FC2ブログ

ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

伊佐 九三四郎さん

DSC_0084.jpg

スマホに定期的に配信される『週刊ヤマケイ』を閲覧していると、伊佐 九三四郎先生の著書が紹介されていました。
どこかで見たことあるお名前だなと思い本棚を見ると、数年前古本屋で購入したガイドブックが、伊佐 九三四郎先生の著書でした。

この本を購入した2012年当時はまだ山歩きはしていませんでしたが、古本屋の書棚でなぜか目について思わず購入しました。
読んでいるうちに山に登ってみたくなり、この本を手にもって川苔山に登ったのが最初でしょうか?
初版2000年、自分の本は第三版2002年で、当時でも発行から約10年経過しており今考えると、ガイドブックとしては、かなり古い感じでしたが、怖い物知らずというか、地図も持たずにこの本を地図代わりに奥多摩の山に登りました。

先生にお会いしたことはありませんが、自分の山歩きの原点の著書でした!改めて感謝と御礼申し上げます。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2018/10/19(金) 06:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山 吉田一合目から山頂往復

富士山 088
8月17日~18日にかけご来光登山しました。今年二回目の富士登山となります。

富士山 001
帰路の交通渋滞回避のため電車で登山です。

富士山 002
富士山駅 

富士山 003
富士山駅から数分で金鳥居(かなとりい)です。かつて吉田登山道からの登拝者が最初に通過する鳥居で、一の鳥居とも言われております。金鳥居に一礼して登山開始です。
吉田の火祭りの準備中で歩道各所に大松明を設置していました。

富士山 004
金鳥居をくぐり、北口本宮富士浅間神社に向かいます。この通り沿いにはかつて富士登拝の拠点御師住宅が多数あり大変賑わっていたようです。昔の人もこの景色を眺めながら歩いた事でしょう。

富士山 119
駅から徒歩20分で吉田ルート起点(0合目)の北口本宮富士浅間神社に到着です。

富士山 113
登山の安全祈願をしました。

富士山 007
馬返しの鳥居
浅間神社から馬返しまではバス利用です。最近は0合目から富士山山頂という登山スタイルも好まれ富士山駅から馬返しまで歩く方も多いです。  
鳥居のそばの明治大学山岳部合宿所で地元ボランティアの方が無料休憩所をあけています。休憩所でボランティアの方や数名の登山者と楽しいひと時を過ごしました。

富士山 008
一合目

富士山 011
二合目

富士山 014
三合目付近

富士山 018
四合目付近

富士山 055
五合目

富士山 040
五合目から河口湖方面

富士山 041
五合目から山中湖方面

富士山 048
五合目から山頂部

富士山 044
スバルライン五合目は賑わっていました。

富士山 046
スバルライン五合目の小御嶽神社に参拝
本日は、ここ五合目で16時に夕食、その後仮眠して22時出発です。

富士山 061
五合目から見る河口湖の夜景

富士山 062
同じく秦野・平塚方面の夜景

富士山 065
23:00 六合目に到着。以降日の出まで真っ暗な写真ばかりなので文字にて通過タイムをご案内いたします。

0:05(七合目)日の出館⇒0:16トモエ館⇒0:30鎌岩館⇒1:00鳥居荘⇒1:10東洋館⇒1:50(八合目)太子館⇒2:05八合目救護所⇒2:10蓬莱館⇒2:40元祖室⇒4:00(八合五勺)御来光館⇒5:20久須志神社
※深夜の登山は景色が見えず、まるで延々と続く苦行のようです。(笑)

富士山 084
4:00 八合五勺(標高3450m)を過ぎると東の水平線が明るくなってきました。

富士山 085
ところがこの渋滞で前に進めません。あと山頂まで標高差300m未満ですが山頂での御来光は無理そうです。

富士山 086
4:49 山頂での御来光を諦めその場で立ち止まる方も増えますます進みません。

富士山 087
4:55 自分も山頂下150mで御来光を迎えました。

富士山 088
4:58 明けましておめでとうございます?・・・(笑)

富士山 089
振り返ると赤富士の中に包まれています。今までの寒さが嘘のように太陽の光の暖かさを感じました。

富士山 090
5:22 山頂
※山頂下150mで御来光待機したので、八合五勺から山頂までの300m登るのに1時間20分かかりました。

富士山 094
山頂の気温は零度ちかくでつららもみられました。

富士山 097
6:10 下山開始

富士山 098
雄大な景色を眺めながら下ります。

富士山 100
9:05 五合目付近

富士山 105
11:45 馬返し 昨日ここをスタートしたのが9:45だったので休憩込26時間でした。(五合目休憩10時間なので歩行時間は16時間)
富士山駅行バスが13:15発なので、無料休憩所で1時間ほどボランティアの方や登山者と談笑しました。
その後、富士山駅から徒歩20分の銭湯で汗を流しホリデー快速で帰宅しました。長いようで短かった1日でした。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

  1. 2018/08/21(火) 21:30:00|
  2. 吉田ルート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富士山 8月なのにつらら!

富士山 093
8月17日~18日にかけ、一度参加してみたかった御来光登山しました。
尚当日は山頂ではつららがみられました。気温も氷点下+最大風速15m以上で一足先に冬山を感じました。
※今の富士山山頂では、低山の厳冬期装備とホッカイロは必須です。

富士山 085
この日も千人位の人が初詣のような寒さの中頂上目指していました。自分も参加しました。
富士山では7月初旬~9月上旬まで毎日このような初詣登山のような光景が繰り返されています。

富士山 091
18日はこの程度でしたが、土日祝日は前の山が人で埋め尽くされるそうです。

まずは富士山の寒さをお伝えします。富士登山の際は冬装備を忘れずに!
登山記録は後日アップします。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


  1. 2018/08/18(土) 21:00:00|
  2. 吉田ルート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富士山 富士宮五合目から剣ヶ峰

富士山 040
富士山剣ヶ峰に日帰りで登ってきました。

本日のルート&タイム
【4:00】水ヶ塚駐車場(1450m)⇒【5:00】登山バス乗車⇒【5:30】富士宮口五合目(2400m)⇒【6:00】六合目(2490m)⇒【6:50】新七合目(2780m)⇒【7:45】元祖七合目(3010m)⇒【8:30】八合目(3250m)⇒【9:05】九合目(3460m)⇒【9:35】九合五勺(3590m)⇒【10:10】富士宮ルート山頂(3720m)⇒【10:30】剣ヶ峰(3776m)⇒【11:40】間違って吉田ルート下山⇒【12:10】本八合目から引き返す(3400m)⇒【13:00】吉田ルート山頂(3710m)⇒【13:10】御殿場ルート下山⇒【15:05】御殿場ルート六合目⇒【15:20】宝永第一火口⇒【16:00】六合目(2490m)⇒【16:20】富士宮口五合目(2400m)⇒【17:00】下山バス乗車⇒【17:30】水ヶ塚駐車場(1450m)
単純標高差1376m、累積標高差 ↗1686m ↘1686m

富士山 001
水ヶ塚駐車場から見上げる夜明け前の富士♪

富士山 005
本日は五合目までバス利用です。
バス停にて日の出を迎えました。

富士山 007
富士宮五合目バス停にて、影富士を見る。

富士山 008
最近の酷暑が嘘のような心地よい気温です♪
※富士山頂は8月でも、天候によっては氷点下になるので防寒具は必須です。

富士山 009
一礼して入山

富士山 019
雲海

富士山 021
少々きつめの傾斜です。

富士山 023
八合目下の岩場あたりから、山頂でご来光を迎えた方々とのすれ違いが増えます。

富士山 033
富士山本宮浅間大社奥宮に参拝しました。

富士山 035
日本最高峰剣ヶ峰が見えます♪

富士山 040
初めて標高3776mに立ちました。本日は無風で最高に良い条件でした。

富士山 039
三角点

富士山 038
気象観測所 白いレーダードームは麓に降ろしてあります。

富士山 042朝日岳・駒ケ岳・三島岳
振り返ると左から、朝日岳・駒ケ岳・三島岳が見えます。

富士山 043白山岳
左前を見ると白山岳。

富士山 045成就岳・伊豆岳・朝日岳
左から久須志岳~成就岳~伊豆岳~朝日岳、手前の大きな火口は大内院噴火口です。
※成就岳は御来光見物スポットとして人気です。

富士山 049
お鉢巡りルートでは火口底にも降りられます。

富士山 055
広々とした火口底です。火口底を歩きながら今水蒸気爆発があったらやばいなと考えてしまいました。

富士山 060雷岩・小内院
火口底から見た雷岩と小内院噴火口です。

富士山 067


富士山 068


富士山 061久須志神社
吉田ルート頂上の久須志神社です。

富士山 063
吉田ルート山頂は富士山銀座と呼ばれています、日本最高所の銀座です。
ちなみに、外人ぽい人に『どこから来ました?』と聞いてみると、中国、韓国、アメリカ、フランス、インドの人がいました。
また水ヶ塚駐車場の車のナンバーを見ると、品川・世田谷・杉並・八王子・豊橋・豊田・岡崎・なにわ・泉が多かったです。
九州・四国・東北・北海道のナンバーは見れれませんでした。

富士山 065
銀座と言われるだけに混雑してます。日の出の時刻頃は大変な混雑らしいです。

この後痛恨の道迷いをしでかしました・・・・御殿場ルートを降りるつもりが、須走ルートを降りてしまいました・・・、

富士山 069
須走八合目から300m登り返して再び山頂へ(笑)
御殿場ルート下山口から再下山しました。

富士山 071
下山途中に立ち寄った宝永山。
16:20富士宮口五合目バス停到着。

とりあえず昨年の忘れ物は取りにいけました♪次回の富士は吉田の一合目から剣ヶ峰に登りたいですね!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

  1. 2018/08/09(木) 06:30:00|
  2. 富士宮ルート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

櫛形山 森と花に癒されました♪

櫛形山 070
2018年6月下旬櫛形山に行ってまいりました。
上の写真は裸山付近植生保護エリアのアヤメの群生。

ルート
県民の森P(標高890)⇒中尾根登山道⇒祠頭⇒櫛形山山頂(標高2051)⇒裸山(標高2002)⇒アヤメ平⇒北尾根登山道⇒県民の森P
スタートとゴールが一緒でマイカー登山向けです。また単純標高差1161m&歩行時間約8時間と日帰り登山向きでもありますが・・・・登り一辺倒でずいぶん汗をかかされました。(笑)


櫛形山 001
登山口は、駐車場の横にあるウッドヴィレッジ北伊奈ヶ湖(※写真の建物)の、右にあります。

櫛形山 002
中尾根登山道の道標あります。

櫛形山 011
トリアショウマ

櫛形山 013
コアジサイ

櫛形山 017
標高1450mで櫛形山林道と交差します。
登山口からここまでは単調な植林ですが、ここより上は櫛形山の見せ場でもある自然林が始まります♪

櫛形山 023
このような巨木が多い山です。晴天よりガスの方が良い雰囲気です。

櫛形山 028
クサタチバナ

櫛形山 029
フタリシズカ

櫛形山 030
祠頭周辺になると草原というか芝生の広場に場面が変わります。
※鹿の食害でしょうか?

櫛形山 034
祠頭には、ほこら小屋あります。

櫛形山 035
ほこら小屋の水場、冷たく柔らかくて美味しい水です。パイプ直上から湧いているので安心。
※飲んだ感じは甘い水です。これで飯炊いたら美味いでしょうね。

櫛形山 045
一面緑の世界に癒されます。

櫛形山 051
櫛形山山頂
山頂は池ノ茶屋林道終点から登って来た人と合わさるのでやや混雑します。
※池ノ茶屋林道終点から周遊ルートが整備されているので登山者多いです。ただ中尾根・北尾根には登山者いません。

櫛形山 059
裸山手前でカモシカと遭遇

櫛形山 061
裸山でお目当てのアヤメ!
満開には少し早かったようですが満足

櫛形山 063
櫛形山の図

櫛形山 069
裸山山頂 富士山と北岳の方角が示してありますが、ガスでどちらも見えません。

櫛形山 072
ヤマオダマキ

櫛形山 076
アヤメ平に向かう途中は、美しい原生林です。

櫛形山 077
緑一色のこの風景は、正に櫛形山の見せ場と言えるでしょう。

櫛形山 083
アヤメ平入口

櫛形山 086
遊歩道があります。

櫛形山 088
ウマノアシガタ

櫛形山 089
エビネ

櫛形山 090
ハクサンフウロ

櫛形山 092
アヤメ

櫛形山 096
アヤメ平ではアヤメは殆ど見られませんが、ヤマオダマキやハクサンフウロなどの花を楽しめます。

櫛形山 097
サルオガセが見事です。

櫛形山 103
アヤメ平を後にして北尾根登山道を下ります。
鹿柵の外はきれいに食べられまるで芝生です。

櫛形山 107
北尾根登山道途中で二本足に遭遇(笑)
※北尾根登山道は、傾斜も緩く穏やかで下山路向きです。

櫛形山 117
途中櫛形山林道を横切る場所に展望台とトイレあります。
ここまで降りてやっと晴れました。(笑)

櫛形山 118
本日山中はガスでしたが、逆に櫛形山の見せ場である自然林を楽しめました。
 富士山もいよいよ山開きですね。今年の夏は去年の忘れ物を取りに行きたいですね♪

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2018/07/01(日) 12:00:00|
  2. 櫛形山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。

主に山梨県・埼玉県の山を歩いています。夏季は富士山やアルプス中心に歩いていく予定です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (8)
富士宮ルート (4)
吉田ルート (3)
宝永山 (1)
南アルプス・周辺の山 (7)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
櫛形山 (1)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳・周辺の山 (3)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
茅ヶ岳 (1)
上越国境 (5)
谷川岳 (5)
奥秩父 (18)
雲取山 (8)
飛龍山 (0)
唐松尾山 (0)
笠取山 (2)
雁坂嶺 (0)
甲武信ヶ岳 (1)
金峰山 (2)
瑞牆山 (1)
乾徳山 (1)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
秩父 (7)
和名倉山 (1)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
四阿屋山 (2)
釜ノ沢五峰 (1)
甲府周辺 (1)
棚山 (1)
御坂 (11)
毛無山 (1)
竜ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
鬼ヶ岳 (1)
十二ヶ岳 (2)
御坂黒岳 (1)
三ツ峠山 (2)
杓子山 (1)
石割山 (1)
菰釣山 (0)
大菩薩・山梨東部 (10)
大菩薩嶺 (2)
黒川鶏冠山 (1)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
滝子山 (1)
岩殿山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
倉岳山 (1)
奥武蔵・北秩父・外秩父 (18)
棒ノ峰 (1)
武甲山 (1)
大持山 (2)
武川岳・二子山 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
天覚山・大高山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
宝登山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩 (42)
長沢背稜 (0)
都県界尾根 (3)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
本仁田山 (1)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾 (8)
高尾山 (6)
陣馬山 (2)
東丹沢 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢 (1)
檜洞丸 (1)
常陸 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
2017年回想 (1)
未分類 (34)

検索フォーム

<

この人とブロともになる