ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

笠取山 中島川口から周回

笠取山 076
ゴールデンウイーク後半、初夏の景色を求めて笠取山に行きました。
標高1800以上は山桜が満開でした。♪

笠取山 114
今回のコースを中島川口の案内板を使って紹介します。
※わかりやすいように、通過ポイントに①~⑫の数字を入れてみました。
①【8:00】中島川口⇒②【8:15】馬止⇒③【9:25】一休坂※休憩10分し9:35スタート⇒④【9:45】ヤブ沢⇒⑤【10:20】ヤブ沢峠⇒⑥【10:35】笠取小屋※休憩25分し11:00スタート⇒⑦【11:45】笠取山東峰山頂※5分休憩11:50スタート⇒⑧【12:00】水干⇒⑨【12:20】シラベ尾根分岐⇒⑩【12:30】黒エンジュ分岐※10分休憩12:40スタート⇒⑪【13:15】馬止⇒⑫【13:30】中島川口 

笠取山 001
【8:00】中島川口 一礼して入山
※登山口に1台分、100m西に五台分の駐車スペースあります。更に西に200m行けば10台分のスペースがあります。

笠取山 003
タチツボスミレ満開です。

笠取山 004
【8:15】馬止

笠取山 006
キケマン

笠取山 007
シロバナノヘビイチゴ

笠取山 014
新緑の樹間から大菩薩嶺が見えます。

笠取山 019
ネコノメの一種

笠取山 028
中段歩道では、ひときわ立派なミズナラの古木がありました。

笠取山 030
板根の発達した20m超の巨木です。

笠取山 034
【9:25】一休坂分岐 この周辺は。トウゴクミツバツツジの蕾がふくらんでいます。開花は5月中旬位?

笠取山 042
爽やかな風が吹き抜ける清流沿いに登ります。

笠取山 043
【9:45】ヤブ沢

笠取山 056
ワチガイソウ

笠取山 058
【10:20】ヤブ沢峠 林業業者様の私道を笠取小屋まで歩きます。

笠取山 064


笠取山 065
【10:35】笠取小屋の前は山桜満開でした♪

笠取山 063
小屋前の広場から大菩薩嶺がよく見えます。

笠取山 068
休憩後、整備された木道をすすむと広い草原に出ます。

笠取山 069
ここも山桜満開です♪

笠取山 070


笠取山 072
多摩川・荒川・富士川分水嶺

笠取山 076
笠取山頂に向かい標高差100m直線距離400m登ります。

笠取山 077
ミツバツチグリ

笠取山 080
キバナノコマノツメ

笠取山 081
最後の急登を越えれば西山頂

笠取山 092
【11:35】西山頂

笠取山 089
南東 手前の黒い山が飛龍山と前飛龍、その奥が三頭山、さらに奥で霞んでいるのが丹沢の山々です。

笠取山 088
南 大菩薩嶺とその左肩に雁ヶ腹摺山が見えます。

笠取山 086
南 富士山の左下に三ツ峠山、右下には御坂山塊が見えます。

笠取山 084
西 雁峠の延長上には乾徳山が、その右のピークは黒金山です。

笠取山 083
西北 正面奥は国師ヶ岳

笠取山 082
北 古礼山、水晶山、雁坂嶺と標高2000m超の山が連なっています。古礼山と水晶山の間の奥に見えるのは木賊山でしょうか?

笠取山 093
シャクナゲや山ツツジはこれからですね。

笠取山 096
東山頂

笠取山 099
【12:00】水干

笠取山 101
水干から中島川口までの黒エンジュ尾根はとても穏やです。清流や展望は見られないものの距離も短く下山路としては最適です。

笠取山 103
【12:20】シラベ尾根分岐

笠取山 104
2018年5月現在、黒エンジュ分岐~山ノ神土までの迂回路は通行止め。
笠取山から山ノ神土までは稜線伝いに唐松尾山を越えていくルートを使う他ありません。

笠取山 106
【12:30】黒エンジュ分岐のベンチで休憩

笠取山 109
樹林帯に入る前に富士山を撮影しておきましょう。

笠取山 111
【13:15】馬止 あと15分で中島川口

笠取山 113
【13:30】中島川口 山に一礼して下山しました。
笠取山ほ2回目です。前回は美しい紅葉の時期でした。今回は新緑を楽しませていただきました♪シャクナゲやツツジの花はまだほんの少し先でしたが、山桜や多数の草花がみられて満足でした。清流や高原的な景色も魅力です。今度登る際は唐松尾山も含めて歩いてみたいですね。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/05/12(土) 07:15:00|
  2. 笠取山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笠取山~快適な草原と多摩川の源流

笠取山 064
笠取山(標高1953m)に登らせていただきました。
ガイドブックに載っていた素晴らしい景観に惹かれていつか登ってみたいと思っていました。
実際に登ってみると想像以上に素晴らしい山でした!

笠取山 136
※帰りに撮影した一ノ瀬林道入口。民宿の看板が目印です。

笠取山 002
8:00作場平駐車場到着。(気温5℃)
駐車台数約50台。
青梅街道大菩薩ラインのおいらん淵の先に一ノ瀬林道の入口があります。入口から約10km奥に作場平駐車場があります。完全舗装で一本道なので迷うことはありませんがすれ違い困難な場所が結構あります。この林道は奥にある集落の生活道路も兼ねているので早朝でも対向車が来ます。対向車に注意して運転する必要があります。
①トイレ有り。
②登山ポスト無し。
③自販機無し。コンビニ無し。(※奥多摩町~作場平間約30kmの間でコンビニ見ませんでした。)

笠取山 004
一礼して入山。最初は30mもありそうなカラマツと檜の樹林帯です。

笠取山 008


笠取山 011
一休坂分岐をヤブ沢峠方向に進みます。登りには一休坂よりもこちらの方が景色の変化が多く飽きません。自然公園のようにとても良く整備された登山道です。(一休坂は下山路に向いています。)

笠取山 015
水が透明でとても美しい沢です。

笠取山 016
8:45ヤブ沢分岐

笠取山 017


笠取山 018


笠取山 022
ヤブ沢分岐を通過するとミズナラや山桜やかえでの明るい樹林帯に変わります。また沢から涼しい風が吹きほとんど汗をかきません。

笠取山 025
殆ど勾配の無いよく整備された登山道を辿ります。

笠取山 026
9:25分ヤブ沢峠(ヤブ沢分岐に似た標識ですが違う場所です。)
ここで林業の方が使用する奥山作業道と合流します。笠取小屋までの約20分は自動車の走れる水平車道を歩きます。

笠取山 030
9:40笠取小屋到着。ベンチで小休憩。トイレもあります。トイレわきにはピンク色の実が鈴なりのマユミの木?がありました。

笠取山 035
小屋から先は草原が広がります。山の中を歩いてきたので急に開放感ある場所に出ると感動します。

笠取山 042
前方に丘が見えます。

笠取山 043
雁峠分岐。燕山(2004m)古礼山(2112m)水晶山(2158m)の美しい山並みが望めます。

笠取山 051
10:00小さな分水嶺

笠取山 050
小さな分水嶺の説明板。

笠取山 058
初冠雪した富士山が見えました。

笠取山 066
古びたエンジンが朽ち果てていました。索道のエンジンでしょうか?

笠取山 070
このコース最大の急勾配です30度以上の斜面をほぼ直進で登ります。

笠取山 077
20分かけて登りきりました。振り返って南西方向を見ると大菩薩嶺と富士山が見えます。

笠取山 078
西方向には乾徳山が見えます。

笠取山 079
北西方向には燕山や水晶山が見えます。奥に見えるのは甲武信ヶ岳でしょうか?

笠取山 083
しばし展望を楽しんだ後山頂に向かいます。シャクナゲとスズタケの痩せ尾根を進みます。

笠取山 087


笠取山 088
最後のこの岩塊をよじ登れば山頂です。

笠取山 089
10:40山頂到着

笠取山 094
下山路は東側のシャクナゲとスズタケの間の道を進みます。トトロに出てくる草のトンネルみたいな場所もあります。

笠取山 101
11:20水干分岐で見た昔の道標。この下に現代の道標もあります。

笠取山 107
11:30多摩川の源頭が見えてきました。

笠取山 108
傾いた標識の右奥の窪みから水滴がしたたり落ちています。

笠取山 110
近づいて覗きます。多摩川の最初の流れはここの60m程下にあります。

笠取山 115
水道道というルートを降りて多摩川の流れの始まりを見に行きました。画面左下の岩の隙間から水流が始まっていました。

笠取山 117
紅葉がきれいです。

笠取山 123
笠取小屋で小休止後一休坂を降りました。

笠取山 125
一休坂沿いの水流も透明感抜群です。

笠取山 130


笠取山 132
この先で鹿と遭遇。手が届くほどの距離だったので撮影できませんでしたがかわいい眼をしていました。

笠取山 112
13:30無事下山しました。笠取山は心落ち着く山でした!癒しの名山と言えるでしょう。

にほんブログ村
  1. 2014/10/20(月) 17:00:00|
  2. 笠取山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。

主に山梨県・埼玉県の山を歩いています。夏季は富士山やアルプス中心に歩いていく予定です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (5)
富士宮ルート (3)
吉田ルート (1)
宝永山 (1)
南アルプス・周辺の山 (7)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
櫛形山 (1)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳・周辺の山 (3)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
茅ヶ岳 (1)
上越国境 (5)
谷川岳 (5)
奥秩父 (18)
雲取山 (8)
飛龍山 (0)
唐松尾山 (0)
笠取山 (2)
雁坂嶺 (0)
甲武信ヶ岳 (1)
金峰山 (2)
瑞牆山 (1)
乾徳山 (1)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
秩父 (7)
和名倉山 (1)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
四阿屋山 (2)
釜ノ沢五峰 (1)
甲府周辺 (1)
棚山 (1)
御坂 (11)
毛無山 (1)
竜ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
鬼ヶ岳 (1)
十二ヶ岳 (2)
御坂黒岳 (1)
三ツ峠山 (2)
杓子山 (1)
石割山 (1)
菰釣山 (0)
大菩薩・山梨東部 (10)
大菩薩嶺 (2)
黒川鶏冠山 (1)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
滝子山 (1)
岩殿山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
倉岳山 (1)
奥武蔵・北秩父・外秩父 (18)
棒ノ峰 (1)
武甲山 (1)
大持山 (2)
武川岳・二子山 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
天覚山・大高山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
宝登山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩 (42)
長沢背稜 (0)
都県界尾根 (3)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
本仁田山 (1)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾 (8)
高尾山 (6)
陣馬山 (2)
東丹沢 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢 (1)
檜洞丸 (1)
常陸 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
2017年回想 (1)
未分類 (33)

検索フォーム

<

この人とブロともになる