ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

里山

本日は小峰公園のお散歩です。

小峰公園 002

小峰公園 005
八王子往還街道の一部です。うろ覚えですがこの道は最終的には横浜までつながるかつてのシルクロードだったとか?

小峰公園 003

小峰公園 004
集落の入口にあたる場所なのか、村に厄災が来ないように塞いの神として、道祖神や庚申塔が建っています。

小峰公園 007

小峰公園 010
往還街道のなごりの馬頭観音の塔。塔の脇を進めばば沢戸橋BSにつながります。(※現在通行止め)
塔の左側に進むと今熊山につながります。本日は散歩なのでどちらにも向かわず、少し戻って展望台に向かいます。

小峰公園 014
展望台から見えた山、左端の峰が馬頭刈山、中央は大岳山

小峰公園 017
奥の院と御嶽山(神社と集落が見えます)

小峰公園 021
中央に麻生山、その左奥が日の出山

小峰公園 022
冬の里山の道を楽しみました。

本日の小峰公園では、大砲のようなカメラを持った方々が写真を撮っていました。邪魔にならぬように静かに横を通過しました。カメラに迷彩柄の布を巻いて目立たぬように工夫されていました。私もシジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、ジョウビタキ、ムクドリ、トンビを見ることができました。


にほんブログ村






スポンサーサイト
  1. 2013/01/28(月) 15:59:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

笹尾根~ 撤退

笹尾根 034
笹尾根に行ってきました。14日の雪で積雪しています。思った以上の積雪で当初槙寄山まで行き数馬の湯にいくつもりでしたが時間切れで途中下山しました。

本日のコースです。
上川乗BS⇒浅間峠⇒日原峠⇒土俵岳⇒小棡峠(コユズリトウゲ)⇒丸山⇒小棡峠⇒笛吹BS(ウズヒキバス停)⇒瀬音の湯(昼食)


笹尾根 003
気温マイナス6℃、南秋川橋を渡り、5分位道なりに歩くと左手に登山口があります。

笹尾根 005


笹尾根 011


笹尾根 015


笹尾根 021
雪道の先に浅間峠の東屋が見えます。

笹尾根 028
浅間峠を出発

笹尾根 034
こんな道が1時間位続きます。雪の深さは膝上です。ルートを外れると腰位の深さの場所もあります。

笹尾根 036
日原峠

笹尾根 039
土俵岳山頂

笹尾根 040
富士山が見えます。

笹尾根 046
小棡峠を過ぎ折り返しの丸山めざします。登山道でも膝上までずっぽりはいるようになりました。14日の降雪以降小棡峠丸山山頂間の道を歩いた人は一人だけみたいです。大男だったのでしょうか歩幅が合わないので大変です。丸山山頂を過ぎると大男さんの足跡も消えました。目的地は見えるのですが新雪をラッセルしながらなので時間ばかりかかります。このままだと槇寄山に着く頃は日没と予想できたのでここで撤退です。小棡峠まで戻り作業道を笛吹BSまで下山しました。

笹尾根 054
三頭山

笹尾根 056
御前山

笹尾根 062
笛吹の集落に着いた時、いきなりフレブルちゃんが飛びついてきて手や顔をペロペロされました。フレンチブルドックの女の子(5歳)ムースちゃん(ムーちゃん)とっても可愛いです。また会おうね!※飼い主様の承諾を得て写真を掲載しております。

笹尾根 063
笛吹の猫ちゃん

笹尾根 065
ガビチョウ

笹尾根 067
帰りに払沢の滝を見に行きました。まだ凍結していません。

笹尾根 076
数馬の湯に行けなかったので、バスを途中下車し瀬音の湯に寄ります。

今日は途中撤退です。檜原エリアは雪が多いと聞いてはいましたが想像以上でした。また冬は訪れる人が少なく降雪直後はラッセルさせられます。無雪期なら6時間のルートですが新雪の場合10時間以上かかりそうです。

最後にフレブルのムーちゃん&飼い主さん、笛吹BSで会った話好きなおばあちゃん、お会いできませんでしたが足跡を残してくれた大男さんありがとうございました!



にほんブログ村
  1. 2013/01/18(金) 17:58:36|
  2. 笹尾根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雲取山2013年初登り

2013年初登りは雲取山です。

雲取山 001
登山口。七ッ石小屋分岐以降は凍結していますので、アイゼン装着して下さい。

雲取山 014
アイスバーンに注意しつつブナ坂に到達すると石尾根の防火帯へ。なんと本日天気予報に反して無風です。テント場にいた方に聞くと『今朝方までテントが吹っ飛ばされそうな大風だった』との事です。

雲取山 017
山頂までの第一関門、小雲取への急登。登りきったところで、ゴールデンレトリバーがいました。良く訓練された良い子です。

雲取山 027
山頂に近づくにつれ雪景色に変わります。あと少し!

雲取山 029
11時15分山頂に到達。登山口から3時間50分かかりました。今日は山頂マイナス12℃でした。

雲取山 032

雲取山 035

雲取山 050
とても素晴らしい景色に囲まれました。江の島や相模湾も見えました。

雲取山 040
石尾根から七ッ石山への景観

雲取山 056
人気コースのため下山中も写真のように100m毎にハイカーがいます。

本日もいろいろな方と出会えた楽しいハイキングでした。ワンちゃんと一緒に雲取登山の男性。南アルプスを背景に写真撮って下さいと言ったカップルさん(とっても美男美女カップル)。テント飛ばされそうだった男性。山頂まで抜きつ抜かれつ歩いた男性。背負子を背負い駆け抜ける七ッ石小屋のご主人。ありがとうございました。

本日のコースタイム
登山口7:25⇒堂所8:45⇒ブナ坂9:50⇒奥多摩小屋10:20⇒雲取山頂11:15⇒山頂出発11:30⇒昼食⇒出発12:00⇒ブナ坂13:00⇒堂所14:00⇒登山口15:00

雲取山はピストンなら日帰り可能ですが、正直日帰りはもったいないですね。いつまでも眺めていたい素晴らしい景色、夕日や夜景や星空見たかった。また飛龍山にも寄ってみたかったな。雲取山を起点にするといろんなコースが組めます。またおいしい手作り料理。山道具のテスト等々。今朝すれ違った下山中の男性は、山頂で赤富士を見たそうです。宿泊したからこそですね。


にほんブログ村
  1. 2013/01/04(金) 19:34:06|
  2. 雲取山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

初詣

初詣に青梅の住吉神社に行きました。

初詣 001
青梅駅から昭和の小道を進みキネマ通りを渡ると、ガチャ萬商会があります。一年に10日しか営業しない店みたいです。営業日は第三日曜日のみ、しかも1月・2月は営業しないようです。猫グッズが中心のようです。

初詣 004
懐かしい板壁。今はあまりみかけませんね。

初詣 005
青梅赤塚不二夫会館と昭和レトロ商品博物館

初詣 006
バス停のような小屋を覗くとこんな絵が

初詣 012
さらに進むと大きな鳥居があり、前方に77段の石段が、愛宕神社の階段に比べればなんともないが、結構急角度。

初詣 010
鳥居の脇には猫が。奥多摩エリアは猫の像が目立つが、五日市の市道山と同様に養蚕のお守りなのだろうか?

初詣 013

初詣 016

初詣 025
境内にはお稲荷さんの他二つも神社がありました。

初詣 026
帰る頃には暗くなり始め女坂の提灯も点灯していました。ちなみに男坂は先ほどの階段です。

初詣 028
路地があったので侵入しました。

初詣 029

初詣 031
レトロな玄関

初詣 032
土蔵

初詣 033
昔の外灯。黒沢映画『夢』の『トンネル』を思い出しました。

その後喫茶店シャノアールに寄ってから帰宅しました。古風な隠れ家的な喫茶店です。ハイキングに行く時単なる通過点の青梅駅界隈も結構楽しめますね。


にほんブログ村
  1. 2013/01/02(水) 21:19:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年!明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

まだ夜明け前の山道を初日の出スポットに向けて登ります。

003.jpg


007.jpg
真っ暗。

016.jpg
筑波山が良く見えます。

015.jpg
スカイツリーと新宿高層ビル群

017.jpg
日の出時間が近くなるにつれ続々と見物人が集まってきます。

018.jpg
初日の出

028.jpg
太陽を樹間から見ながら帰ります。

029.jpg
登り口の水田

032.jpg
さらに降りるとお馴染み大岳山も樹間から見え隠れします。今年も良い年になりますように!

にほんブログ村
  1. 2013/01/01(火) 08:00:56|
  2. 弁天山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (5)
富士宮ルート (3)
須山ルート (1)
吉田ルート (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (5)
谷川岳 (5)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (32)

月別アーカイブ

検索フォーム

<

この人とブロともになる