ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

等々力渓谷に行きました!

等々力渓谷 093
職場の研修で都内に行ったので、空き時間を利用して前々から気になっていた23区内唯一の渓谷である等々力渓谷に行きました。渋谷から東急東横線に乗り自由が丘で東急大井町線に乗り換え等々力下車です。

等々力渓谷 001
ゴルフ橋横から入渓します。

等々力渓谷 003

等々力渓谷 009
23区内とは思えぬ静けさ。

等々力渓谷 013
途中、木橋で渓谷の右岸へ

等々力渓谷 015
環八の下をくぐります。渓流のためか地上より3℃位気温が低いようです。環八の下でおにぎりを食べているグループがいました。

等々力渓谷 064
環八をくぐると野毛大塚古墳への道標があったのでここを登ります。

等々力渓谷 023
ここも大雨の時は危険なのですね。

等々力渓谷 024

等々力渓谷 025
野毛大塚古墳。全長84m、後円部高さ10m

等々力渓谷 027
レプリカの土器が並ぶ順路を登ります。

等々力渓谷 029
『なんてきれいな空なんだろか!』

等々力渓谷 036
横を見ると野球場。ユーミンの『まぶしい草野球』?の曲が頭に流れる。

等々力渓谷 040
古墳頂上からの景色

等々力渓谷 062
再び渓谷に戻り不動の滝に

等々力渓谷 063
この滝は数千年枯れていないとの事です。

等々力渓谷 046


等々力渓谷 069

等々力渓谷 075


等々力渓谷 078
夏空に映えるもみじ。都心にいる事を忘れてしまう。

等々力渓谷 087


等々力渓谷 082
23区内にも、シオカラトンボいるんですね!等々力渓谷は都心のオアシスですね。


にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2013/06/27(木) 21:11:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

あじさい見物

あじさい 027
あじさい見物に東京サマーランドに行きました。

あじさい 061
雪山の言葉に引かれてしまいました。入園口で係員の方に聞きましたらまだ五分咲きですとのお返事・・・

あじさい 023

あじさい 039
遊園地だからと思いジーパン綿シャツで登りましたが大間違いでした汗だくです。

アナベル 026
アナベル

アマチャ 022
アマチャ

ウエディングブーケ 084
ウエディングブーケ

キヨスミサワ 045
キヨスミサワ

クレナイ 093
クレナイ

セッカヤエ 015
セッカヤエ

三河千鳥 034
三河千鳥

白手毬 081
白てまり

八重柏葉038
八重柏葉

あじさい 088

あじさい 089

あじさい 090

あじさい 087

あじさい 071
本日サマーランド駐車場では地元消防団の競技がおこなわれていました。頑張って下さい!!


にほんブログ村
  1. 2013/06/16(日) 22:45:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

梅雨の里山風景

散歩 093
梅雨の雨は好きです。とても優しい感じがします。

散歩 026


散歩 023


散歩 031
里山の棚田は田植え完了


散歩 046
なんて美しいドクダミの花だろうか

散歩 051
棚田では鴨のペアがゆったりと泳いでいます。

散歩 053
ツバメのペア。

散歩 054
棚田の水面に雨の波紋

散歩 055
優しい雨が自然を包み込む風景

散歩 058
モリアオガエルの卵

散歩 059


散歩 060
巣づくり中のガビチョウ


散歩 068


散歩 082
みずみずしい葉

散歩 089
早咲きのコスモス!春に咲くコスモスもあるのですね。この花だけでなく群生していました。

散歩 092
本日は梅雨の優しい雨に包まれた良い一日でした。

にほんブログ村


  1. 2013/06/13(木) 21:21:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鷹ノ巣山2013.06.06②~鷹ノ巣山から奥多摩駅

鷹ノ巣山 049
ハイキングも後半戦に突入!偶然再会したハイカーさんは、日陰名栗山まで行き浅間尾根を下るそうです。お互いの安全を祈り「またどこかで会いましょうね!」と言って別れました。

鷹ノ巣山 056
30分も進むと水根の分岐。この分岐は直進します。右側の倉戸山への道ですが、①カヤノ木山山頂付近②倉戸山山頂手前の二か所が解りずらいです。

鷹ノ巣山 059
ガスがたちこめて神秘的で良い感じ

鷹ノ巣山 061

鷹ノ巣山 066
水根山分岐から30分、標高約1500mの地点で左上にコブがあったので登ると城山の山頂標識がありました。この標識・・・いつ誰が造ったのだろうか?想像するのも楽しい。

鷹ノ巣山 070
城山から将門馬場の途中にある目印の木

鷹ノ巣山 072
左将門馬場、右石尾根縦走路

鷹ノ巣山 074
将門馬場分岐から一般向けでない急斜面を下り巻道と合流。ここで登りの登山者とすれ違う。泊りだろうか雲取山に着く頃は夕方だろうなと想像する。

鷹ノ巣山 078
快適なハイキングロードです。まるで狭山丘陵にでもいるような錯覚。しかし高度計は1400mを指しています。あと約900m降りなくては。・・・・

鷹ノ巣山 084
六つ石山分岐

鷹ノ巣山 088
5分で山頂

鷹ノ巣山 090

鷹ノ巣山 091

鷹ノ巣山 094
余裕があったので左の脇道探索。

鷹ノ巣山 096
東農大の演習林に突き当りましたので戻ります。

鷹ノ巣山 098
新緑の道

鷹ノ巣山 111
途中のミックス樹林帯

鷹ノ巣山 112
三ノ木戸山を南から巻いた道と合流後しばらく行くと橋。ここまで来ると人里の雰囲気が出てきます。

鷹ノ巣山 113
間もなく奥多摩工業が見えました。

鷹ノ巣山 114
15時10分無事下山。

鷹ノ巣山 117
更に20分ほどで奥多摩の街並み。

鷹ノ巣山 118
奥多摩ビジターセンターを見学しました。

前半は山歩きらしい急登が楽しめ、後半はゆったりと森林浴が楽しめました。

にほんブログ村
  1. 2013/06/07(金) 22:13:21|
  2. 鷹ノ巣山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鷹ノ巣山2013.06.06①~日原から鷹ノ巣山

鷹ノ巣山 119
本日は梅雨の中休みを利用し、鷹ノ巣山と六つ石山の開けた景観と鷹ノ巣山から奥多摩駅までの新緑の石尾根を楽しもうと出かけました。

鷹ノ巣山 001
存在感ある稲村岩を見ながら8時45分入山。バスは奥多摩駅8時10分発鍾乳洞行きに乗りました。ウイークデーにも関わらず通勤電車並みの混雑。半数は川乗橋で下車、私はトイレがある東日原で下車。東日原では私を含め5人下車しましたが、4人はヨコスズ尾根に向かわれました。バスの残りの乗客の姿は登山者だったので鷹ノ巣山は混んでいる予感。

鷹ノ巣山 009
鷹ノ巣谷沿いを登ります。すでに先行者が見えます。その時下方の鷹ノ巣谷を駆け上がる登山者がいました。よく見るとザックに竿がさしてありましたので釣り人です。釣り人としては遅刻時間ですね(^o^)

鷹ノ巣山 011

鷹ノ巣山 013
昨年雨に降られ、合羽を着るため雨宿りした岩

鷹ノ巣山 016

鷹ノ巣山 019

鷹ノ巣山 021
9時40分稲村岩のコルに到着。ここで15人パーティ+2人に追いつく。稲村岩に向かうようなので稲村岩はパスし、おにぎりを2個食べて稲村岩尾根の鉄砲登りに向かう

鷹ノ巣山 024
広葉樹の新緑がまぶしい美しい山道。そのかわりに景観ゼロだが差し引いても気持ち良い道。
鷹ノ巣山 027
マムシ草

鷹ノ巣山 037
11時20分ヒルメシクイのタワ。今日の鷹ノ巣山は登山者一杯。20代の女性パーティもいました。

鷹ノ巣山 042
11時45分登頂登山口から3時間でした。

鷹ノ巣山 048
残念ながら展望は無し。でも鉄砲登りの後の開けた山頂は嬉しいです。この後サプライズがありました。登頂者の中に見たことのある方がいました!思い切って「高水山でお会いしましたよね」と話しかけるとしばらく考えてから「カモシカと遭遇した時ですね」と答えていただきました。驚きました!

今日も楽しい山歩きでした。後半は後日

にほんブログ村

  1. 2013/06/06(木) 20:51:55|
  2. 鷹ノ巣山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県と時々神奈川県の山を歩いています。将来的には長野県・群馬県・栃木県にも侵攻予定です(笑)

夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
奥秩父山系 (6)
甲武信ヶ岳 (0)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (29)

検索フォーム

<

この人とブロともになる