ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

高畑山・倉岳山2013.11.24

倉岳山・高畑山 001

高畑山・倉岳山登りました。朝7時の鳥沢駅。都内への通勤圏内なのでサラリーマンの姿も見られます。
本日のコース&タイム
7:05鳥沢駅→7:40高畑山登山口→9:30高畑山山頂→10:25穴路峠→10:50倉岳山山頂で昼食→11:50下山開始→13:10登山口→13:30梁川駅

倉岳山・高畑山 002
駅前の道を東京方面に5分程歩くと民家と民家の間に道標があります。

倉岳山・高畑山 005
中央線の線路をくぐり住宅地を通る、道標が適切に設置され迷う事は無い。

倉岳山・高畑山 006
町中を抜け虹吹橋を渡ると山が近づいてくる。

倉岳山・高畑山 008
道なりに進むと高畑山への標識があります。標識に従い集落の中を通ります。

倉岳山・高畑山 011
日陰は霜が降りています。

倉岳山・高畑山 012
最後の民家のすぐ上にゲートあります。右側に歩行者用の扉があります。

倉岳山・高畑山 013
小篠貯水池の堰堤

倉岳山・高畑山 014
小篠貯水池を通過するといよいよ登山口。いきなり熊出没の看板に気が引き締まります。朝は熊が水を飲みに降りてくるので遭遇率が高いので熊鈴をセット。

倉岳山・高畑山 021
登り始めはトレイルがしっかりしています。

倉岳山・高畑山 025
気持ち良い清流わきを登ります。清流を撮影している方もいました。熊に遭遇したらどうしようかと思っていたのでほっとします。

倉岳山・高畑山 027
高畑山・倉岳山分岐。右が高畑山、左が穴路峠経由倉岳山

倉岳山・高畑山 029
良く踏まれた九十九折れの道を登る。谷側は下まで転げ落ちそうな急角度です。

倉岳山・高畑山 034
九十九折れの道から尾根に乗り上げると休憩できるスペースがあります。小休止しているとガシガシ登ってくる男性2人組みに抜かれました。

倉岳山・高畑山 035
いったん傾斜がゆるみ水平の登山道に変わる。作業道が複数交差しルートが不明瞭になります。

倉岳山・高畑山 036
道標がありませんので、地図と地形を見比べ暗い作業道を登ります。(先行の2人組が道をロストして立ち往生していたので私が先頭になって引率しました。)

倉岳山・高畑山 037
倉岳山を右手に見ながら高度をかせぎます。

倉岳山・高畑山 039
最後のひと登りすると!

倉岳山・高畑山 041
富士山がお出迎え!

倉岳山・高畑山 042

倉岳山・高畑山 045
富士山をみながら小休止。

倉岳山・高畑山 057
倉岳山めざしていったん下ります。

倉岳山・高畑山 066

倉岳山・高畑山 070
天神山山頂の景色。

倉岳山・高畑山 072
穴路峠。高畑山直登ルート手前の分岐を左に進むとここに出ます。

倉岳山・高畑山 077
しばらくロープのある急登を登ります。ザレた急登です。下りに利用する場合は慎重に!

倉岳山・高畑山 083

倉岳山・高畑山 080
倉岳山山頂景色。山梨の名山が望めます。

倉岳山・高畑山 091


倉岳山・高畑山 092
倉岳山頂で昼食後、紅葉の中を下山

倉岳山・高畑山 093


倉岳山・高畑山 098
途中から月屋根沢沿いに下山します。

倉岳山・高畑山 103


倉岳山・高畑山 106
自然な広葉樹林に癒されます。

倉岳山・高畑山 115


倉岳山・高畑山 118
ほどなく梁川登山口に到着し無事下山。

倉岳山・高畑山 120
駅までの林道も紅葉がすばらしく楽しく歩けました。

倉岳山・高畑山 123


倉岳山・高畑山 128
山燃ゆる秋

倉岳山・高畑山 133
晩秋の『中央線駅前登山』を楽しんできました。もう膝は大丈夫そうです!(^^)!

にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2013/11/24(日) 19:37:47|
  2. 倉岳山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

棒ノ嶺2013.11.10

棒ノ嶺 078
棒ノ嶺山頂から、大持山(左)武甲山(右)

棒ノ嶺に登らせていただきました。膝の具合が悪く1ヶ月ぶりの山です。標高の低い山ですが深山気分が味わえる穴場コースです。

棒ノ嶺 001
7:30さわらびの湯 第3駐車場出発。(さわらびの湯オープン前より駐車可能。下山直後に風呂に入れて便利!)

棒ノ嶺 007
さわらびの湯バス停の標高が255m。高度補正しました。

棒ノ嶺 012
7:45有間ダム石堤

棒ノ嶺 014

棒ノ嶺 016

棒ノ嶺 017
ガスで神秘的な景色。

棒ノ嶺 021
8:00白谷橋(しらやばし)登山口。まだ誰にも会いません。静かな山歩きになりそうです。

棒ノ嶺 022

棒ノ嶺 025

棒ノ嶺 027

棒ノ嶺 028
深山の雰囲気さえ漂う景色を楽しみながら登る。

棒ノ嶺 029

棒ノ嶺 030

棒ノ嶺 031

棒ノ嶺 033

棒ノ嶺 035

棒ノ嶺 036

棒ノ嶺 037
白谷沢の核心ゴルジュ地帯。

棒ノ嶺 040
ルートにところどころ四足で登る場所もあります。

棒ノ嶺 043

棒ノ嶺 046

棒ノ嶺 047


棒ノ嶺 048
バシャバシャと踝まで水に浸かって進みます。(結構楽しい。(^o^))

棒ノ嶺 049
階段状の鎖場。スタンスはしっかりしているのでゆっくり登れば大丈夫ですが、雨の日、凍結時は注意。

棒ノ嶺 051

棒ノ嶺 053

棒ノ嶺 056
いったん林道に出ます。よくオフロードバイクが通行するので注意して横断して下さい。

棒ノ嶺 059
休憩所で小休止後、晩秋なのに新緑のような景色の中を登る。

棒ノ嶺 060

棒ノ嶺 061

棒ノ嶺 063
9:35岩茸石

棒ノ嶺 067
標識に従い木段を登る。

棒ノ嶺 068
9:55権次入峠。黒山・高水三山分岐

棒ノ嶺 074
10:10棒ノ嶺山頂到着。晴れていれば谷川岳や日光白根山や男体山も見えるようです。

棒ノ嶺 073
雲海を拡大

棒ノ嶺 076
一番奥は関八州見晴台、建物が見える尾根は子の権現、その手前は金毘羅山の尾根、一番手前の尾根からも有間ダムに降りる事ができる。

棒ノ嶺 071
大持山(左)武甲山(右)

棒ノ嶺 079
岩茸石から湯基入林道に下山。(悪天候時のエスケープルートに使うと便利)

棒ノ嶺 081
11:30林道が見える。

棒ノ嶺 095

棒ノ嶺 097
のんびり林道を下ります。晩秋らしい空と柿。

棒ノ嶺 098
12:30名栗川橋BSに到着

棒ノ嶺 101
お地蔵様の見えるほのぼのした風景の中バスを待ちます。

棒ノ嶺10月桜 106
さわらびの湯周辺にはなんと桜が咲いています。10月桜と言うそうです!

棒ノ嶺10月桜 009
今回もっとも心配していた膝痛も発生せず、リハビリ登山成功でした。

にほんブログ村
  1. 2013/11/10(日) 21:36:10|
  2. 棒ノ峰
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (5)
須山&富士宮ルート(山頂) (3)
須山ルート(宝永山) (1)
吉田口ルート(七合目) (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (30)

検索フォーム

<

この人とブロともになる