ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

2014年回想

2014年も間もなく終わりですね。

雲取山 059
2月早春の雲取山

雲取山 055


東京大雪H26 001
東京の大雪

ふくじゅそう(福寿草)
3月自宅の庭で咲いた福寿草

金峰山 061
6月初夏の金峰山

108オコジョ
7月谷川岳のオコジョ

121鐘
雨に濡れた谷川の鐘

北岳・間ノ岳 120
8月前半北岳

北岳・間ノ岳 134
北岳山頂でブロッケン

北岳・間ノ岳 155


北岳・間ノ岳 161
北岳


甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳 098
8月後半再び南アルプスへ、仙丈小屋の物資搬入

甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳 085
仙丈ヶ岳のチングルマ

甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳 167
8月甲斐駒ヶ岳山頂から見た鋸岳

乾徳山 049
9月乾徳山。翌日御嶽山噴火

乾徳山 088 (2)
乾徳山の鹿

笠取山 125
10月笠取山の清流

笠取山 112


十二ヶ岳 002
早朝の西湖。写真右にカップル

十二ヶ岳 007
10月紅葉の十二ヶ岳


小持山・大持山 050
10月小持山山頂手前。振り返ると採掘されていない側の美しい武甲山

二子山 034
11月秩父のジャンダルム二子山

二子山 030


杓子山 020
12月杓子山。素敵なお爺さんと出会えた山です。

2014年素敵な方々や素晴らしい山々に出会えた良い1年でした。2015年皆様にとって良い出会いのある年になりますように心よりお祈りいたします!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 23:00:00|
  2. 2014年回想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

杓子山~山頂は360度の展望

杓子山 002
杓子山(標高1598m)は山梨県富士吉田市・都留市・忍野村にまたがる道志山塊に属しています。山梨100名山の一座です。写真の真中の峰です。
富士山の大展望、広大な草原、怖く無い程度で冒険心くすぐる岩場が楽しめる山です。休憩込みで6時間強なので早立ちすれば日の短い冬でもOK!周遊コースなのでマイカー登山に便利!

ルート
自宅⇒内野コミュニティセンター駐車場⇒鳥居地峠⇒高座山⇒不動湯分岐⇒杓子山⇒忍野山⇒内野山⇒鹿留山⇒立ノ塚峠⇒内野コミュニティセンター駐車場⇒忍野温泉⇒自宅
内野コミュ二ティセンター0555-84-2049

杓子山 001
7:05内野コミュニティセンタースタート。(気温マイナス10℃)

内野コミュニティセンター駐車場は無料!しかも24時間使えるトイレ付です。しかし住宅地の中なので前向き駐車必須で深夜のドアの開閉には細心の注意を!アイドリングなんてもってのほかです。利用の際は良識ある行動を!そうしないと登山者駐車禁止にされてしまいますので。
(※この写真はコミュニティセンターの駐車場では無く近くのパチンコ屋の駐車場から撮影)

杓子山 003
7:45鳥居地峠。ここにも5台位の駐車スペースあります。山頂ハントが目的なら最短です。
自分が駐車した内野コミュニティセンターから鳥居地峠に向かうルートは、車道歩きが長いのが難点ですが途中に24時間営業のコンビニが2店舗あるので最終補給ができる点が大きなメリットです。(※自分はホッカイロを購入しました。)

杓子山 004
鳥居地峠からしばらく4WDなら走行できるダート林道です。8:00登山道分岐到着。ここまで車で入れば2時間で山頂です。歩いた感じでは車高の高い4WD・オフロードバイク・MTBなら登れます。


杓子山 005


杓子山 006


杓子山 007


杓子山 008
まだ高座山(タカザスヤマ)山頂前なのに大展望です。赤石岳、荒川岳、悪沢岳がくっきり見えます。

杓子山 009


杓子山 010
赤土の急斜面を登ります。いたるところにスリップ痕があります。霜柱が溶けたら相当滑りそうです。自分が登った時間はまだ凍結していたので助かりました。

杓子山 011
8:40高座山山頂。

杓子山 012
山頂から一旦コルまで降下した後再び急斜面の登りです。

杓子山 013
9:05鉄塔下到着。


杓子山 014
鉄塔付近の展望から北岳・間ノ岳・甲斐駒ケ岳・富士吉田の町が良く見えます。

杓子山 015
鉄塔下を通過してしばらく進むと不動湯分岐(大権首峠)に当たります。この道はハンググライダーとパイロットを運搬する専用道路です。(体調が急に悪くなった時や天候の急変の際はエスケープルートに使えそうですね。)

杓子山 016


杓子山 017
ハンググライダー離陸場

杓子山 018


杓子山 019
ハンググライダー離陸場先は一部凍結しています。

杓子山 020
10:00山頂到着

杓子山 021


杓子山 022

杓子山 023


杓子山 024
山頂は360度の大展望です!

杓子山 025
ここまで一人の登山者とも会っていません。今日の昼食は餅茶漬けです。家であらかじめ餅を焼いておき山頂でお茶漬けにするだけですが意外に美味いですよ!

約1時間程山頂独占しそろそろ降りようかと支度していると・・・突然ガンガンガンと鐘が鳴りビックリしてひっくり返りそうになりました!振り向くと80才位に見えるお爺さんがいました。

お爺さんとの会話
(お爺さん) 『今日はアルプスが良く見えるな。若いころはよく登ったもんだ』
(自分) 『そうですか。』
(お爺さん)『アルプスにはよく連れていっててもらったよ。よい先輩にめぐまれたよ』と言った後急に黙ってしまいました。おそらく回想の世界入ってしまったのでしょう。暫くすると回想の世界から戻ってこられたようです。
(お爺さん)『若いの今日はどっちに行くんだ?』
(自分)『鹿留山です。』
(お爺さん)『向こうに見える三つの山の一番奥が鹿留山で、一番手前が忍野山で二番目が内野山って言うんだよ』
(自分)『地図には載ってない山名ですね?』
(お爺さん)『そりゃそうだ、俺がつけた名前だからな』
思わずずっこけそうになりました(笑)
でもお爺さんに敬意をはらい、今後は杓子山と鹿留山の間の2つの小ピークを忍野山と内野山として理解いたしました。
楽しい時間も終わり軽アイゼンを装着しお爺さんに挨拶しましたが、その時はまた回想の世界に入っていたようなので邪魔しないようにそっと山頂を離れました。

自分の勝手な想像ですが、お爺さんは若い頃は相当の山屋だったと思います。歩き方が違います。何というか荷重移動がスムーズです。シニアハイカーさんでシニアになってから山登りを始めた方のフワフワ歩きとは雲泥の差です。自分で勝手に山名を決めるユーモアも山屋ならではですね!山頂の鐘連打も山友であった先輩への鎮魂かもしれませんね。幾多の山の修羅場を乗り越え80代になってもこんな山に登れる体力素晴らしいですね!

杓子山 026
この先の道はすっかり凍結しています。(軽アイゼン必要)
前方の斜面を登れば忍野山山頂です。

杓子山 027
忍野山山頂から降ります。

杓子山 030
コルから登りかえして間もなく内野山の山頂です。巨木が多いです。新緑の頃は美しい森になりそうですね。

杓子山 028


杓子山 029
内野山山頂から望む鹿留山。

杓子山 031
11:20 鹿留山山頂標高1632m本日の最高高度です。展望は無し(※鹿留山は都留市です。)

杓子山 032
静かでよい雰囲気を十分に堪能し下山ルートに向かいます。

杓子山 033
鹿留山分岐からしばらく岩場と急斜面の連続です。

杓子山 034


杓子山 035


杓子山 037
20分位降りるともう急降下はありません。下山口までこのような緩やかな山道が続きます。

杓子山 038


杓子山 039
この先で造成工事が行われており林道が分断されてわかりにくい状態です。(平成26年12月現在)
ただ遠方に人家が見えるので、工事の方の許可をもらい工事現場の端を歩かせてもらって無事下山しました。
今回もし逆回りでしたら、まず登山口を見つけられなかった事でしょう。

2014年の山行きもこれが最後になりそううです。

ブログ訪問していただいた方ありがとうございました。⇒励みになりました。
山でお会いした登山者様ありがとうございました。⇒楽しい時が過ごせました。
職場の先輩や同僚の皆様ありがとうございました。⇒安心して山に行けました。
家族へありがとうございました。⇒いつも心配かけ申し訳ございませんでした。

今日は冬至ですね!しかも19年に一度のプレミアムな『朔旦冬至』です。(冬至と新月が重なるスペシャルな日)
晴れていれば満天の星空が見える事でしょううね!今夜は柚子風呂に浸かって満天の星を見ながら美味い酒を飲んで疲れを落としたいですね!自分は年賀状書きや山道具の手入れに庭に入れる砂利の運搬で忙しい休日になりそううです。

最後に、本年はありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2014/12/22(月) 01:30:00|
  2. 杓子山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (5)
須山&富士宮ルート(山頂) (3)
須山ルート(宝永山) (1)
吉田口ルート(七合目) (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (30)

検索フォーム

<

この人とブロともになる