ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷川岳 谷川岳ベースプラザ~一ノ倉岳ピストン

谷川岳 032
2017年9月29日(金)谷川岳に行ってきました。

ルート&タイム
【3:00】自宅⇒【5:30】谷川岳ベースプラザ⇒【5:55】スタート⇒登山指導センターで登山届提出⇒【6:05】西黒尾根登山口⇒【6:25】鉄塔⇒【7:35】小平地⇒【8:25】ラクダの背⇒【10:00】トマノ耳⇒【10:20】オキノ耳⇒【10:50】富士浅間神社⇒【11:08】ノゾキ⇒【11:40】一ノ倉岳山頂⇒休憩⇒【12:35】ノゾキ⇒【13:00】オキノ耳⇒【13:15】トマノ耳⇒【13:20】肩の小屋⇒休憩⇒【13:40】天神ザンゲ岩⇒【14:00】天狗の溜り場⇒【14:20】熊穴沢避難小屋⇒【14:45】田尻尾根分岐⇒【15:30】田尻尾根登山口⇒【16:00】谷川岳ベースプラザ⇒休憩⇒【20:00】自宅

DSCN3160.jpg
谷川岳ベースプラザ5:55出発 気温6℃

DSCN3161.jpg
登山届提出のため登山指導センターに向かいます。

DSCN3162.jpg
指導センターすぐ先に西黒尾根登山口があります。3名登山者がいましたので挨拶をし入山。

DSCN3165.jpg
水場(登山口から10分)
ちょうどフリースを脱ぎたかったのでラッキーでした。西黒尾根は狭い上に急傾斜でザックを置ける場所少ないです。登山口から山頂までザックが置ける場所は、この水場を含め3~4ヶ所位しかありません。

DSCN3166.jpg
鉄塔(水場から10分)
登り出しから20分の区間に2ヶ所もザックを置ける場所があるのは便利ですね!よく考えられた登山道です。

DSCN3167.jpg
TV番組でも良く見る有名な木ですね!

谷川岳 018
休憩できる小平地(鉄塔から1時間10分)
以降は森林限界地点までは平地はありません。

谷川岳 019
森林限界の岩場(小平地から30分)

谷川岳 022
谷川岳ベースプラザ方面

谷川岳 020
天神平方面

今日は素晴らしい青空に恵まれました♪

谷川岳 029
ここから岩場の連続です。
見た目は急ですが手がかり足がかりが豊富で鎖は降り用の感じです。また高度感も無いので山慣れした方なら楽しめる場所です。

谷川岳 031
岩場に入ってから先行者に追いつき始め、岩の下での待機も発生し始めます。

谷川岳 032
山頂部が近づいてきました。

谷川岳 036
フデリンドウの一種が咲いていました。

谷川岳 040
この岩場で蛇と遭遇!岩を掴もうとした際に意思に反して急に手が止まりました?前を見ると50cm位の銀色で黒い筋が数本入った蛇が岩の隙間に逃げる姿が・・・・無意識で危険を察知たのですね。山を歩くようになってから危険察知能力が高まった気がします。

谷川岳 041
岩場の連続。

谷川岳 047
ラクダの背(森林限界の岩場から40分)

谷川岳 056
岩場が続きます。

谷川岳 062
ザンゲ岩の手前でようやく傾斜が緩みました。

谷川岳 070
氷河に削られた跡のある巨大な一枚岩。

谷川岳 073
ザンゲ岩

谷川岳 086
天神尾根ルート合流地点(ラクダの背から1時間30分)

谷川岳 087
肩の小屋が下に見えます。

谷川岳 088
新潟県側は紅葉が始まっていました。

谷川岳 090
トマノ耳に到着

谷川岳 098
トマノ耳とオキノ耳の間も紅葉の盛りです。

谷川岳 100
オキノ耳

谷川岳 103
一ノ倉岳に向かいます。前方の鳥居は富士浅間神社奥ノ院です。

谷川岳 110
一ノ倉岳が近づいてきます。

谷川岳 118
紅葉のトンネルを通過します。

谷川岳 120
先程まで歩いていた尾根を振り返ります。群馬県側は切り立った崖。

谷川岳 121
一ノ倉岳避難小屋

谷川岳 123
一ノ倉岳山頂到着(オキノ耳からのんびり歩いて1時間20分)
マットを敷いて暫しお昼寝♪
[広告] VPS

すばらしい好天により360度の展望が楽しめました。しかしながら紅葉からも感じとれるように、2017年の夏は終わりました・・・・

ところで夏の終わりを歌う歌は多いですよね!【夏の終わりのハーモニー】【さよなら夏の日】【かたちあるもの】etc・・・・
自分は、谷川の秋は【かたちあるもの】が似合っていると思っています。
『泣きたい時や苦しい時は私を思い出してくれればいい・・・寄り添える場所遠い夏の日温もり生きる喜び全ての心に・・・』
谷川の一瞬の夏の日を彩る高山植物と短い秋を彩る紅葉、その後に訪れる厳しい冬の世界・・・やがて永遠に続くかと思われる冬も生命感あふれる春に主役の座を譲ります。朝の来ない夜は無い!今の苦しみは一時の事、だから苦しい時は楽しかった時思い出して希望という名のエネルギーを心に抱いて頑張ろう!と解釈しています。

谷川岳 131
一ノ倉岳を12:20出発。天神平に向かいます。 西側の雄大な景色を眺めながら歩きます。

谷川岳 141
紅葉越しに万太郎山方面を撮影。奥のピークが万太郎山かな?

谷川岳 149
トマノ耳(一ノ倉岳からのんびり歩いて60分)
午後でも賑やかな山頂です。

谷川岳 150
肩の小屋 コーラを飲みました。山の上で飲む炭酸飲料は美味い!

谷川岳 151
天神平方面に下ります。コース途中で座り込んでいる人が多数いらっしゃいます。
※天神平から登るとこの辺りで足の疲れが出ます。

谷川岳 156
熊穴沢避難小屋(肩の小屋から60分)

谷川岳 158
田尻尾根分岐(熊穴沢避難小屋から25分)


谷川岳 159
今はあまり歩かれていない旧道のようです。昔の人はこの道を使って信州に行ったのかな?と想像しながら下ります。

谷川岳 160
田尻尾根入口(田尻尾根分岐から45分) あとはロープウエイの下の林道を下ります。

谷川岳 161
頭上をロープウエイが行き来しています。

谷川岳 164
国道291号(清水街道)田尻尾根登山口標識の場所に無事下山。(行動時間は休憩込10時間です。)

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2017/10/08(日) 17:00:00|
  2. 谷川岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

SUPER feetインソール

インソール 001
今年7月あたりから登山靴から違和感を感じていました。
コースタイムで歩くことはできるのですが、終盤で初級者のようにズルッと滑ったりして体力落ちたのか・・・?とも思いました。
先日急登で知られる西黒尾根を登った際に違和感の原因を確信いたしました。インソールの寿命が尽きたのです!

いろいろ調べてSUPER feetに決定しました。
ネット上の評判は良いので楽しみです。
写真は自分で先端をカットした後なのでちょっと不細工ですが・・・
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2017/10/05(木) 22:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷川岳 H29年9月29日 紅葉情報

谷川岳 032
2017年9月29日(金)谷川岳に登らせていただきました。
西黒尾根ラクダのコブ(標高1516m)付近にて撮影

ルートは、谷川岳ベースプラザ⇒西黒尾根⇒谷川岳⇒一ノ倉岳⇒谷川岳⇒天神尾根⇒田尻尾根⇒谷川岳ベースプラザです。
タイムスケジュールや写真は後日改めてアップいたします。

9月29日現在、トマの耳から一ノ倉岳の新潟県側斜面は紅葉の盛りです。群馬県側も間もなく紅葉が楽しめます♪

谷川岳 095
トマノ耳~オキノ耳の紅葉

谷川岳 141
オキノ耳~一ノ倉岳の間にて、紅葉とオジカ沢ノ頭

谷川岳 118
一ノ倉岳登山道の紅葉(黄葉)のトンネル?

平地では、つい最近まで夏日があったのに山はすでに秋の装いです。季節の移ろいの速さに驚かされます!
さよなら夏の日いつまでも忘れないよ・・・さよなら夏の日僕らは大人になっていくよ・・・

本年最初の紅葉を楽しませていただきました♪
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
続きを読む
  1. 2017/09/29(金) 21:35:00|
  2. 谷川岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士山 富士の風は強かった。

富士山 056
【4:30】砂走館前 強風が吹いていたものの、この時点ではご来光は見られそうでした。
日の出が近付くにつれ更に風が強まり雲が吹き下ろされ、ついに白い世界になってしまい御来光は拝めませんでした・・・

富士山 058
5:30に砂走館を出て山頂を目指しますが20分程登ったところで山頂は諦めました。
体が浮くような突風が時々吹き抜けこれ以上の登山は危険と判断。


富士山 059
【6:10】七合五勺(標高3210) わらじ館


富士山 060
雲海も波立っているように見えます。
[広告] VPS


富士山 063
絵のような景色です。


DSCN3116.jpg
二ツ塚も遥か下に見えます。


DSCN3117.jpg
【6:10】七合目(標高3070) 日の出館(現在休業中)


DSCN3120.jpg
【6:35】下り六合(標高2830) 御殿場ルートの登り下りの合流点です。


DSCN3121.jpg
宝永山と馬の背
宝永山に立ち寄ろうと思いましたが強風で馬の背にすら近づけません。諦めて大砂走りを下りる事にしました。


富士山 070
大砂走り
[広告] VPS

カメラを持って静止できません。

DSCN3126.jpg
風+急傾斜で今回駆け下りるどころではありませんでした。何人も転んでいました。


DSCN3127.jpg
並行する御殿場登りルートを眺めると多くの方が下山していました。この強風が吹き下ろす状況では登るのは無理でしょう。


DSCN3129.jpg
このまま下りると御殿場口に行ってしまうので、大砂走り二合八勺から進路を南に変更します。


富士山 078
砂漠のような場所を歩きます。


DSCN3133.jpg
このような標柱がポイント毎に立っているので迷う心配はありません。
※ただし晴れの日の日中のみ。濃霧の際や夜間は通行しないほうが良さそうです。


DSCN3135.jpg
二ツ塚の上塚の横を通ります。 美しい形の丘です。


DSCN3137.jpg
【8:10】二合四辻


DSCN3138.jpg
山頂を振り返ると笠雲がかかっています。風が強いわけです。


DSCN3143.jpg
【8:40】一合五勺


DSCN3144.jpg
富士の裾野の樹林帯の遊歩道に入ります。歩く人も少ないのか道も草に覆われています。樹木の銘板もすっかり色褪せており廃れ行く道のようでした。このまま歩くと千と千尋の神隠しの神様の国にいけるかもなんて期待します。(笑)


DSCN3146.jpg
【9:00】南山休憩所 ベンチも朽ち果て座れません、やがては東屋も崩れてしまうのでしょう・・・


DSCN3148.jpg
廃れいくにはもったいない美しい遊歩道です。


DSCN3149.jpg
【9:15】一合五勺(標高1620) 須山口登山道に戻りました。あと45分歩けば水ヶ塚駐車場です。そういえば昨日ここでザックを降ろしておにぎり食べました。そんな事を思い出しながら長かったようで短かった1泊2日の富士登山の余韻を楽しみました。
須山口に向かってのんびり歩いていると、昨日とはうって変わって多数の登山者とすれ違います。男性ソロ2名、女性ソロ1名、5~6人パーティ2組とすれ違いました。みなさん1合目から山頂狙いだそうです。須山口密かに人気上昇中♪


DSCN3152.jpg
【10:00】須山口一合目(標高1450) 登山道入口 
無事下山ヽ(^o^)丿次はお鉢巡りと御来光だ!!

これから登られる方のために自分が失敗したなと思った事を書きます。

①頂上に登ってから七合五勺の小屋に戻りましたが、先に小屋に寄って荷物を預けてから登ればもっと行動の自由度が増えてお鉢巡りも可能でした。

②御来光混雑を避けるため朝食後の出発を申告したところ寝床が小屋の奥の二階になりとても不便でした。山頂での御来光登山を申告していれば一階の寝床になったかもしれません。

③富士の小屋はギュウギュウに押し込むのは有名です。実際両隣の方と肩が触れ合いよく眠れません。
ベストは、夕食前みなさんが外で景色を見ている時に仮眠。また狭い寝床で朝まで寝ているとかえって疲れるので、深夜から早朝にサッサと出発です。星空がきれいですよ♪※砂走館は御来光見物後戻ってから朝食がとれるので便利です。

参考になりましたでしょうか?

富士山想像以上に満足度の高い山です。是非また登ろうと思います!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 続きを読む
  1. 2017/09/04(月) 15:00:00|
  2. 富士宮ルート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士山 一合目から山頂へ

DSCN3043_201708272227469fb.jpg
水ヶ塚駐車場から見た富士山

2017年8月25日 須山ルートと富士宮ルートで富士山に登りました。
2017年夏東日本は梅雨明け後夏らしい日がありませんでした。東京も22日間連続雨が降りました。
この夏は大きな山には登れないかもと半ば諦めていましたが、たまたま休暇を申請していた8月25日は天気が良さそうだっので、急遽22日に山小屋を電話予約、その日のうちにルート計画をプリント&荷物をパッキング(防寒具や飲料3L詰め込みます。総重量約10kg)登山3日前から期待度が上がってまいりました。さらに当日、中央高速走行中に見えた登山者のヘッドランプの光の筋に彩られた巨大な富士山に期待度は最高潮に!!
 富士山煽ってくるな~(笑)

ルート&タイム
1日目
【6:00】水ヶ塚駐車場→【6:10】一合目(須)※①→【6:55】一合五勺(須)→【8:15】二合五勺(須)→【9:00】三合目(須)→【9:05】御殿庭→【10::00】山体観測装置→【10:10】第二火口縁→【10:25】第一火口縁→【10:35】六合目(富)※②→【11:20】新七合目(富)→【12:10】元祖七合目(富)→【12:45】八合目(富)→【13:40】九合目(富)→【14:20】九合五勺(富)→【14:50】富士宮口山頂(富士山本宮浅間大社奥宮)→【16:30】七合五勺(砂走館)(御)※③
2日目
【5:45】砂走館→【6:10】七合目(御)→【6:35】下り六合目(砂)※④→【7:20】旧二合五勺(砂)→【8:10】二合四辻(須下)※⑤→【8:40】一合五勺(須下)→【9:15】一合五勺(須)→【9:55】一合目(須)→水ヶ塚駐車場
※①(須)=須山口登山歩道 
※②(富)=富士宮口登山道 
※③(御)=御殿場口登山道 
※④(砂)=大砂走 
※⑤(須下)=須山口下山歩道


DSCN3044.jpg
【6:10】須山口登山歩道入口(標高1450) 水ヶ塚駐車場から富士山スカイラインを渡ってすぐです。
駐車場を振り返ると定刻前なのにバスが発車しています。アナウンスによると満席になるとすぐ発車し臨時もどんどん走らせているとの事。サービス良いですね、日帰り登山の際はぜひバスに乗ろうと思いました。


DSCN3046.jpg
【6:55】一合五勺(標高1620) 時折小鳥のさえずりが聞こえるだけの静かな森です。ザックを下ろしてしばしの休憩、心安らぎます。


DSCN3048.jpg
二合目手前にお花畑がありました。


DSCN3053.jpg
【8:15】二合五勺(標高2000) 御殿庭下 ここまで一人も登山者を見かけません。
休憩中下からランナーが駆け上がってきました、本日の第一山人です(笑) 


DSCN3054.jpg
【9:00】三合目(標高2160) 御殿庭中 ここでメインルートから御殿庭に向かう倒木の多い小道にはいります。


DSCN3059.jpg
【9:05】御殿庭 富士山と宝永山がはっきり見えます!メインルートから外れているので歩く人は少ないようですが景色が良い場所です。ここは宝永第三火口です。


DSCN3062_20170828114824942.jpg
イタドリ・キオン・フジアザミの花々が咲き乱れていました。お花好きの方におすすめ!


DSCN3065.jpg
もと来た道には戻らず第三火口壁につけられた道を登ります。ルートタイムを見るとメインルートより15分余計にかかりますが、こちらの方が景観も良く勾配が緩くて楽です。自分は次回もこの道を使います。


DSCN3069.jpg
第三火口縁を登りきると宝永第二火口が見下ろせます。
ここでご夫婦らしい登山者と会いました第二山人です。お二人は御殿場口駐車場⇒二ツ塚⇒御殿庭⇒宝永山⇒大砂走り⇒御殿場口駐車場の日帰りだそうです。広大な景色を楽しめる良いコースだと思います。

DSCN3071.jpg
【10:00】山体観測装置付近(標高2320)


DSCN3072.jpg
【10:10】第二火口縁(標高2340)


DSCN3073.jpg
【10:35】第一火口縁(標高2400) 今回は宝永山に向かわず富士宮ルートに向かいます。


DSCN3075.jpg
富士宮六合目手前で富士の短い夏を彩る花々と出会う。また富士宮ルートに入ると一気に登山者が増えました。須山一合目から富士宮ルート合流点まで3人しか会わなかったのが嘘のようです。


DSCN3077.jpg
【11:20】新七合目(標高2780) 御来光山荘


富士山 034
【12:10】元祖七合目(標高3010) 今年初めての三千です♪


富士山 035
三千を超えるとみなさん歩みが遅くなります。立ち休みする方も多くなっています。


富士山 036
大人が休み休み登っている中、登山道の真ん中に座り込んでいる少年はピョンピョンとウサギのように軽やかに大人を抜いていきます。自分も数回抜かれました。本当にウサギのような少年でした、しばらくピョンピョン駆け上ると座り込んで大人たちに抜き返される、まるで『ウサギとカメ』を地でいっているようです。(笑)
上に見える建物は山の診療所です。


富士山 038
【12:45】八合目(標高3250) 池田館 ここで以前TVで見た富士山登頂記録保持者の實川さんにお会いしました。『TV見ましたよこれからも頑張って下さい♪』と声をかけました。


富士山 039
八合目上に硬貨の刺さった鳥居


富士山 041
【13:45】九合目(標高3460) 万年雪荘 


富士山 043
【14:20】九合五勺(標高3590) 胸突山荘 山頂も近くに見えます。あと130mなのですが、八合目以降は見えている場所が遠く感じます。


富士山 047
【14:50】富士宮口山頂(標高3720) 富士山本宮浅間神社奥宮 神主さんも常駐しています。一合目から休憩込で9時間弱かかりました。

富士山 050
噴火口


富士山 045
左上が日本最高所剣ヶ峰(標高3775.5)あと30m強です。しばらく登ろうか考えていましたが、明日も山頂に登る予定だったので明日の楽しみにとっておこうと山頂を去ります。後でこの事により後悔が残ってしまいました。
山の天気は気まぐれ登れるときは登れですね。


富士山 054
【16:30】七合五勺(標高3210) 砂走館 いったん510mほど下山し明日のご来光とお鉢巡りのために宿で体を休めます。ベンチで持ってきた本を読みながら暮れゆく1日を楽しみました。
下山編は後日アップいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2017/08/28(月) 21:00:00|
  2. 富士宮ルート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (5)
富士宮ルート (3)
須山ルート (1)
吉田ルート (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (5)
谷川岳 (5)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (31)

月別アーカイブ

検索フォーム

<

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。