ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

十二ヶ岳~毛無山から十二ヶ岳

十二ヶ岳 036
毛無山山頂から十二ヶ岳山頂に向かってスタート
9:15 一ヶ岳

十二ヶ岳 035
奥に十二ヶ岳が見えます。

十二ヶ岳 038
9:20 二ヶ岳 

十二ヶ岳 041
9:23 三ヶ岳

十二ヶ岳 042
三ヶ岳を通過してから補助ロープ付の岩が出始めます。2~3m位ですがスタンスが少ないのでロープを使って降下します。他の斜面もいつもより意識して腰を落として降りました。

十二ヶ岳 044
9:28 四ヶ岳

十二ヶ岳 045
四ヶ岳前は南面の視界がパッと開け爽快です。

十二ヶ岳 046
四ヶ岳から五ヶ岳まではかなりの急降下です。尻を地面に着けて降りるような斜面が連続し途中約5~6mの高さの岩があります。

余談ですが『アウトドアロックンロール』という番組で十二ヶ岳を取り上げた際に高所恐怖症のタレントさんがこの辺りで足がすくみ進めなくなりパーティが長時間滞留してしまうシーンがありましたが山慣れしていない方ならそうなるでしょうね。

十二ヶ岳 048
9:33 五ヶ岳

十二ヶ岳 049
9:40 六ヶ岳

十二ヶ岳 050
9:43 七ヶ岳

十二ヶ岳 051
9:48 八ヶ岳

十二ヶ岳 052
9:50 九ヶ岳
九ヶ岳は危険なため登山禁止です。巻道の分岐に標識が設置されています。

十二ヶ岳 053
巻道もロープ付です。北斜面に付けられた道なので冬は凍結する事が予想されます。

十二ヶ岳 055
巻道を進んだため十ヶ岳の標識をスルーしてしまいました。巻道とは言えロープ付急斜面があります。

十二ヶ岳 056
10:02 十一ヶ岳

十二ヶ岳 057
十二ヶ岳もだいぶ近づいてきました。もう少し進むと山の斜面に山頂に向かって真っ直ぐ伸びる岩のルートが見えます。

十二ヶ岳 058
30m以上ある急な岩場をロープを頼りに降下すると吊り橋に行きあたります。吊り橋から先は落石の危険があるので先行者が安全地帯に抜けるのを待ちながらの登りになります。自分がここに着いた時は前に4人いました。その中に山ガールも2人いて果敢に岩場をよじ登っていました。

十二ヶ岳 060
一本目の鎖が終わったあたりで振り返って写真撮影しました。

十二ヶ岳 061
70~80m位登ると傾斜が緩い普通の登山道になります。写真の先行者が写っているあたりで岩場終了です。

十二ヶ岳 062
10:33 桑留尾分岐

十二ヶ岳 065
10:35 十二ヶ岳山頂到着。狭い山頂は10人位の登山者で混みあっていました。

十二ヶ岳 066
山頂の展望

十二ヶ岳 068
混雑していたので桑留尾分岐まで戻り休憩

十二ヶ岳 070
下山は桑留尾に下るルートを下りました。上部は急斜面の連続で気が抜けません。

十二ヶ岳 074
下山中も絶景ポイントが各所にあります。精進湖と青木ヶ原樹海です。

十二ヶ岳 078
まだまだ急斜面が続きます。

十二ヶ岳 080
片側の切れ落ちた場所や岩場も続きます。

十二ヶ岳 084
11:40 地蔵の標識。ここでようやく傾斜の緩い樹林帯になります。

十二ヶ岳 089
地蔵の少し先の谷が広くなるところで道が不明瞭になります。

十二ヶ岳 088
念のためGPSで現在地確認

十二ヶ岳 091
迷いやすい場所を抜ければあとはしっかりした登山道です。

十二ヶ岳 094
最後まで気を引き締めて下ります。

十二ヶ岳 098
通学路の道標まで下りればあと僅かです。

十二ヶ岳 101
12:35 いずみの湯さんの駐車場到着。無事下山しました。

十二ヶ岳 105
駐車場から西湖の湖岸に下りました。正面の山並みに富士山の頭がちょこっと見えます。

十二ヶ岳 106


地形図 河口湖西部 001
本日のルートです。登山時間⇒5時間45分(休憩込) 、距離⇒9km

十二ヶ岳は楽しい岩場と素晴らしい展望に恵まれた山でした。また登ってみたい山の一つになりました。今度は節刀ヶ岳まで足を伸ばそうかと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2014/11/03(月) 15:00:00|
  2. 十二ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

十二ヶ岳~西湖湖畔から毛無山山頂まで

十二ヶ岳 007
山梨県富士河口湖町にある御坂山塊の十二ヶ岳(1683m)に登らせていただきました。写真右奥にある。まるで絵本から飛び出してきたような形の山です。山の斜面の形どおり付けられた岩登りルートはなかなかのものでした。

十二ヶ岳 100
事前情報で文化堂トンネル横駐車場が使えない事がわかったので、富士河口湖町いずみの湯さんに駐車させていただきました。事前に電話を入れると気持ちよく『どうぞご利用下さい』とおっしゃって下さいました。

十二ヶ岳 002
6:50分スタート。朝霧たつ西湖は神秘的でした。

十二ヶ岳 009
湖岸の道路を約30分ほど歩き登山口に到着。登山口は文化堂トンネルの東口の矢印の場所です。
登山ポスト・トイレ無しです。

十二ヶ岳 008
文化堂トンネル脇駐車場は2014年10月現在写真のように工事中で利用できません。

十二ヶ岳 017
登り始めは暗い樹林帯の中の急登ですがしばらくすると雰囲気の良い山道に変わります。

十二ヶ岳 018


十二ヶ岳 019


十二ヶ岳 020


十二ヶ岳 021
P1241の先で男性単独登山者に抜かれました。晩秋の山道と登山者って絵になりますね!

十二ヶ岳 023
8:35長浜分岐

十二ヶ岳 024


十二ヶ岳 025
雰囲気の良い樹林帯からカヤトに場面が変わると絶景が待っていました。苦労して登った甲斐があります!

十二ヶ岳 028
西湖も鏡のように綺麗です。

十二ヶ岳 031
富士山は見る方位によっていろんな表情がありますが、北側から見る富士は裾野から良く見えるので迫力満点です。

十二ヶ岳 033
9:00中間点の毛無山山頂到着。山頂が平なので休憩にもってこいの場所です。この先の険路に備えサーモスの熱湯でココアを入れて小休止しました。

いよいよ核心部に突入します!

にほんブログ村


  1. 2014/10/31(金) 00:00:00|
  2. 十二ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (30)

検索フォーム

<

この人とブロともになる