
写真に写ってはいませんが、写真の左にある橋を渡り、中央のガードレールのある道を登り最初の分岐を左折します。

005_201503301453414ba.jpg
後は道なりに進みます。

006.jpg
滝山自然公園は加住丘陵の端にあるほのぼのした里山です。

007_2015033014533645b.jpg
林の中5分程歩くとカタクリ群生地入口です。

009_201503301512542db.jpg
切欠のカタクリ群生地は私有地です。地主様の厚意で見学できるようになっています。

010.jpg
よく手入れされた明るい林床にはカタクリがたくさん咲いていました。資料によると1万株以上咲いているそうです。

019_201503301513123f2.jpg
山を手入れし続けないと笹が増えカタクリが減ってしまうそうです。ここまで増やすには相当の苦労があった事は容易に想像できます。

017_20150330151300b6d.jpg
切欠カタクリ群生地見事でした!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/04/02(木) 19:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員

夢は南アルプスの見える山村に移住して半農生活。

主に東京・埼玉・山梨の山を登っています。
山でお会いできたら嬉しいです!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
奥秩父山系 (6)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (8)
大菩薩嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
倉岳山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (15)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (1)
奥多摩西部 (22)
雲取山 (6)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (8)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (4)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (30)

検索フォーム

<

この人とブロともになる