ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

四阿屋山 つつじ新道からの周回コース

四阿屋山 001
2016年2月下旬に奥武蔵の四阿屋山登りました。
四阿屋山は2回目です。今回は険路と言われているつつじ新道から登りました。距離は短いものの岩殿山の鎖場のようなスリリングな岩場もあるルートです。
10:30スタート 登山口に一礼

四阿屋山 004
11:00 つつじ新道分岐、わかりづらいですが右には斜度の緩いエスケープルートあります。
登山口からこの分岐までは、両神山の八丁トンネルから八丁峠までのルートや二子山の民宿登人から股峠までのルートと似た急登です。片側が切れ落ちているので要注意です。
※30分で獲得高度200m以上もあります。

四阿屋山 005
前方から賑やかな声がします。つつじ新道核心部の岩場の前で9人パーティが停滞していました。先頭のリーダーが岩登りのルートを見つけられないようです。10分位停滞していましたが結局全員降りてエスケープルートに行きました。

四阿屋山 006
前方がクリアになったので登り始めます。この写真の鎖場を登ると前出のパーティが諦めた高さ5m位の急な第1鎖場があります。カメラ・スマホ・笛・コンパス等紐で体に繋げているグッズをすべてポケットに収納しました。
撮影前にカメラを収納したので核心部の写真を撮り忘れてしまい、後でがっかりしました・・・

※この鎖場はスタンスが少ないので、忍者のように両足を岩に突っ張って体を保持しながら登ります。安全確保のため片手は鎖を握っていて下さい。岩が濡れている時は引き返して下さい。

四阿屋山 007
急な鎖場を登りきると、若干傾斜が緩みますのでカメラを取り出します。

四阿屋山 009
尾根に登り上げてからは景観は良いです。

四阿屋山 010
巨岩の右を巻きます。

四阿屋山 012
痩せ尾根をしばらく歩くと第2鎖場です。油断ならない道です。

四阿屋山 013
第2鎖場は50m位あります。振り返って見ましたが下は見えません。ふと周辺の樹木を見るとつつじがたくさん見られます。花の季節にはさぞ綺麗な事でしょうね♪

四阿屋山 014
第2鎖場が終わっても険路が続きます。秩父御嶽山の杉ノ峠から山頂までのルートに似ています。

四阿屋山 016
所々痩せ尾根のアップダウンあります。

四阿屋山 017
11:40 両神神社奥社からの登山道と道が合わさりつつじ新道は終了。つつじ新道はなかなか面白い道でした。

四阿屋山 018
11:45 四阿屋山山頂 登山口から1時間15分かかりました。つつじ新道は四阿屋山登頂の最短ルートですがそれなりに危険が伴うので注意して登って下さい。

四阿屋山 019
山頂から両神山や二子山が見えます。四阿屋山も含め西上州に隣接した奥武蔵の山は険しいですね。両神山では天武将尾根、二子山では東岳と西岳上級者ルートと宿題が残っています。いつか登らなければなりませんね!

四阿屋山 034
山頂の景色を堪能した後、山居まで降りて福寿草を観賞しました。

四阿屋山 036


四阿屋山 038


四阿屋山 043
屋根付きベンチもありのんびりと景色を楽しめます。

四阿屋山 046
山居から車回収のため押留に下山します。

四阿屋山 047
登山地図には掲載されていない道ですが、昔からの道らしく明瞭かつ道標も豊富で安心して歩けます。

四阿屋山 048
13:00 下山 山に一礼 3時間30分のプチ登山でしたが何だか6時間位歩いたような濃い山歩きでした。

四阿屋山 057
時間に余裕があったので節分草自生地に行きました。

四阿屋山 055
今が見頃ですね可憐な花が満開でした。
四阿屋山つつじ新道 つつじの花咲く季節にもう一度歩きたいルートですね!(^^)!
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/02/23(火) 23:00:00|
  2. 四阿屋山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

四阿屋山2014.3.28

あずまや山 021
福寿草を見るため3月28日に四阿屋山に行ってきました。前日の雨が嘘のような良い天気でした。(鳥居山コースの展望台から見た四阿屋山)

あずまや山 011
車は両神ふれあいセンターのある道の駅に駐車。トイレがとても清潔。道の駅から10分ほど歩くと登山口へ、登山口の中華風の門に一礼して入山。

あずまや山 017
前方に展望台があります。(スタートから15分位の場所にあるので、衣類調整に良い場所です。)

あずまや山 023
展望台から山道へ

あずまや山 029


あずまや山 030


あずまや山 033
馬酔木

あずまや山 036
静まりかえった山道(鳥のさえずりが良く聞こえ雰囲気は良いです。運が良ければオオルリを見れるとも言われています。)

あずまや山 052
登山口から1時間ほどで鉄塔下にでます。鉄塔周辺は視界良好、遠方に二子山が見えます。(二子山は「空中散歩」と言われる岩稜歩きと、紅葉が綺麗な、秋に登りたい山ですね!)

あずまや061
柏沢からの道と出合ってからは階段を登る。

あずまや山 070
間もなく両神神社奥社に到着。(登山口から1時間半)

あずまや山 072
奥社の後ろの登路は通行禁止になっていました。(地図では100m間で7本等高線が並んでいます。)

あずまや山 073
山頂までは階段状の巻道を登ります。(直登路と同じ傾斜ですが鎖・ホールドが豊富で登りやすいです。)

あずまや山 074
山頂直下の稜線でつつじ新道と出合います。(垂直の鎖場が知られているルートです。)

あずまや山 078
山頂到着。登山口からぴったり2時間。

あずまや山 079


あずまや山 080
山頂は両神山方面の視界が開けていて気持ち良いです。景色を十分に堪能した後、福寿草園地へ行きました。

あずまや山 085


あずまや山 086


あずまや山 089
盛りこそ過ぎていましたが福寿草を楽しむ事ができました。

あずまや山 095


あずまや山 105


あずまや山 110
福寿草園地から見える武甲山。採掘面が痛々しい。

あずまや山 121
下山中に河津桜も楽しめました。

あずまや山 123


あずまや山 124
秩父御嶽山?

あずまや山 125
間もなく人家の横にひょいと出て下山しました。

あずまや山 127
ふと足元を見るとオオイヌノフグリが春の陽の中咲いていました。良い春山歩きになりました。

にほんブログ村
  1. 2014/04/02(水) 14:17:22|
  2. 四阿屋山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員

夢は南アルプスの見える山村に移住して半農生活。

主に東京・埼玉・山梨の山を登っています。
山でお会いできたら嬉しいです!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
奥秩父山系 (6)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (8)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (4)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (29)

検索フォーム

<

この人とブロともになる