ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

塔ノ岳~表尾根からバカ尾根

三ノ塔尾根 001

梅雨の晴れ間の6月20日(金)塔ノ岳に登らせていただきました。
本日はワールドカップの日本VSギリシャの大事な試合ですが、山に入りたい欲求の方が勝りましたので録画観戦する事にしました。結果がわからないようにラジオは家に置いていきました。
本日のルートは、大倉BS→三ノ塔(三ノ塔尾根ルート)→塔ノ岳(表尾根ルート)→大倉BS(大倉尾根ルート)、休憩込で9時間の予定です。

三ノ塔尾根 002
7:10大倉バス停。標高290m、気温20℃。高度補正してスタート。『かぜの吊り橋』を渡ります。

三ノ塔尾根 003
アジサイ満開。少し下流の水無川公園の色とりどりのアジサイも見事でした。

三ノ塔尾根 004
奥に見えるのは鍋割山?今日の目的地はあの山稜の延長上にあります。ちょっと遠い感じがしますが頑張りますか!

三ノ塔尾根 007
山岳スポーツセンター前のアジサイ

三ノ塔尾根 009
萩山林道(舗装)を登ります。

三ノ塔尾根 010
森林が直射日光を遮ってくれるので快適です。

三ノ塔尾根 014
7:40山道入口の標識。舗装路に飽きてきたので迷わず山道を選択。

三ノ塔尾根 019
8:00送電線『新秦野線』NO43鉄塔通過

三ノ塔尾根 021
緩やかな里山の道をのんびりハイク。時折吹く風が心地よい。

三ノ塔尾根 023


三ノ塔尾根 029
8:30、牛首で先ほど分かれた林道と合流。

三ノ塔尾根 031


三ノ塔尾根 032


三ノ塔尾根 039


三ノ塔尾根 045
緊急連絡標識NO4前のベンチで一息いれてから尾根を忠実に辿ります。

三ノ塔尾根 049
緊急連絡標識NO5以降は傾斜が増して山らしくなります。

三ノ塔尾根 051


三ノ塔尾根 056


三ノ塔尾根 057


三ノ塔尾根 059


三ノ塔尾根 061
高度計は1180mを表示しているがまだ稜線が見えません。

三ノ塔尾根 063
10:10、三ノ塔(標高1204m)に到着。大倉BSから3時間かかりました。ここまでは1人のハイカーとも会いませんでした。

三ノ塔尾根 064
タイマーで自分撮り

三ノ塔尾根 065
本日はガスってしまいましたが、三ノ塔から眺める表尾根は良い景色です。

三ノ塔尾根 069


三ノ塔尾根 076
烏尾山目指して鞍部に降ります。来る度に崩れが酷くなっています。

三ノ塔尾根 079
10:50烏尾山(標高1136m)

三ノ塔尾根 080
烏尾山から見た、行者ヶ岳、新大日

三ノ塔尾根 084
11:10、行者ヶ岳

三ノ塔尾根 085
行者の先は大小さまざまな鎖場あります。

三ノ塔尾根 086
11:20、一番最後の鎖場。後ろのご夫婦の奥様が『こんなとこ降りない』と怒っていました。ご主人様がなだめて降り始めました。心配なので小休止のふりをして待っていました。お二人とも無事降り立ったので先に進みます。

三ノ塔尾根 094


三ノ塔尾根 096


三ノ塔尾根 098
12:20、崩壊ヶ所通過。昨年は崩れていませんでした。

三ノ塔尾根 102
山頂直下ではつつじが咲いていました。

三ノ塔尾根 103
12:40、塔ノ岳(標高1491m)到着。大倉BSから5時間30分

三ノ塔尾根 104
13:20、下山開始。(大倉尾根ルート)

三ノ塔尾根 108
13:30、金冷し

三ノ塔尾根 109
崩壊ヶ所の迂回路。今年の雪は各地で被害をもたらしていますね。

三ノ塔尾根 114
花立山荘前の景色。晴れていれば雄大な景色が見えたのに残念。

三ノ塔尾根 115
13:50、花立山荘。

三ノ塔尾根 116
花立山荘から堀山の家までの区間は階段状の土砂流失防止策が続く尾根です。膝が痛くなりそうです。

三ノ塔尾根 117
14:20、堀山の家

三ノ塔尾根 118
堀山の家以降はゆるやかな里山の道を下ります。14:50駒止茶屋通過、15:10見晴茶屋通過、15:40丹沢ベース通過。

三ノ塔尾根 124
丹沢ベース横ベンチで休んでいると、近くでガサガサと音がしたので、音のした方向を覗くと牛が放牧されていました。

三ノ塔尾根 127
近くで見る牛は迫力あります。

三ノ塔尾根 128
16:00、大倉尾根登山口到着。この周回ルートにかかた時間は休憩込で8時間50分でほぼ予定通りでした。

三ノ塔尾根 131
バス停までの道はアジサイの生垣が目を楽しませてくれます。

三ノ塔尾根 132


三ノ塔尾根 133
大倉BSに着くと、ちょうどバスが到着しました。

データ ①消費水分→1.5L(飲料用1.2L、調理0.3L)②消費食糧→おにぎり×3個、カップ麺×1個、チョコレートバー×2個、ゼリー飲料×2、塩分タブレット×10粒でした。

下山中に左手の甲がヒリヒリしたので右手でぬぐってから見ると出血していました。山ヒルに噛まれていたようです。ベンチで休憩した時かもしれません。そう言えば、職場の山ガールさんが『大山でヒル見たよ』と言っていたのを思い出しました。

今回もとても楽しい歩きでした。欲を言えば今は日が長いので塔から丹沢山ピストンをつけ加えてもよかったかな?と思いました。

にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/06/23(月) 21:53:30|
  2. 塔ノ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

塔ノ岳2013.08.18②

塔ノ岳 075
山頂間近で鹿の家族と遭遇。

塔ノ岳 074


塔ノ岳 077
数メートル先の、美しい鹿の姿に見とれてしまいました。しばらくすると鹿の家族は山奥へ消えていきました。

塔ノ岳 082
11時30分塔ノ岳山頂。

塔ノ岳 081
続々と登山者が登ってきます。

塔ノ岳 080


塔ノ岳 084
山頂はガスであいにくの景色でした。昼食を食べ12:00下山開始。

塔ノ岳 086


塔ノ岳 088
表尾根もずいぶん痩せてきていますね。ここが崩落したら。とんでもない登り降りか、足がすくむほどの高度感ある橋でつながれるのかな?

塔ノ岳 090
先程の休憩広場。登りの登山者も増え30人位のツアーともすれ違います。天候も回復しました。

塔ノ岳 095
鎖場全景

塔ノ岳 098


塔ノ岳 100


塔ノ岳 102
前の写真の橋から下を撮影100m以上の谷底でした。

塔ノ岳 106
風の谷と言ったらいいでしょうか気持ち良い風が吹いていました。

塔ノ岳 112
ハンググライダーが気持ちよさそうに飛んでいました。

塔ノ岳 116
相模湾が綺麗です。

塔ノ岳 120
14:55無事に下山しました。

塔ノ岳 122
帰りに県道70号線の展望台から景色を眺めると水平線と三浦半島が見えました。

にほんブログ村
  1. 2013/08/20(火) 22:28:42|
  2. 塔ノ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

塔ノ岳2013.08.18①

塔ノ岳 074
こんばんは塔ノ岳の鹿です。

前回塔ノ岳に登れなかったので登りなおしです。

塔ノ岳 002
8:00スタート

塔ノ岳 006
植生保護地帯。海に近いせいか照り返しが暑い

塔ノ岳 009
8:46二ノ塔

塔ノ岳 010
二ノ塔から三ノ塔を見る。ワクワクするような晴天。

塔ノ岳 015


塔ノ岳 017


塔ノ岳 018


塔ノ岳 028
本日は視界良好

塔ノ岳 030
雪割草が咲いていました。

塔ノ岳 033
三ノ塔と烏尾山中間の鞍部ですれ違ったハイカーさんが岩場を登っています。

塔ノ岳 034
烏尾山に着くとかき氷ののぼり!食べたい気持ちを抑えて前進

塔ノ岳 036
烏尾山から三ノ塔を振り返る

塔ノ岳 037
行者岳への気持ち良い稜線

塔ノ岳 045
10:00行者岳到着

塔ノ岳 051
滑ったらただ事では済みそうにない崖

塔ノ岳 052
鎖場

塔ノ岳 053
おとなしく後ろ向きで降りました。

塔ノ岳 056
前回の撤退点まで進出

塔ノ岳 059
空が近づいてきました

塔ノ岳 062
10:26政次郎の頭。戸沢分岐

塔ノ岳 066
10:35休憩のできる広場?

塔ノ岳 067
大日小屋

塔ノ岳 068
10;50新大日

塔ノ岳 069
11:00木ノ又小屋。この後は整備された木道や階段を気持ちよく歩きます。

塔ノ岳 073
山頂手前で何かの気配、続きは後編で!

にほんブログ村
  1. 2013/08/19(月) 23:52:02|
  2. 塔ノ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

丹沢表尾根 撤退

丹沢表尾根1 053
三ノ塔から見た表尾根
反省の一言に尽きます。登山口に着く前にすでに失敗の種を蒔いてしまいました。自動車での道迷いで本来7時30分ヤビツ峠着の予定が1時間半遅れ・・・・

丹沢表尾根1 004
菩薩峠の駐車スペース。

丹沢表尾根1 012
ゲートを通過し水沢林道を数分登ると表丹沢縦走路にあたります。

丹沢表尾根1 024
すでに下山する方とすれ違います。

丹沢表尾根1 029

丹沢表尾根1 034
1時間で二ノ塔ここで5分の小休憩

丹沢表尾根1 035
三ノ塔がきれいに見えます。

丹沢表尾根1 037
ところが10分後には一面ガスで視界不良

丹沢表尾根1 041

丹沢表尾根1 049
一瞬の晴れ間、鳥尾山、行者ヶ岳、政次郎ノ頭、新大日が見えます。

丹沢表尾根1 056
百合の花。

丹沢表尾根1 057
20m位の鎖場。


丹沢表尾根1 058


丹沢表尾根1 063
烏尾山(別名=カラヒゴの頭)

丹沢表尾根1 065
もう周りはガスだらけ

丹沢表尾根1 073
行者ヶ岳で小休憩

丹沢表尾根1 076
岩の上で休憩中の方


丹沢表尾根1 074
鎖場

丹沢表尾根1 075

丹沢表尾根1 077
政次郎の頭手前あたりです。後1時間位で塔ノ岳山頂ですがガスで視界ゼロで山頂も期待できないのでここで撤退しました。

丹沢表尾根1 080
無事下山し登山口付近の水場で美味しい水をいただきました。

今回の失敗を糧にしていきたいと思いました。

にほんブログ村
  1. 2013/08/01(木) 22:29:09|
  2. 塔ノ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員

夢は南アルプスの見える山村に移住して半農生活。

主に東京・埼玉・山梨の山を登っています。
山でお会いできたら嬉しいです!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
奥秩父山系 (6)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (9)
大菩薩嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (22)
雲取山 (6)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (8)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (4)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (29)

検索フォーム

<

この人とブロともになる