ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

二子山~半端ない高度感にビビりました!

二子山 048
前方に突き出た円錐形の山が二子山です。登り甲斐はあるのですが危険すぎてあまりおすすめできません。
※ただし岩登りの練習や槍ヶ岳や穂高岳に行く前の足慣らしならば良いかもしれません(^o^)

二子山 001
8:30登山口。駐車場は民宿登人のすぐ先登山口付近に約3台分です。平日のため2番目到着。先着は地元の20代の男性2人パーティ。挨拶をすませスタート。バイオトイレ有り。登山カウンター有り、登山ポスト無し

二子山 008
すっかり落葉した初冬の山道を登ります。二子山は凍結するととっても危険です今シーズン最後のチャンスに間に合いました。

二子山 010
9:20股峠到着。当初予定では東岳往復、西岳上級者コースの予定でしたが、数日前の雨が乾いておらず岩も土も滑っていたので東岳キャンセル、西岳一般コースに変更しました。

二子山 011
9:30スタート

二子山 012
同じ秩父の四阿屋山のような感じです。

二子山 014
途中から岩がちになり、同じ秩父の両神山のようになってきました。

二子山 016
さらに進むとどんどん傾斜が増し間違って上級者コースに入り込んでしまったか?と思いましたが、ここは一般コースです。

二子山 018
登りあげる西岳の稜線が覆いかぶさってくるように見えます!急傾斜の山の特徴ですね。

二子山 019
この岩の下は崖です。最初上を高巻くのかと思いましたがどうも無理そうです。鎖に体重を預けるのは好きではありませんがここは鎖にぶら下がって横移動です。

その後もいくつもの岩場を越え上級者コースの合流点を通過します。

二子山 029
10:05西岳山頂(二子山中央峰)到着。

この先のルートどうかな?と覗いて見ると、とても素晴らしい景観とともに落ちたら確実に死にそうな痩せ尾根が見えます、『これは大変なところに来てしまった!』おにぎりを食べていましたが半分でおなか一杯です。(ビビり過ぎ(^o^))
※体調不良・濃霧・強風の際は一般コースを降りた方が無難です。

二子山 030
10:15スタート。怖いながらも写真撮影、西峰手前のコブにいる2名は朝登山口で会った方です。尾根の中ほどで景色を見ている方は西岳中央峰で写真を撮ってくれた方です。

二子山 032
標高1100mながらグランドキャニオンのような光景です。緊張感の中でも登って良かったと感じた瞬間です!

二子山 033
西岳西峰手前のちょっと平らなところで写真撮影。西岳中央峰で写真を撮影してくださった方は西岳西峰山頂にいます。あそこから下山ですがどうやって降りるのでしょううか?行けばわかりますがワクワクします。

二子山 034
振り返って西岳中央峰のピークを見ると記念撮影した山頂標識が見えます。包丁をひっくりかえしたようなこの峰は歩行スペースは30cm程度です。まだ半分ですがすごいところ歩いているんだなと感じます。

二子山 035
西岳西峰手前で振り返り、今歩いてきた尾根を撮影。西岳中央峰から西岳西峰までたかだか500mの距離ながら写真でも見えるように怪獣の背中のように並ぶ高さ2~3mの岩を忠実に登り降りしなければならず45分もかかりました。落ちれば即死なので慎重にゆっくりと!

二子山 037
11:00西岳西峰山頂を通過し降下地点に到着。5m位の垂直降りです。ここはペンキもテープもありませんが岩に打ち込まれたアルミプレート付ボルトが目印です。落ち着いて下を覗けばルートが見えますのでそこに向かって降ります。写真左側(上から見おろした場合右側)一旦垂直に降り中ほどプレートに向かって水平にトラバースしそこから踏み跡に降ります。岩に割れ目が多いので腰をおとしてがっちりと岩を掴めば安定して降りれます。この後は角度こそ急ですがジグザグに登山道が付けられているのでゆっくり降りれば危険はありません。

二子山 039
最後に10mの垂直の鎖場ですが、実際は3m毎にテラスがあります。また丁度良いところに金属ステップ(丸印)が付いています。鎖が振れるので鎖にぶら下がらず、鎖は片手を添える程度で、むしろもう片方の手で岩をがっしり掴んで降りたら安定して良い感じでした。

右のマル印は真新しい花束です。花束の前で合掌しました。『安らかにお眠り下さい。』

二子山 040
11:10分いくつものロープ場を越えようやく安全地帯にたどり着きました。1時間弱の空中散歩でしたがすごく歩いた感じがします。

二子山 044
ところが無事に降りる事が出来た安堵感で地図も見ずに歩いた結果、道迷いしました。『家に帰るまでが登山』の言葉を思い出し反省。

GPSを見ましたが現在地が出ません。(※電池の消耗を嫌い登山口まで作動させなかたため衛星をキャッチできなかったためです。隣に500m以上ある岩の壁があるのでもはや衛星の電波は届きません。)
しかたないのでザックをおろして休憩しました。不安な気持ちのまま歩くとロクな事がありません、ちょうど山頂で残したおにぎりがあったので食べながら深山の雰囲気を楽しみました。心地よい風や野鳥のさえずりに癒され良い休憩になりました。
位置が特定できるところまで戻り進路を定めるため紙の地図を見ると登山道の真中にローソク岩と書いてあります。どうもここで間違ったようです。正規ルートはローソク岩を右側に巻いて通過です。自分は左側に入ってしまったようです。
このルートは道標が無く地形図にものっていません。しかもローソク岩を右に巻くルートは高度で50m位降ります。踏み跡の無い不明瞭な斜面を降りるのを嫌って薄い踏み跡のあった左側に入ってしまった事が原因です。
右側ルートは最初道が無いですがしばらく歩くと登山道に出ます。

二子山 045
有名な看板ですね。

二子山 055
帰り道小鹿野の美しい紅葉が見れました。

二子山は初心者には向かない山ですが岩場におけるルート戦略の経験値がたくさん得られるので、登山スキルをアップするには適した山ですね。スリルを求めたい方はぜひ登ってみて下さい。

追加 後で調べましたら魚尾道峠(よのおみちとうげ)を直進してR299に降りる尾根道を進んだ方が背後に迫力満点の二子山の全容が見えるのでおすすめ。(西岳巻道より迷いにくそうですし・・・・)
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/11/28(金) 21:30:00|
  2. 二子山(小鹿野)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

よい買い物ができました(^o^)

001.jpg
今日は良い買い物ができました。

山に行かない休日はゆっくり起床して近所をランニングし、午後は買い物です。

本日中古CDコーナーに立ち寄るとなんと・・・・・以前から欲しかった山下達郎氏の『シーズンズ グリーティング20th Anniversary Edition』があるではありませんか!値札も見ずにレジ直行です。なんと本日はセールで20%off(^o^)
これからのクリスマスシーズン最適の曲が22曲も入っています。もっとも山下氏は『クリスマスアルバムでは無く冬の季節向けに選曲されたアルバム』とおっしゃっていますが。
聞いてみるとクリスマス色満載です!2曲目のべラ・ノッテはディズニーですがクリスマス気分が盛り上がります!個人的に山頂で聞きたい曲1位です。他にもクリスマス・イブ(English Version)なども感動です!ラッキーおすすめのCDです。

他にはモンベルで冬季用靴下エクスぺディション(3000円)を買いました。レジで店員さんが『700ポイントたまっています。使いますか?』と言われたのでもちろん使いました。山に登らない人にとって靴下3000円は脅威の価格かもしれませんね(^o^)(もっとも僕は、平地で使う時計・バック・服・靴のブランドにこだわらないのでそちらの方で倹約しています。)

まもなくクリスマスですね!エクスぺディションぶら下げておきますので誰かプレゼント入れて下さい!今はブランド品の財布が欲しいですね。←さっきと言っている事が逆ですね<(_ _)>

ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2014/11/24(月) 20:10:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小持山・大持山~期待以上の景観に満足!!

小持山・大持山 068
小持山と大持山間のビューポイントです!とても標高1200mとは思えない開放感に感動しました!

本日のルートは、武甲山山麓の生川の一の鳥居駐車場⇒武甲山山頂⇒小持山⇒大持山⇒妻坂峠⇒一の鳥居駐車場のループです。

小持山・大持山 001
一の鳥居駐車場
気温2℃、上着を脱いで長袖アンダーの上にTシャツで丁度良い気温。それでもいきなりストレッチするには低い気温なのでラジオ体操程度の準備運動を済ませて7:30にスタート。(15分位歩いてからストレッチしました。)

小持山・大持山 018
山頂直下のトイレ。このルート上唯一のトイレですが積雪期は使用できないので注意。※一の鳥居駐車場にはトイレがありませんので生川の林道に入る前に芦ヶ久保の道の駅のトイレを使った方が無難です。

小持山・大持山 023
9:20分武甲山山頂。休憩込みで1時間50分

小持山・大持山 027
30分程山頂の景観を楽しみスタート。すぐに分岐です右ルートは浦山口駅に向かう道です。本日は左の急降下するルートに進みます。

小持山・大持山 035
初冬の景色の中前方にはこれから向かう小持山や大持山が見えます。

小持山・大持山 037
右側を見ると両神山がくっきりと見えます

小持山・大持山 041
10:15シラジクボ
持山寺跡行きルートは一の鳥居駐車場に向かうエスケープルートです。長者屋敷ノ頭行きルートは危険なため廃道になっています。

小持山・大持山 044
冬枯れの小道を辿って登ります。

小持山・大持山 048
しばらく進むとずるずる滑る急斜面です。前後を歩いているハイカーさんもストックを収納し両手も使って登っています。

小持山・大持山 050
急登を這い上がって一休みできる場所で振り返ると武甲山が大きく見えます。採掘されていない南側はとても美しい山です。(※緑と茶色の間の道を下りてきました。)

小持山・大持山 056
10:55分小持山山頂

小持山・大持山 060
小持山と大持山間は約1時間の岩尾根歩きになります。(※巻かなければ通過できない岩の手前には矢印があるので岩毎によく周囲を観察して標識を見落とさない事です。巻くとかえって危険な岩もありますので注意。)

小持山・大持山 061
この急登を登りきると・・・・

小持山・大持山 064
目がくらむほど高度感のある場所に出てきます。立ち枯れた杉があるので一本杉のピークと呼べば良いでしょううか。両神山が綺麗に見えます。

小持山・大持山 065
奥に甲武信ヶ岳、乾徳山、笠取山。左に熊倉山?が見えます。

小持山・大持山 067
左から蕎麦粒山、天目山、七跳山、酉谷山と長沢背稜の秀峰が見えます。

小持山・大持山 072
11時45分大持山山頂

小持山・大持山 075
大持山山頂から10分ほどで妻坂分岐に到着。東方向の急坂を下ります。

小持山・大持山 076
妻坂峠までは単調な防火帯を下りますが45分位こんな調子の道です。登りには使いたくないです。

小持山・大持山 079
12時50分妻坂峠到着。

小持山・大持山 080
植林帯に入ります。途中に沢の渡りや急斜面もあるので最後まで慎重に!

小持山・大持山 081
13時15分林道を横断し13時30分一の鳥居駐車場到着。無事下山です(^o^)

地形図秩父 西偏7° 001
今回のルートは低山ながら良い景観が楽しめるうえ静かな深山の雰囲気を楽しめました。各地の高山が積雪で難易度が高くなるこれからの時期は積雪が少ない奥武蔵・秩父エリアのシーズンですね。

ブログランキング参加してます。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2014/11/17(月) 11:00:00|
  2. 大持山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十二ヶ岳~毛無山から十二ヶ岳

十二ヶ岳 036
毛無山山頂から十二ヶ岳山頂に向かってスタート
9:15 一ヶ岳

十二ヶ岳 035
奥に十二ヶ岳が見えます。

十二ヶ岳 038
9:20 二ヶ岳 

十二ヶ岳 041
9:23 三ヶ岳

十二ヶ岳 042
三ヶ岳を通過してから補助ロープ付の岩が出始めます。2~3m位ですがスタンスが少ないのでロープを使って降下します。他の斜面もいつもより意識して腰を落として降りました。

十二ヶ岳 044
9:28 四ヶ岳

十二ヶ岳 045
四ヶ岳前は南面の視界がパッと開け爽快です。

十二ヶ岳 046
四ヶ岳から五ヶ岳まではかなりの急降下です。尻を地面に着けて降りるような斜面が連続し途中約5~6mの高さの岩があります。

余談ですが『アウトドアロックンロール』という番組で十二ヶ岳を取り上げた際に高所恐怖症のタレントさんがこの辺りで足がすくみ進めなくなりパーティが長時間滞留してしまうシーンがありましたが山慣れしていない方ならそうなるでしょうね。

十二ヶ岳 048
9:33 五ヶ岳

十二ヶ岳 049
9:40 六ヶ岳

十二ヶ岳 050
9:43 七ヶ岳

十二ヶ岳 051
9:48 八ヶ岳

十二ヶ岳 052
9:50 九ヶ岳
九ヶ岳は危険なため登山禁止です。巻道の分岐に標識が設置されています。

十二ヶ岳 053
巻道もロープ付です。北斜面に付けられた道なので冬は凍結する事が予想されます。

十二ヶ岳 055
巻道を進んだため十ヶ岳の標識をスルーしてしまいました。巻道とは言えロープ付急斜面があります。

十二ヶ岳 056
10:02 十一ヶ岳

十二ヶ岳 057
十二ヶ岳もだいぶ近づいてきました。もう少し進むと山の斜面に山頂に向かって真っ直ぐ伸びる岩のルートが見えます。

十二ヶ岳 058
30m以上ある急な岩場をロープを頼りに降下すると吊り橋に行きあたります。吊り橋から先は落石の危険があるので先行者が安全地帯に抜けるのを待ちながらの登りになります。自分がここに着いた時は前に4人いました。その中に山ガールも2人いて果敢に岩場をよじ登っていました。

十二ヶ岳 060
一本目の鎖が終わったあたりで振り返って写真撮影しました。

十二ヶ岳 061
70~80m位登ると傾斜が緩い普通の登山道になります。写真の先行者が写っているあたりで岩場終了です。

十二ヶ岳 062
10:33 桑留尾分岐

十二ヶ岳 065
10:35 十二ヶ岳山頂到着。狭い山頂は10人位の登山者で混みあっていました。

十二ヶ岳 066
山頂の展望

十二ヶ岳 068
混雑していたので桑留尾分岐まで戻り休憩

十二ヶ岳 070
下山は桑留尾に下るルートを下りました。上部は急斜面の連続で気が抜けません。

十二ヶ岳 074
下山中も絶景ポイントが各所にあります。精進湖と青木ヶ原樹海です。

十二ヶ岳 078
まだまだ急斜面が続きます。

十二ヶ岳 080
片側の切れ落ちた場所や岩場も続きます。

十二ヶ岳 084
11:40 地蔵の標識。ここでようやく傾斜の緩い樹林帯になります。

十二ヶ岳 089
地蔵の少し先の谷が広くなるところで道が不明瞭になります。

十二ヶ岳 088
念のためGPSで現在地確認

十二ヶ岳 091
迷いやすい場所を抜ければあとはしっかりした登山道です。

十二ヶ岳 094
最後まで気を引き締めて下ります。

十二ヶ岳 098
通学路の道標まで下りればあと僅かです。

十二ヶ岳 101
12:35 いずみの湯さんの駐車場到着。無事下山しました。

十二ヶ岳 105
駐車場から西湖の湖岸に下りました。正面の山並みに富士山の頭がちょこっと見えます。

十二ヶ岳 106


地形図 河口湖西部 001
本日のルートです。登山時間⇒5時間45分(休憩込) 、距離⇒9km

十二ヶ岳は楽しい岩場と素晴らしい展望に恵まれた山でした。また登ってみたい山の一つになりました。今度は節刀ヶ岳まで足を伸ばそうかと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


  1. 2014/11/03(月) 15:00:00|
  2. 十二ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (5)
富士宮ルート (3)
須山ルート (1)
吉田ルート (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (5)
谷川岳 (5)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (31)

月別アーカイブ

検索フォーム

<

この人とブロともになる