ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

檜洞丸~突然の雷雨にビックリ!

檜洞丸 001
2015年7月末に西丹沢の檜洞丸に行って来ました。
シロヤシオの花期の日祝日は登山渋滞のできる程の人気の山ですが、夏は登る人も少なく静かな山歩きが楽しめる山です。

本日のルート
西丹沢自然教室⇒ゴーラ沢出合⇒展望園地⇒檜洞丸⇒展望園地⇒ゴーラ沢出合⇒西丹沢自然教室
※最初の計画では復路は『檜洞丸⇒犬越路⇒用木沢出合⇒西丹沢自然教室』の予定でしたが、2015年7月末現在犬越路~用木沢出合の落石の危険が高く登山自粛となっています。

7:15 西丹沢自然教室に到着
トイレ・更衣室・登山ポスト・駐車場・自販機あり

檜洞丸 002
西丹沢自然教室の隣にあるウエルキャンプ場付近から見える石棚山。
※キャンプ場を通って河原沿いに登るコースもあります。

檜洞丸 003
つつじ新道登山口付近で振り返ると見える権現山

檜洞丸 004
7:45 登山口
登山口から沢沿い20m位進んだ場所に九十九折の正規ルート入口がありますが、他にも斜面を直登する多数の踏み跡があります。自分は斜面を真っ直ぐに登る踏み跡をトレースしましたが、この踏み跡最初はちょっと急だなと感じる程度ですが最後は滑り台のようなズルズル斜面です。

檜洞丸 006
斜面の途中にタマゴタケ。

檜洞丸 007
何ヶ所も桟橋が架けられています。

檜洞丸 008
陽がさしてきて雰囲気の良くなってきましたが、とにかく暑い!夏場の登山者が少ないわけです。
ゴーラ沢出合までの1時間で2回もザックを降ろして小休止をとりました。
全身びしょ濡れです。速乾Tシャツは表面は乾いていますが繊維内に水分が残るので着心地がよくありません。無風の低山ならば木綿のシャツを何回も着替えた方が良いかもしれません。

檜洞丸 009
樹林の合間から見える青空に夏を感じます。

檜洞丸 012
8:50 ゴーラ沢出合に到着

檜洞丸 013
清流の流れるきれいな河原なのですが、ビジターセンターのHPでは大雨の後は急速に川幅いっぱいに増水し渡渉不可能になるとの事です。
『草が生えていない=頻繁に水没している』確か過去大量遭難のあった玄倉川の源流は、この沢の源流と同一の檜洞丸ですから。

檜洞丸 014
清らかな流れで顔を洗うと暑さもやわらぎます。

檜洞丸 016
沢を渡ると階段があります。階段脇に『ここから本格的な登山道です。体力に自信の無い方はここで引き返して下さい。』の掲示板があります。

檜洞丸 017
階段から先しばらく鎖場・岩場・ヤセ尾根です。

檜洞丸 018


檜洞丸 020
9:50 展望園地到着
富士山の見えるポイントですが、いつの間にか山霧がたちこめ富士山は見えませんでした。
ここで青ヶ岳山荘の荷揚げの方としばし歓談しました。
檜洞丸 021


檜洞丸 023


檜洞丸 025


檜洞丸 029


檜洞丸 031


檜洞丸 030
このあたりはシロヤシオやツツジの咲き乱れる場所のようです。花の時期に歩いてみたいですね!

檜洞丸 032
11:10 箒沢公園からの登山道と合流

檜洞丸 034
バイケイソウ群落地の木道。今はマルバタケブキが茂っています。

檜洞丸 035
有名なシナノキ

檜洞丸 036


檜洞丸 037
山霧たちこめる檜洞丸らしい景色です。

檜洞丸 038
11:25 山頂到着

休憩中遠くで雷鳴が聞こえ始めると、自分も含め山頂にいた5人の登山者が一斉に下山開始。
展望園地まで降りると雷がだいぶ近づいてきました。雨が降って増水する前にゴーラ沢を渡らなくては!
13:30 ゴーラ沢出合に到着。河原を突破し樹林帯に逃げ込むと同時に土砂降りになりました。台風関連の大雨で飽水状態になっているので、いたるところから水が湧きだし数分で登山道は川になりました。

檜洞丸 042
登山口までの最後の20m区間は沢沿いです。朝はちょろちょ流れの沢も雨が降り出してから30分で急激に水量が増えています。

檜洞丸 041
14:00 無事下山。山に一礼 道路の側溝が溢れて水を吹いています。
※ゴーラ沢出合から登山口まで、標準タイム40分を25分で降りました。ビビり過ぎですね(笑)

檜洞丸 043
7月末現在、山が飽水状態のため雨が止んでからも増水し続けます。西丹沢の山々はしばらく雨に注意ですね。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/08/02(日) 18:00:00|
  2. 檜洞丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員

夢は南アルプスの見える山村に移住して半農生活。

主に東京・埼玉・山梨の山を登っています。
山でお会いできたら嬉しいです!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (2)
須山口登山道&宝永山 (1)
吉田口登山道 (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
奥秩父山系 (6)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (8)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (4)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (29)

検索フォーム

<

この人とブロともになる