ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

国体ロードレース

国体ロードレース 033
東京国体が開催されました。私の家の近くでロードレース開催されました。

国体ロードレース 004
まず少年の部のトップが見えてきました。

国体ロードレース 005
奈良の選手の独走です。

国体ロードレース 008
2位争いの左の選手も奈良です。

国体ロードレース 009
各都道府県の選手達が駆け抜けていきます。

国体ロードレース 011
選手の行く手に馬頭刈山と大岳山。

国体ロードレース 012
集団から3分遅れで最後尾の選手。どうも体調不良かマシントラブルのようです。

国体ロードレース 013
少年の部の最終選手が通過してから50秒後成年の部のトップ選手がきました。少年の部はこのまま山に入り奥多摩湖のゴールへ約70kmのレースとなりますが、成年の部はこの3kmの直線を周回路にして(6km×5周=30km)走行し合計約100kmのレースになります。

国体ロードレース 015
約50秒遅れで後続集団通過

国体ロードレース 016
先頭が折り返してきました。

国体ロードレース 017

国体ロードレース 019

国体ロードレース 022
成年の部は前を通過する時『ビュ!!』と風の音がして風圧が来ます。高速でしかも数センチ間隔で一列に並んで走る迫力に圧倒されます。さすが各都道府県のトップ選手の集団です。

国体ロードレース 034
折り返し点に移動

国体ロードレース 035

国体ロードレース 038

各選手最終ターンです!いよいよ山登り区間です。頑張って下さい!

少年男子は1位奈良県、2位富山県、3位大阪府の選手でした。
成年男子は1位和歌山県、2位東京都、3位青森県の選手でした。

本日はロードレース見学できてよかったです。東京オリンピックもこのコース使って欲しいと思いました!世界のトップ選手が奥多摩を走ったら最高ですね!

にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/09/29(日) 20:01:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

伊豆ヶ岳2013.09.22②~伊豆ヶ岳から西吾野駅

伊豆ヶ岳、子ノ権現 060
伊豆ヶ岳山頂から古御岳へおもしろい名前の坂を下ります。名前の通りお尻をついて滑り降りたい坂です。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 063
しりもち坂を下ると南川上名栗線をへて西吾野に向かうエスケープルートの分岐。1時間以内に舗装道路に降りれます。もっとも伊豆ヶ岳山頂から山伏峠の舗装路まで30分で降りれるルートもありますが車を山伏峠にデポしていない限り不便です。山伏峠からは最寄バス停まで2時間位かかりそうなので。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 065
10時10分古御岳に到着

伊豆ヶ岳、子ノ権現 069
途中で動物に破壊された標識。(熊出没の警告あり)

伊豆ヶ岳、子ノ権現 072
10時50分高畑山

伊豆ヶ岳、子ノ権現 076

伊豆ヶ岳、子ノ権現 078
11時30分天目指峠。車道を横断します。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 079
子ノ権現に向けて急登。一山登り降りした後なのでキツイ。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 083

伊豆ヶ岳、子ノ権現 086

伊豆ヶ岳、子ノ権現 087
山中に巨大な手のオブジェ

伊豆ヶ岳、子ノ権現 088
12時25分に子ノ権現に到着。
足腰に霊験あらたかな子ノ権現様だけあって多数のトレイルランナーさんがお参りしています。
天目指峠から先はトレイルランナーさんが多くなります。10人以上とすれ違いました。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 089
重さ2tの鉄の大草鞋

伊豆ヶ岳、子ノ権現 090

伊豆ヶ岳、子ノ権現 091

伊豆ヶ岳、子ノ権現 092

伊豆ヶ岳、子ノ権現 093

伊豆ヶ岳、子ノ権現 095

伊豆ヶ岳、子ノ権現 096
赤仁王と黒門を抜け数分舗装路を歩き、にぎやかな標識を見て再び山道へ

伊豆ヶ岳、子ノ権現 097
ふと前を見ると黒い動物が草を食べていました。地元の方が飼っているヤギかと思って近づくと・・・

伊豆ヶ岳、子ノ権現 101
野生のカモシカでした。後ろを歩いているご家族のハイカーに教えると大変喜んでくれました。お父さんが小学校低学年位のお子様にカモシカの説明をしていました。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 109
降魔橋を渡りしばらく車道を歩くと、13時10分浅見茶屋到着。人気の店だけあって満員でした。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 114
店の裏にはシュウカイドウの花が咲いています。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 110
満開のシュウカイドウの花がとてもきれいです。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 115

伊豆ヶ岳、子ノ権現 116

伊豆ヶ岳、子ノ権現 118
沢沿いの車道を気持ちよく下ります。気持ち良いので西吾野まで歩きました。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 119
西吾野駅下の懐かしい感じの商店

伊豆ヶ岳、子ノ権現 120
14時20分西吾野駅に到着。本日も無事下山。
今回のルートは伊豆ヶ岳の男坂と期せずしてカモシカと会えた楽しい山行きでした。

おまけ
彼岸花001
彼岸花と言えば赤ですが、私の自宅周辺は白い彼岸花が群生しています。

にほんブログ村
  1. 2013/09/26(木) 07:49:53|
  2. 伊豆ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

伊豆ヶ岳2013.09.22①~正丸駅から伊豆ヶ岳

伊豆ヶ岳、子ノ権現 003
正丸駅から吾野駅まで上記のコースを歩いてきました。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 001
7:30正丸駅スタート。(正丸駅に車をデポ。1日500円)、雰囲気の良い駅です。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 014
7:40安産地蔵尊

伊豆ヶ岳、子ノ権現 016

伊豆ヶ岳、子ノ権現 017

伊豆ヶ岳、子ノ権現 015
季節外れのアジサイ

伊豆ヶ岳、子ノ権現 020
8:00馬頭様、ここから山道

伊豆ヶ岳、子ノ権現 024
ボケボケですが右が長岩峠、左泣き坂
今回は長岩峠方向です。五輪山頂で泣き坂を登ってきた方に聞いたところ台風18号で荒れてしまったとの事でした。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 026

伊豆ヶ岳、子ノ権現 027
ふたご岩

伊豆ヶ岳、子ノ権現 032

伊豆ヶ岳、子ノ権現 031
かめ岩

伊豆ヶ岳、子ノ権現 041
道標に従いいくつかの分岐を通過すると五輪山への木段。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 042
8:50五輪山

伊豆ヶ岳、子ノ権現 044
9:00男坂起点。(事故は自己責任との看板があります。)、ちなみに女坂は崩壊で通行止めで、女坂迂回路が新設されています。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 045
男坂の下部。上は見えません。高さ50m斜度40度

伊豆ヶ岳、子ノ権現 046
鎖が長いので前の方が次の鎖にかかるまで暫く順番待ちです。以前見た山レポで混雑時、鎖を使わずに男坂の左端を登ったという話を思い出し、左端を登りましたが、最後頂上近くで岩の中心まで、手がかり無しで横にトラバースしなければなりませんでした。あまりおすすめできません。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 048
男坂の上に更にピークがあります。木の根に注意です。

伊豆ヶ岳、子ノ権現 050
ピークを越えると登山道の真中に岩。ここは岩を登って越えるのが一番安全です。岩の左側の巻道は切り立った崖に幅15cm位の足掛かりがあるだけで岩を抱いて通過するような恐怖の道?怖くて行けませんでした。(足が引っ掛かれば道と言い切れるようになったら本物の山屋ですね。まだ自分は無理です。)

伊豆ヶ岳、子ノ権現 052
岩の上に立つとご褒美のような景色がお出迎え!!

伊豆ヶ岳、子ノ権現 055

伊豆ヶ岳、子ノ権現 056
9:.34山頂到着
ガイド本では伊豆ヶ岳は初級なんて書いてありますが、難しいところもありました。
伊豆ヶ岳より先は後日に。

にほんブログ村
  1. 2013/09/22(日) 21:53:02|
  2. 伊豆ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

そうだ!山に行こう。2013.09.01

高水山 040
本日はゆっくり休む日と決めて8時に起きて何気なくテレビを見ていると。
三ノ宮駅から摩耶山へのコースを放送していました。
そうだ山に行こう!
急いでザックに用途別にわけてあるスタッフバックを突っ込んで9時出発!
自宅から1時間以内に登山口に着いて5時間以内に下山出来る山目指して。
※ラッキーの自宅から車ならば、1時間半以内に殆どの奥多摩の山の登山口に着きます。

高水山 005

高水山 007
平溝川沿いを登っていくとヤマメがたくさんいます。

高水山 015

高水山 019
砂防ダムから40分位登るとリュックを下して休める水場があります。
タオルを濡らしてクールダウン。水場と表示されていないので飲むには煮沸したほうが良いと思います。
この直後尾根に登り上げるためのジグザグの急登があるので、ここが地元民おすすめの休憩ポイントです。この下に橋があって、そこで休憩している人が多いですがもう少し頑張ってここまで登りましょう。

高水山 024
尾根の風が心地よい。

高水山 026

高水山 031

高水山 035
あとひと登りで山頂

高水山 040
正午山頂到着

高水山 058
中世から歩かれていそうなV字に掘られている道。

高水山 062

2時に無事慈恩寺横の登山口に下山
今日は山行って良かったです。最近仕事で気が変になりそうだったのでリセットできました。
高水三山は標高は低いですが、皇太子殿下と雅子さまが、ご夫婦で最初に一緒に登られた山ですね!

にほんブログ村
  1. 2013/09/01(日) 21:52:14|
  2. 高水三山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (5)
富士宮ルート (3)
須山ルート (1)
吉田ルート (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (5)
谷川岳 (5)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (31)

月別アーカイブ

検索フォーム

<

この人とブロともになる