ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

川苔山 鋸尾根ルート

川苔山 046
川苔山山頂からの展望

今回は、JR鳩ノ巣駅付近の町営駐車場から鋸尾根経由で川苔山山頂にピストンしました。休憩込で往復約7時間です。

今回のルート
自宅 ⇒(7:40)鳩ノ巣町営駐車場 ⇒(8:50)大根ノ山ノ神 ⇒(9:15)大ダワコブタカ分岐 ⇒(10:00)大ダワ ⇒鋸尾根 ⇒(11:00)舟井戸 ⇒(11:15)川苔山山頂 ⇒休憩 ⇒(12:10)舟井戸 ⇒(13:40)大根ノ山ノ神 ⇒(14:20)熊野神社 ⇒(14:30)鳩ノ巣町営駐車場 ⇒(14:45)もえぎの湯 ⇒自宅

川苔山 001
8:00 鳩ノ巣町営駐車場から少し登って振り返って見ると以前登った鳩ノ巣城山が見えます。

川苔山 004
さらに登ると西側の視界が開け花折戸尾根が見えます。

川苔山 005
8:50 大根ノ山ノ神に到着 大根ノ山ノ神の標高は662m、駐車場の標高が310mなので50分で350m登ります。

川苔山 007
大根ノ山ノ神から北側を見ると曲ヶ谷北峰が見えます。

川苔山 011
9:15 大ダワコブタカ分岐 
コブタカ山への道を左に見送り、杉ノ尾根の東斜面につけられた道を進みます。

川苔山 013
一旦平らで開けた森林になります。熊と出合ったら嫌だなと思いホイッスルを吹きながら歩きます。

川苔山 014
道標

川苔山 016
東側の視界が開けた場所では、赤杭尾根が見えます。

川苔山 022
10:00 大ダワ到着 大ダワは鋸尾根・コブタカ山・足毛岩への分岐点です。

川苔山 021
コブタカ山への道

川苔山 020
足毛岩への道
※現在通行止め

川苔山 024
鋸尾根巻道分岐 巻道は谷側が切れ落ち一部崩落のため通行自粛要請。
※一部の方は恐怖の巻道と呼んでいます。

川苔山 027
鋸尾根は傾斜がきつく所々手を使って登ります。しかしながら景観は良いです!転げ落ちないように足元に注意ながら振り返って景色を楽しみます。
垂直移動で数十m登ったのに、まだ足下に大ダワの道標が小さく見えます・・・・

川苔山 028
大岳山・御岳山・奥ノ院・日の出山

川苔山 030
コブタカ山・本仁田山

川苔山 032
鋸の歯のようなギザギザの尾根を4回程登ります。

川苔山 034
ロープ場もあります。

川苔山 037
11:00 舟井戸に到着

川苔山 040
舟井戸の先片側の切れ落ちた道を登れば山頂

川苔山 044
11:15 山頂到着

川苔山 047
頂上から西側の視界が開けています。手前の尾根が鳥屋戸尾根、その奥の尾根がヨコスズ尾根、その奥北面が採掘されている山が天祖山、一番奥には雲取山から三ツドッケまでの長沢背稜が良く見えます。

川苔山 049
北側を見ると蕎麦粒山が見えます。
30分程景色を楽しみながらランチして元来た道を戻ります。

川苔山 052
木漏れ日と涼風が気持ち良いです。

川苔山 054
12:10 舟井戸

川苔山 055
鋸尾根分岐 

川苔山 064
14:20 熊野神社脇登山口に無事下山 山に一礼します。

川苔山 066
14:25 鳩ノ巣駅の踏切

川苔山は人気の山です。平日でしたが山頂はベテランハイカーから山ガールまで10名以上の方が休憩していました。
やはり川苔山と言えば百尋の滝と美しい渓谷を楽しみに川乗橋から登ってくる方が多いです。
今回の鋸尾根ルートの良さは、静かな森林浴が楽しめる事(※鋸尾根ですれ違ったハイカーは0人。)、尾根から見える景色、適度な岩場だと思います。

低山はだいぶ暑くなってきました。帰りにもえぎの湯で汗を流してから帰りました。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/06/06(月) 18:00:00|
  2. 川苔山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大岳山 新緑の奥多摩路

大岳山 005
足の怪我もだいぶ癒えてきたので2ヶ月ぶりに山歩きしました。
写真は、ケーブル駅付近から見た御師集落と御岳神社です。

大岳山 003
登山日は4月25日でしたが、ヤマザクラが綺麗でした。

大岳山 009
ニリンソウ

大岳山 011
ミツバツツジとヤマブキが満開

大岳山 014
4月末なのに山桜が咲き誇っています。

大岳山 020
御岳神社は平成29年度式年大祭準備のため改装中でした。

大岳山 022
枝垂れ桜と畠山氏の像

大岳山 024
御岳神社には、いろんな姿の狛犬達がいます!

大岳山 025


大岳山 026


大岳山 027


大岳山 029


大岳山 030
御岳神社は『お犬様』を祀っています。

武蔵御岳神社は、紀元前約90年、崇神天皇が創建したと伝わる関東一の霊場。
日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際、深山の邪神の放った深い妖霧に道を見失い、万事に陥ったのを白狼に導かれました。その後、大口眞神(おおくちまがみ)として留まり、魔物の退治を仰せつかったとう伝記がのこされています。以来、魔除け、火難除けの神として「お犬様」の霊験の信仰が始まりました。
現在はペット犬の健康長寿を願う愛犬家が多数お参り登山しています。

大岳山 041
御岳神社のお参りを済ませてロックガーデン経由で大岳山を目指します。新緑が綺麗♪

大岳山 043
山中に点在する山桜が見頃です。

大岳山 045
雰囲気の良い渓谷です。

大岳山 054
渓谷には山女魚がいます。

大岳山 055


大岳山 056
御岳山は東京のオアシスです。

大岳山 057
新緑に癒されます。

大岳山 062
人が近寄れない淵には、このような20cmクラスの山女魚も簡単に見られます。自然豊かです

大岳山 063
綾広の滝

大岳山 065
綾広の滝から介場峠に向かう途中に満開の山桜がありました。御岳山では4月末まで桜が楽しめます♪

大岳山 082
介場峠ではカタクリの花が見れました!

大岳山 069
介場峠より先は岩場です。怪我が治ったばかりの足の指が耐えられるか少々不安です。

大岳山 071
普段ならどうと言うことの無い岩場も緊張します・・・

大岳山 072
無事登頂!足痛くなりませんでした♪

大岳山 073
うっすらですが富士山見えました!とっても嬉しいですね!

大岳山 076
昼食は、軽量でかさばらないカップヌードルリフィル(詰め替え)です。以前はアウトドアショップにしかありませんでしたが最近は近所のスーパーでも売られるようになったので、山用&災害対策用に備えています。

大岳山 079
アセビ

大岳山 080
マムシ草

大岳山 090
スミレ

大岳山 084
久しぶりの山道に癒されます。

大岳山 092


大岳山 095


大岳山 096


大岳山 097
下山中開けたところに出ると、正面の独立峰は本仁田山、その右奥の3つのピークがある山は天目山ですね。

大岳山 099
奥の三角頭は蕎麦粒山、手前のどっしりした山は川苔山ですね。

大岳山 102
ケーブル駅近くに来ると日の出山が見えます。

大岳山 101
振り返ると、奥ノ院や山上集落が見えます。

大岳山 107
ケーブルカー発車まで時間があったので山桜を観賞

大岳山 108
本来ならケーブルに乗車せずに登り降りするのですが、本日は足が心配でケーブル利用

大岳山 110
2ヶ月ぶりの登山。まだまだ本調子ではありませんが夏までにはテン泊出来る位まで回復したいですね♪
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

  1. 2016/04/27(水) 23:10:00|
  2. 大岳山・御岳山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鳩ノ巣城山&上高岩山 ~その2

城山・上高岩山 058
七代の滝
長尾平で休憩後、七代の滝に立ち寄ります。滝で冷やされた爽やかな風が吹抜けます。

城山・上高岩山 059


城山・上高岩山 060
七代の滝から階段を登りロックガーデン周遊コースに戻ります。

城山・上高岩山 061
ロックガーデン周遊コースの沢は山女魚が泳いでいます。

城山・上高岩山 063
11:10 上高岩山直登路分岐点

城山・上高岩山 064
入口は少々荒れた感じです。

城山・上高岩山 068
徐々に傾斜がきつくなります。

城山・上高岩山 070
梯子を登り

城山・上高岩山 072
梯子の後は、山頂直前まで鎖場が続きます。

城山・上高岩山 073


城山・上高岩山 075
12:00 山頂 静かな雰囲気の良い山頂です。

城山・上高岩山 076
コメント付の山頂標識((笑))

城山・上高岩山 079
山頂から東に3分ほどの場所に展望台があります。

城山・上高岩山 083
御岳山方面

城山・上高岩山 084
日の出山、麻生山、金毘羅尾根方面

城山・上高岩山 086
馬頭刈山、高明山、馬頭刈尾根方面

城山・上高岩山 093
大岳山をバックに自撮り

城山・上高岩山 094
12:30 介場峠

城山・上高岩山 097
12:50 綾広の滝 
七代の滝の明るい雰囲気に対して、森林の中にある綾広の滝は落ち着いた雰囲気で木漏れ日がいい感じです。滝の前でランチしているカップルのハイカーさんが楽しそうでしたよ!(^^)!

城山・上高岩山 098
ロックガーデンは、沢に冷やされた涼しい風が吹き抜け気持ち良い道です。
木漏れ日の沢で、読書をしている方や絵を描いている方など、皆さん思い思いに山を楽しんでおられました。
こんな山の楽しみ方も素敵ですね♪

城山・上高岩山 100
13:15 天狗岩の上にある天狗像にお参りしました。
いつの間にか20人以上のハイカーさんが岩の下で順番待ちしていました。これだけの方が岩の上に登ると降りるのが大変になるので先に降ろさせていただきました。

城山・上高岩山 101
14:15 大塚山
御岳神社やビジターセンター見学後下山開始です。下山は傾斜が緩い大塚山丹三郎ルートを下ります。

城山・上高岩山 104
15:15 のんびり1時間かけて丹三郎ルート登山口に到着。
動物除け電気フェンスを通過し振り返って山に一礼。無事下山

城山・上高岩山 106
15:25 古里駅 登山口から10分程歩きます。

城山・上高岩山 107
15:51発奥多摩行に乗車し車をデポした鳩ノ巣に向かいます。
鳩ノ巣駅で降りると、駅前の広場に10名ほどのハイカーさんがいましたが、川苔山か本仁田山の帰りでしょうか?

上高岩山は、アスレチックのような直登路と展望が楽しめるルートです。御岳山・大岳山登山の際にはルートに加えるとより楽しい山歩きになりそうです。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/06/03(水) 00:00:00|
  2. 城山・上高岩山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鳩ノ巣城山&上高岩山 ~その1

城山・上高岩山 080
上高岩山展望台から見た迫力満点な大岳山

今回の御岳山は、鳩ノ巣城山ルートから入山し御岳山から上高岩山直登するハイキング+αを楽しみました。御岳山はルート豊富で意外に山深い場所もあり楽しめます。

ルート&タイム
自宅⇒鳩ノ巣無料駐車場⇒(6:55)鳩ノ巣駅⇒(8:15)鳩ノ巣城山⇒(8:50)大楢峠⇒(10:00)御岳山⇒ロックガーデン⇒(12:00)上高岩山⇒介場峠⇒御岳山⇒(14:15)大塚山⇒(15:25)古里駅⇒(15:55)鳩ノ巣駅⇒(16:00)鳩ノ巣のラーメン屋さん⇒鳩ノ巣無料駐車場⇒自宅

城山・上高岩山 001
6:55 鳩ノ巣駅の登山ポストに計画書投函しスタート

城山・上高岩山 003
雲仙橋から眺める鳩ノ巣渓谷

城山・上高岩山 004
7:00 城山登山口の階段(道標無し)

城山・上高岩山 006
7:10 祠があります。祠への道は仕事道です。右側の片側が切れ落ちた尾根筋が正解です。

城山・上高岩山 014
急登が続きます。

城山・上高岩山 016
北西の樹林の隙間から、本仁田山(奥)とチクマ山(手前)が見えます。

城山・上高岩山 017
北の樹林の隙間から、赤久波山(奥)とP672峰(手前)が見えます。

城山・上高岩山 022
8:00 5番鉄塔

城山・上高岩山 024
8:05 5番鉄塔先の分岐は左へ

城山・上高岩山 025
分岐から先10分間位、草木の茂った道になります。登りは問題ありませんが、降りの際は道に迷いそうな注意箇所です。

城山・上高岩山 028
8:15 城山山頂 静かな森の中のような山頂です。目を閉じて立っていると心が安らぎます!(^^)!

城山・上高岩山 031
大楢峠に向かって急斜面を降ります。(※振り返って撮影しました。)

城山・上高岩山 033
大木

城山・上高岩山 035
8:40 氷川から大楢峠に向かう道と合流。

城山・上高岩山 038
8:50 大楢峠 小休憩

城山・上高岩山 039
9:00 御岳山方面に進みます。

城山・上高岩山 043
よく整備されたハイキングロードです。新緑が気持ち良いです。

城山・上高岩山 047
崩落箇所も橋が架けられて歩きやすいです。

城山・上高岩山 049
10:00 御嶽集落に到着。

城山・上高岩山 051
御嶽神社参道はいつも人がいますね!城山では一人のハイカーともすれ違わなかった事が嘘のようです。
標高900mの商店街で飲料水と菓子を購入。ここは飲料・食料の補給が出来るのでありがたいです。

城山・上高岩山 052


城山・上高岩山 053
10:15 長尾平で休憩

城山・上高岩山 054
長谷川恒男氏の碑があります。

城山・上高岩山 055

城山ルートは静かな山歩きが好きな方には最適!立ち止まって目を閉じると山と一体になった感じがする良い山です。

その2では、御岳山の中では難路に当たる上高岩山直登路を報告します。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/05/28(木) 12:00:00|
  2. 城山・上高岩山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大岳沢 ~通行止め撤退

大岳沢 001
以前から緑豊かな大岳沢の渓流、難路と言われている大岳山直登路、爽快な尾根筋を辿るサルギ尾根を歩きたいと思って今回のルートを計画していました。

今回のルート計画
養沢神社⇒大岳鍾乳洞⇒大滝⇒大岳山直登ルート⇒大岳山山頂⇒介場峠⇒サルギ尾根⇒養沢神社

7:04 西東京バス武蔵五日市駅バス停から上養沢行に乗車⇒7:31 大岳鍾乳洞バス停に到着。

上写真の養沢神社に安全祈願のお参りしました。この神社の脇に本日の下山口になる予定だったサルギ尾根登山口があります。いったんバス停に戻り大岳沢沿いの林道大岳線を辿ります。

大岳沢 002
8:00 採石場の敷地内を通過。トンネルを通ります。

大岳沢 003
8:10 大岳鍾乳洞、小休憩

大岳沢 006
8:30 林道終点 ここから山道です。

大岳沢 007
登山口直後から良い雰囲気です。

大岳沢 010
水量も少ないので、歩ける場所では沢を進みます。

大岳沢 013
大滝直登と巻道分岐

大岳沢 014
8:40 大滝到着 しばらく滝に癒されます。先に進もうと滝の左岸の急斜面の階段のような道を登ると通行止めの札が・・・直登路が崩壊しているのか?と思い先程の分岐まで戻り巻道を登りますが・・・・

大岳沢 017
8:50 巻道も通行止めでした。しばしそのまま進むか思案しましたが崩壊具合もわからない上、登山計画書も提出済だったので本日は撤退する事に決めました。
後で考えれば、電波の届く場所まで降りてルート変更を申請すれば良かったですね、そんな事も思いつかなかったので撤退して正解でした。

大岳沢 020
林道を下りながら振り返ると青い空に緑の山々が・・・・

時間もあったので大岳鍾乳洞に立ち寄りました。
鍾乳洞の案内所に小柄なお婆ちゃんがおりました。TV・雑誌・新聞にも出演経験のある、100歳の鍾乳洞の看板娘さんでした。
ご実家が奥多摩だそうで、まだマイカーやバスが普及していなかった頃は、駅まで降りて鉄道を使うより、山道を歩いた方が早かったらしく、お子様を負ぶってここから、奥多摩や丹波や山梨まで歩いたそうです。現在の登山道はかつては人々の生活を支える道だったのですね!感慨深いです。

鍾乳洞に入ります。平日のため貸切です。お婆ちゃんが『今電気つけるから』とおっしゃります。普段は電気つけていないようです。念のため持参のヘッデンも装着しました。鍾乳洞は寒いと聞いた事があったのでダウンを着込みました。思ったように洞内は寒くダウンを着て正解でした。
洞内撮影禁止なので写真はありませんが神秘的です。大岳鍾乳洞は他の鍾乳洞と違い通路が狭くザックがトンネルに引っ掛かるので置いていった方が良いです。
また手足を使って登り降りする岩場も洞内にあるのでグローブも装着した方が良いです。
狭くて急斜面が多い大岳鍾乳洞ですが、その分探検気分が味わえます!
(※公開場所は300mですが、さらに奥には700m程の未公開エリアもあるそうです。)

大岳沢 023
鍾乳洞見学も終え、林道大岳線を沢の景色を楽しみながら下っていると。採石場あたりから山女魚の魚影が見え始めました。
10:50 養沢神社に到着 無事下山しました。

今回は不注意でした。今後はルート情報をしっかり集めて山に臨みたいと反省。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2015/05/21(木) 11:00:00|
  2. 大岳山・御岳山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。

主に山梨県・埼玉県の山を歩いています。夏季は富士山やアルプス中心に歩いていく予定です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (5)
富士宮ルート (3)
吉田ルート (1)
宝永山 (1)
南アルプス・周辺の山 (7)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
櫛形山 (1)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳・周辺の山 (3)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
茅ヶ岳 (1)
上越国境 (5)
谷川岳 (5)
奥秩父 (18)
雲取山 (8)
飛龍山 (0)
唐松尾山 (0)
笠取山 (2)
雁坂嶺 (0)
甲武信ヶ岳 (1)
金峰山 (2)
瑞牆山 (1)
乾徳山 (1)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
秩父 (7)
和名倉山 (1)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
四阿屋山 (2)
釜ノ沢五峰 (1)
甲府周辺 (1)
棚山 (1)
御坂 (11)
毛無山 (1)
竜ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
鬼ヶ岳 (1)
十二ヶ岳 (2)
御坂黒岳 (1)
三ツ峠山 (2)
杓子山 (1)
石割山 (1)
菰釣山 (0)
大菩薩・山梨東部 (10)
大菩薩嶺 (2)
黒川鶏冠山 (1)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
滝子山 (1)
岩殿山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
倉岳山 (1)
奥武蔵・北秩父・外秩父 (18)
棒ノ峰 (1)
武甲山 (1)
大持山 (2)
武川岳・二子山 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
天覚山・大高山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
宝登山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩 (42)
長沢背稜 (0)
都県界尾根 (3)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
本仁田山 (1)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾 (8)
高尾山 (6)
陣馬山 (2)
東丹沢 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢 (1)
檜洞丸 (1)
常陸 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
2017年回想 (1)
未分類 (33)

検索フォーム

<

この人とブロともになる