ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

丹沢山  大倉BS~丹沢山ピストン

丹沢山 033
塔ノ岳山頂直下で撮影 写真中央より右の丸い頭が丹沢山(1567m)、左の一番高い山が不動ノ峰(1641m)、その左は棚沢ノ頭です。

2017年2月7日(火)丹沢山に登ってまいりました。スタート地点大倉が標高が290m、往路ゴールの丹沢山の標高が1567m。単純標高差1277m、往復距離19km。

ルート&タイム
【6:00】大倉BS⇒【6:07】標識NO-1⇒【6:46】見晴茶屋⇒【7:25】駒止茶屋⇒【7:48】堀山の家⇒【8:38】花立山荘⇒【9:08】金冷し⇒【9:26】塔ノ岳山頂⇒休憩⇒【10:08】日高⇒【10:20】竜ヶ番場⇒【10:47】丹沢山山頂⇒休憩⇒【12:30】塔ノ岳山頂⇒休憩⇒【13:25】金冷し⇒【13:36】花立山荘⇒【14:13】堀山の家⇒【14:40】駒止山荘⇒【15:10】見晴茶屋⇒【15:13】雑事場⇒【15:19】大倉高原山の家⇒【15:49】標識NO-1⇒【15:53】標識NO-0⇒【16:00】大倉BS


丹沢山 001
6:00スタート 夜明け前の大倉BS


丹沢山 005
標識NO-1 標識を見てあらためてこれから約20kmを歩く覚悟を決め『千里の道も一歩から!』と自分に気合いを入れます。
※実は標識NO-0もありました・・・・撮り損ねました<(_ _)>


丹沢山 009
『グーッモーニン! タンザワ』とロビン・ウイリアムズ風に言ってみました(笑)


丹沢山 010
モルゲンロートに染まる道を歩きます。赤の世界


丹沢山 024
花立山荘を越え木道を歩くと前方に塔ノ岳が見えます。


丹沢山 026
9:26 塔ノ岳山頂


丹沢山 029
塔ノ岳山頂から望む富士山。富士山の左にある山は越前岳と位牌岳です。
[広告] VPS

塔ノ岳は360度の展望が楽しめます。


丹沢山 035
日高(ヒッタカ)(標高1461m)


丹沢山 058
塔ノ岳~丹沢山間の北面は路面凍結し滑ります。転倒したら100m以上落ちそうな場所もあるので歩行注意です。


丹沢山 036
日高~竜ヶ馬場(リュウガバンバ)までは展望の良い笹原です。前方のピークが竜ヶ馬場(標高1504m)


丹沢山 047
日高~竜ヶ番場間の景色①
塔ノ岳の北面と右奥に伊豆半島


丹沢山 052
日高~竜ヶ番場間の景色②
伊豆大島三原山 いつか登りたい山ですね♪


丹沢山 053
日高~竜ヶ番場間の景色③
富士山


丹沢山 054
日高~竜ヶ番場間の景色④
西丹沢も一望できます。


丹沢山 055
日高~竜ヶ番場間の景色⑤


丹沢山 045
10:47 丹沢山山頂


丹沢山 041
みやま山荘


丹沢山 044
昼食は豚汁を作りました♪
ゆっくり休憩した後、来た道を戻ります。


丹沢山 068
13:36 花立山荘


丹沢山 072
14:13 堀山の家


丹沢山 075
14:40 駒止茶屋


丹沢山 076
15:10 見晴茶屋


丹沢山 077
15:13 雑事場


丹沢山 083
15:19 大倉高原山の家


丹沢山 081
大倉高原山の家からの景色


丹沢山 080



丹沢山 088
15:49 標識NO-1に戻ってきました!(^^)!


丹沢山 089
15:53 出発時に撮り忘れた標識NO-0です。


丹沢山 090
16:00 大倉BSに無事到着♪素晴らしい景色に癒された1日となりました。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/02/10(金) 10:00:00|
  2. 丹沢山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

丹沢大山 美しい霧氷

丹沢大山 058
丹沢大山山頂直下の見晴台にて。富士と霧氷と雪

今回は日本三百名山でもあり、霊山としてご利益のありそうな丹沢大山に登ってまいりました。
コースタイム
8:40登山口⇒8:50大山ケーブル駅⇒9:40阿不利神社ケーブル駅⇒11:20阿不利神社奥の院⇒13:00見晴台⇒13:30二重滝⇒14:30登山口 休憩込み約6時間でした。

丹沢大山 001
8:40 登山口スタート

丹沢大山 002
登山口から丹沢大山の山頂が見えますがずいぶん遠い感じです。登山口から標高差900mあるので登り甲斐あります。

丹沢大山 004
こま参道 土産物店や旅館が並んでいます。

丹沢大山 006
登りは女坂を登ります。

丹沢大山 015
女坂七不思議 ①弘法水 弘法大師が杖で突いたら水が湧いた場所。一年中水が枯れない。

丹沢大山 014
女坂七不思議 ②子育地蔵 祈るとお地蔵さんの顔が子供の顔に変わる。子供の成長祈願の場所

丹沢大山 017
女坂七不思議 ③爪切り地蔵 弘法大師が一夜で彫り上げたお地蔵様

丹沢大山 018
女坂七不思議 ④逆さ菩提樹 上に行くほど太くなる木。現在2代目

丹沢大山 019
逆さ菩提樹と無明橋の間に雨降山大山寺があります。今回は通過します。

丹沢大山 020
女坂七不思議 ⑤無明橋 話しながら渡ると何かを無くす橋

丹沢大山 023
女坂七不思議 ⑥潮音洞 四角い洞に石を投げいれると潮騒の音が聞こえる。

丹沢大山 024
女坂七不思議 ⑦眼形石 さわると眼の病気が治る石

丹沢大山 026
9:40 ケーブル阿不利駅手前の売店(標高670m)に到着。山頂まで後600m弱登ります。
※ここに公衆トイレあります。真冬は山頂トイレは使用できませんので注意!

丹沢大山 028
9:45 阿不利神社で安全祈願。おみくじは大吉でした(^o^)

丹沢大山 029
阿不利神社からは、三浦半島や江の島が見えます。

丹沢大山 032
社殿の脇から頂上登山口に進みます。

丹沢大山 033
頂上登山口に入る前にセルフお祓い。※初穂料100円
お祓い所の右の門が登拝門で本坂入口、直進はカゴヤ道で16丁目で本坂と合流します。その名の通りカゴヤが使った比較的平坦な道だそうです。

丹沢大山 034
10:00 一礼して登拝門を通ります。

丹沢大山 036
10:15 夫婦杉 杉の木2本が下で結合。夫婦円満のご利益。

丹沢大山 041
牡丹岩 

丹沢大山 042
天狗の鼻突き岩 天狗が鼻で開けた穴。強い信念を与えるご利益。

丹沢大山 048
本坂一番のビューポイント富士見台。昔は茶店があったそうです。富士山や表尾根がよく見えます!

丹沢大山 055
標高1000mを越えると霧氷が見られます。太陽の光に輝き美しいです。

丹沢大山 058
富士山と霧氷と雪。いつまでも眺めていたい景色です。積雪は登山道10cm、吹き溜まり20cm位です。

丹沢大山 059
11:20 阿不利神社大山頂上本社到着。ご神木の雨降りの木も霧氷の花が満開です。(樹種はブナ)

丹沢大山 060
11:22 山頂(標高1251.7m)

丹沢大山 062
山頂の本社社殿下に御神体の石があるそうですが開帳されていません。
代わりに自分のザックを開帳いたします(笑)
前列⇒①救急キット②食料③小物(プラティパス・簡易トイレ・ホッカイロ・ごみ袋等)④ダウンジャケット⑤水(合計で1.5L)
後列⇒⑥リペアキット(ガムテープ・靴ひも・ナイフ・予備メガネ等)⑦ビバーグキット(ツェルト・ヘッドライト・傘・ラジオ・ライター・紐等)⑧軽アイゼン⑨雨具⑩ジェットボイル
ザック外付けポケット⇒熊鈴・コンパス・カメラ・水・行動食・ストック
ウエアのポケット⇒地図・身分証・財布・スマホ・飴
25リットルのザックではパンパンですね。

丹沢大山 064
絶景を眺めながら昼食

丹沢大山 065
12:05 下山開始

丹沢大山 067
標高1000m位までは、霧氷の花が満開です。

丹沢大山 068
雷ノ峰尾根を降ります。1000m以下では霧氷は見られません。

丹沢大山 070
見晴台まで降りて休憩。振り返ると先程までいた頂上が見えます

丹沢大山 076
見晴台からふれあいの道を歩いて下社に向かいます。

丹沢大山 077
ルート途中杉の巨木が見えたので寄り道。この木は『絆の木』と言われています。ご神木の大杉と他の木が下部で結合しているため、人との繋がりを深めるご利益があるそうです。他にも『縁切りの杉』と言うご神木もあります。こちらは悪縁を断ち切るご利益があるそうです。 

丹沢大山 081
二重滝 禊の滝です。

丹沢大山 084
鹿と遭遇。人を恐れる様子もなくすぐ横で草を食べています。

丹沢大山 086
下山は男坂を使いましたが参りました・・・・、形は階段ですが、段差が大きく傾斜もあるのでまるで岩場です。疲れた膝に響きます。男坂は登りで使うのがおすすめ!

0209 001
お札と招き猫をゲットしました。お札は山専財布に、招き猫は日常財布に入れました。
今回も素晴らしい景色や自然の風物を楽しめた充実した山歩きになりました(^o^)

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2016/02/09(火) 15:10:00|
  2. 丹沢大山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

弘法山~気持ち良い散歩道です。

檜洞丸 050
檜洞丸の帰り弘法山に立ち寄りました。名前だけは知っていたので前々から行ってみたかった山です。弘法山(標高235m)

檜洞丸 048


檜洞丸 049


檜洞丸 051
山頂にお寺

檜洞丸 054
馬場道

檜洞丸 060
権現山(標高244m)

檜洞丸 067
丹沢大山方面

檜洞丸 064
富士山方面 今日は富士山はお休みでした。

弘法山は春にはお花見、天気が良ければ富士山の絶景が見られる素敵な散歩道です。近くを通った際はまた立ち寄りたいですね。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/08/15(土) 12:00:00|
  2. 弘法山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

塔ノ岳~表尾根からバカ尾根

三ノ塔尾根 001

梅雨の晴れ間の6月20日(金)塔ノ岳に登らせていただきました。
本日はワールドカップの日本VSギリシャの大事な試合ですが、山に入りたい欲求の方が勝りましたので録画観戦する事にしました。結果がわからないようにラジオは家に置いていきました。
本日のルートは、大倉BS→三ノ塔(三ノ塔尾根ルート)→塔ノ岳(表尾根ルート)→大倉BS(大倉尾根ルート)、休憩込で9時間の予定です。

三ノ塔尾根 002
7:10大倉バス停。標高290m、気温20℃。高度補正してスタート。『かぜの吊り橋』を渡ります。

三ノ塔尾根 003
アジサイ満開。少し下流の水無川公園の色とりどりのアジサイも見事でした。

三ノ塔尾根 004
奥に見えるのは鍋割山?今日の目的地はあの山稜の延長上にあります。ちょっと遠い感じがしますが頑張りますか!

三ノ塔尾根 007
山岳スポーツセンター前のアジサイ

三ノ塔尾根 009
萩山林道(舗装)を登ります。

三ノ塔尾根 010
森林が直射日光を遮ってくれるので快適です。

三ノ塔尾根 014
7:40山道入口の標識。舗装路に飽きてきたので迷わず山道を選択。

三ノ塔尾根 019
8:00送電線『新秦野線』NO43鉄塔通過

三ノ塔尾根 021
緩やかな里山の道をのんびりハイク。時折吹く風が心地よい。

三ノ塔尾根 023


三ノ塔尾根 029
8:30、牛首で先ほど分かれた林道と合流。

三ノ塔尾根 031


三ノ塔尾根 032


三ノ塔尾根 039


三ノ塔尾根 045
緊急連絡標識NO4前のベンチで一息いれてから尾根を忠実に辿ります。

三ノ塔尾根 049
緊急連絡標識NO5以降は傾斜が増して山らしくなります。

三ノ塔尾根 051


三ノ塔尾根 056


三ノ塔尾根 057


三ノ塔尾根 059


三ノ塔尾根 061
高度計は1180mを表示しているがまだ稜線が見えません。

三ノ塔尾根 063
10:10、三ノ塔(標高1204m)に到着。大倉BSから3時間かかりました。ここまでは1人のハイカーとも会いませんでした。

三ノ塔尾根 064
タイマーで自分撮り

三ノ塔尾根 065
本日はガスってしまいましたが、三ノ塔から眺める表尾根は良い景色です。

三ノ塔尾根 069


三ノ塔尾根 076
烏尾山目指して鞍部に降ります。来る度に崩れが酷くなっています。

三ノ塔尾根 079
10:50烏尾山(標高1136m)

三ノ塔尾根 080
烏尾山から見た、行者ヶ岳、新大日

三ノ塔尾根 084
11:10、行者ヶ岳

三ノ塔尾根 085
行者の先は大小さまざまな鎖場あります。

三ノ塔尾根 086
11:20、一番最後の鎖場。後ろのご夫婦の奥様が『こんなとこ降りない』と怒っていました。ご主人様がなだめて降り始めました。心配なので小休止のふりをして待っていました。お二人とも無事降り立ったので先に進みます。

三ノ塔尾根 094


三ノ塔尾根 096


三ノ塔尾根 098
12:20、崩壊ヶ所通過。昨年は崩れていませんでした。

三ノ塔尾根 102
山頂直下ではつつじが咲いていました。

三ノ塔尾根 103
12:40、塔ノ岳(標高1491m)到着。大倉BSから5時間30分

三ノ塔尾根 104
13:20、下山開始。(大倉尾根ルート)

三ノ塔尾根 108
13:30、金冷し

三ノ塔尾根 109
崩壊ヶ所の迂回路。今年の雪は各地で被害をもたらしていますね。

三ノ塔尾根 114
花立山荘前の景色。晴れていれば雄大な景色が見えたのに残念。

三ノ塔尾根 115
13:50、花立山荘。

三ノ塔尾根 116
花立山荘から堀山の家までの区間は階段状の土砂流失防止策が続く尾根です。膝が痛くなりそうです。

三ノ塔尾根 117
14:20、堀山の家

三ノ塔尾根 118
堀山の家以降はゆるやかな里山の道を下ります。14:50駒止茶屋通過、15:10見晴茶屋通過、15:40丹沢ベース通過。

三ノ塔尾根 124
丹沢ベース横ベンチで休んでいると、近くでガサガサと音がしたので、音のした方向を覗くと牛が放牧されていました。

三ノ塔尾根 127
近くで見る牛は迫力あります。

三ノ塔尾根 128
16:00、大倉尾根登山口到着。この周回ルートにかかた時間は休憩込で8時間50分でほぼ予定通りでした。

三ノ塔尾根 131
バス停までの道はアジサイの生垣が目を楽しませてくれます。

三ノ塔尾根 132


三ノ塔尾根 133
大倉BSに着くと、ちょうどバスが到着しました。

データ ①消費水分→1.5L(飲料用1.2L、調理0.3L)②消費食糧→おにぎり×3個、カップ麺×1個、チョコレートバー×2個、ゼリー飲料×2、塩分タブレット×10粒でした。

下山中に左手の甲がヒリヒリしたので右手でぬぐってから見ると出血していました。山ヒルに噛まれていたようです。ベンチで休憩した時かもしれません。そう言えば、職場の山ガールさんが『大山でヒル見たよ』と言っていたのを思い出しました。

今回もとても楽しい歩きでした。欲を言えば今は日が長いので塔から丹沢山ピストンをつけ加えてもよかったかな?と思いました。

にほんブログ村
  1. 2014/06/23(月) 21:53:30|
  2. 塔ノ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鍋割山2013.12.22『2013年登り納め』

鍋割山 104
今年の登り納めは表丹沢の鍋割山にしました。丹沢では、東京初雪の際に20cm位の積雪があったようです。

コース
表丹沢県民の森→二俣→後沢乗越→鍋割山→二俣分岐(小丸尾根)→二俣→表丹沢県民の森(休憩込7時間)

鍋割山 024
二俣の橋を渡り登山道へ

鍋割山 030
ポカポカ陽気の中冬枯れの景色を楽しむ。

鍋割山 037
林道終点までは平な道をお散歩。今日は登山者が多いです。

鍋割山 044
鍋割山荘の有名な水運びボランティアのボトルです。女性用の小ボトルから4リットルボトルまであります。

鍋割山 048
登山者が多いので、傾斜がきつい場所は渋滞します。反面登山者が前後にいるので、初心者の単独行でも道に迷う心配はありません。

鍋割山 055
後沢乗越で尾根に乗ると、一気に見晴しが良くなり気分爽快です。

鍋割山 057
日曜の丹沢は混んでいます。景色より登山者の装備やウエアに目が行ってしまいます。

鍋割山 098
11時25分山頂到着。山頂は思ったより登山者少な目でした。

鍋割山 090
相模湾

鍋割山 094

鍋割山 105
相模湾を望みつつ、鍋割山荘の鍋焼うどんで昼食。本日の冬至に合わせたのかいつもか分かりませんが南瓜の天ぷら入りでした。また隣のベンチの女性グループはツリーやキャンドルやケーキを並べて『クリスマスイブイブイブパーティー』をやっていました。そういえば先月私の地元で兎村彩野さんの秋川渓谷ガールズキャンプフェスやってました。想像ですがきっとこんな風に山を楽しんでいるんでしょうね!

鍋割山 108
二俣分岐を目指しスタート。鍋割山荘の裏から登山道の様相が一変します。軽アイゼンを装着しました。

鍋割山 109


鍋割山 113
振り返ると富士山と鍋割山

鍋割山 116


鍋割山 117
本日の雪の深さ

二俣分岐から小丸尾根を下りました。小丸尾根は見晴しが良くありませんが他のルートより早く下山できます。


鍋割山 122


鍋割山 121
関廣氏の像。先人の努力に感謝。

鍋割山 124
14時30分無事下山。ゲートに向かって一礼。鍋割山は、プロローグのハイキングコースのような平坦な道がこれからくるであろう登りへの期待を高め、登りに入ってすぐのゴルジュ帯の急斜面でいやがうえにも気分が高揚します。また山頂の素晴らしい景観!鍋割山は楽しい山ですね。
  1. 2013/12/23(月) 04:43:47|
  2. 鍋割山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員

夢は南アルプスの見える山村に移住して半農生活。

主に東京・埼玉・山梨の山を登っています。
山でお会いできたら嬉しいです!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
奥秩父山系 (6)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (8)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (4)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (29)

検索フォーム

<

この人とブロともになる