ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笠取山 中島川口から周回

笠取山 076
ゴールデンウイーク後半、初夏の景色を求めて笠取山に行きました。
標高1800以上は山桜が満開でした。♪

笠取山 114
今回のコースを中島川口の案内板を使って紹介します。
※わかりやすいように、通過ポイントに①~⑫の数字を入れてみました。
①【8:00】中島川口⇒②【8:15】馬止⇒③【9:25】一休坂※休憩10分し9:35スタート⇒④【9:45】ヤブ沢⇒⑤【10:20】ヤブ沢峠⇒⑥【10:35】笠取小屋※休憩25分し11:00スタート⇒⑦【11:45】笠取山東峰山頂※5分休憩11:50スタート⇒⑧【12:00】水干⇒⑨【12:20】シラベ尾根分岐⇒⑩【12:30】黒エンジュ分岐※10分休憩12:40スタート⇒⑪【13:15】馬止⇒⑫【13:30】中島川口 

笠取山 001
【8:00】中島川口 一礼して入山
※登山口に1台分、100m西に五台分の駐車スペースあります。更に西に200m行けば10台分のスペースがあります。

笠取山 003
タチツボスミレ満開です。

笠取山 004
【8:15】馬止

笠取山 006
キケマン

笠取山 007
シロバナノヘビイチゴ

笠取山 014
新緑の樹間から大菩薩嶺が見えます。

笠取山 019
ネコノメの一種

笠取山 028
中段歩道では、ひときわ立派なミズナラの古木がありました。

笠取山 030
板根の発達した20m超の巨木です。

笠取山 034
【9:25】一休坂分岐 この周辺は。トウゴクミツバツツジの蕾がふくらんでいます。開花は5月中旬位?

笠取山 042
爽やかな風が吹き抜ける清流沿いに登ります。

笠取山 043
【9:45】ヤブ沢

笠取山 056
ワチガイソウ

笠取山 058
【10:20】ヤブ沢峠 林業業者様の私道を笠取小屋まで歩きます。

笠取山 064


笠取山 065
【10:35】笠取小屋の前は山桜満開でした♪

笠取山 063
小屋前の広場から大菩薩嶺がよく見えます。

笠取山 068
休憩後、整備された木道をすすむと広い草原に出ます。

笠取山 069
ここも山桜満開です♪

笠取山 070


笠取山 072
多摩川・荒川・富士川分水嶺

笠取山 076
笠取山頂に向かい標高差100m直線距離400m登ります。

笠取山 077
ミツバツチグリ

笠取山 080
キバナノコマノツメ

笠取山 081
最後の急登を越えれば西山頂

笠取山 092
【11:35】西山頂

笠取山 089
南東 手前の黒い山が飛龍山と前飛龍、その奥が三頭山、さらに奥で霞んでいるのが丹沢の山々です。

笠取山 088
南 大菩薩嶺とその左肩に雁ヶ腹摺山が見えます。

笠取山 086
南 富士山の左下に三ツ峠山、右下には御坂山塊が見えます。

笠取山 084
西 雁峠の延長上には乾徳山が、その右のピークは黒金山です。

笠取山 083
西北 正面奥は国師ヶ岳

笠取山 082
北 古礼山、水晶山、雁坂嶺と標高2000m超の山が連なっています。古礼山と水晶山の間の奥に見えるのは木賊山でしょうか?

笠取山 093
シャクナゲや山ツツジはこれからですね。

笠取山 096
東山頂

笠取山 099
【12:00】水干

笠取山 101
水干から中島川口までの黒エンジュ尾根はとても穏やです。清流や展望は見られないものの距離も短く下山路としては最適です。

笠取山 103
【12:20】シラベ尾根分岐

笠取山 104
2018年5月現在、黒エンジュ分岐~山ノ神土までの迂回路は通行止め。
笠取山から山ノ神土までは稜線伝いに唐松尾山を越えていくルートを使う他ありません。

笠取山 106
【12:30】黒エンジュ分岐のベンチで休憩

笠取山 109
樹林帯に入る前に富士山を撮影しておきましょう。

笠取山 111
【13:15】馬止 あと15分で中島川口

笠取山 113
【13:30】中島川口 山に一礼して下山しました。
笠取山ほ2回目です。前回は美しい紅葉の時期でした。今回は新緑を楽しませていただきました♪シャクナゲやツツジの花はまだほんの少し先でしたが、山桜や多数の草花がみられて満足でした。清流や高原的な景色も魅力です。今度登る際は唐松尾山も含めて歩いてみたいですね。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/05/12(土) 07:15:00|
  2. 笠取山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滝子山  桜公園~南陵~滝子山~すみ沢ルート~道証地蔵~桜公園

滝子山 042
滝子山頂上手前の展望ピークから撮影

4月19日(木)滝子山を南陵から登らせていただきました。

滝子山 001
【7:15】桜公園駐車場着

滝子山 002
【7:25】南陵入口「寂ショウ庵」と書かれた壊れかけた看板が目印。
※駐車場から3分位なのですぐわかります。

滝子山 003
寂ショウ庵を横切ります。一時ルート不明瞭になりますが視線を遠方にすると何となくルートが見えてきます。

滝子山 006
目の前をリスが行き来する深い森です。足元にヒトリシズカが咲いています。

滝子山 007
【7:50】鉄塔 歩き始めて20分衣類調整に丁度良い平地です。

滝子山 011
【8:00】林道出合

滝子山 013
道路を渡ると寂ショウ尾根の看板。
※地図では南陵と表記されていますが、南陵ルートは、寂ショウ庵の方々が作ったルートのため地元では「寂ショウ尾根」と呼ばれているようです。

滝子山 026
4月下旬、南陵はミツバツツジ満開でした。

滝子山 028
【9:20】禁漁区の看板 ここから岩場が始まります。

滝子山 031
【9:22】第1岩場 20m位

滝子山 032
【9:35】第2岩場 20m位

滝子山 034
【9:40】第3岩場 50m位
※岩を巻く踏み跡もあったので一ヶ所使ってみましたが高度感があってスリル満点でした。岩を直登したほうが安全です。

滝子山 035
【9:50】岩場最上部 滑落多発の標識
黄色の矢印の方から登ってきましたが最後は斜度50度以上あったでしょうか。
下山路としてはおすすめできません。

滝子山 036
岩場最上部には、コイワカガミの葉が密生しています。5月中旬にはコイワカガミのお花畑を見る事ができそうです♪
※滝子山のコイワカガミは南陵でしかみられません。寂ショウ庵の方々は多数の方にコイワカガミを見てもらうためにルート開拓したのだろうなと思いました。

滝子山 037
【10:00】第1ピーク
※山頂までに2つのピークを越さねばなりません。どちらも急登&急降下です。

滝子山 039
【10:10】浜立山分岐

滝子山 042
【10:25】第2ピーク 富士山を眺めるなら第2ピーク展望台が良いです。

滝子山 043
【10:30】滝子山山頂 

滝子山 044
北の展望

滝子山 049
東の展望

滝子山 050
南の展望

滝子山 051
南西の展望

北西と西の景色は樹木に遮られ見えませんでした・・・・・。

山頂より少し下の南陵上部では、北西から西方向にかけ、奥秩父主脈(金峰山~甲武信ヶ岳)・南アルプス(聖岳~甲斐駒ケ岳)・八ヶ岳南部がくっきり見えました。写真撮影しておけば良かったです。・・・・・

素晴らしい景色+快晴+予定より早い到着だったので1時間も休憩しました(笑)

滝子山 055
【11:30】下山開始 最初の分岐は鎮西ヶ池方面(方位北)です。

滝子山 057
白縫神社 源為朝の奥方白縫姫を祀っています。

滝子山 056
鎮西ヶ池 笹子町には源為朝伝説があります。

滝子山 058
【11:40】大谷ヶ丸分岐は笹子駅方面(方位北西)

滝子山 059
防火帯を降ります。

滝子山 060
大谷ヶ丸が良く見えます。

滝子山 069
【12:15】すみ沢迂回路入口は迂回路方面へ(右側)

滝子山 071
【12:20】曲沢峠分岐は笹子駅方面へ(方位南)

滝子山 074
迂回路も土砂崩れの痕跡が多数あります。また倒木の幹や枝をチェーンソーでカットして通行可能にしている箇所もありました。

滝子山 075
【12:55】三丈の滝

滝子山 082
【13:20】道証地蔵 ここからは林道歩きです。

滝子山 084
【13:55】桜公園駐車場に到着  無事下山出来たので感謝をこめて山に一礼
滝子山は、大菩薩連嶺の南をしめくくる素晴らしい山でした。

追加
滝子山 083
GPS専用機を購入しました。グリーンのラインが今回の軌跡です。
小さな画面ですが縮尺は800km~5mまで調整できるので不足ありません。
GPS・グロナス・みちびきの電波をキャッチするので空さえあいていれば誤差2m以内の優れものです。
GPSは山行の際はとても頼りになりますが、電池が切れたらお終いなので過信せずに利用します。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2018/04/20(金) 22:00:00|
  2. 滝子山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長瀞アルプス 上長瀞駅~野上駅~宝登山~長瀞駅~上長瀞駅

宝登山 023
春の長瀞アルプスを歩いてきました。
アルプスとはちょっと大げさな名前とは思いましたが、芽吹き時期の里山の尾根歩きは満足いくものでした。また荒川沿いの桜並木は見事でした。
※写真は長瀞町北桜通りです

宝登山 001
【7:50】上長瀞駅構内にマイカーを駐車
※1日500円(税抜)、駐車してから改札口で料金を支払い領収証をダッシュボードに置くシステムです。

本来長瀞アルプスを歩くのであれば野上駅を起点にした方が便利ですが、長瀞の桜並木と岩畳を見物したかったので上長瀞を起点にしました。

宝登山 003
県立自然の博物館の前から、荒川沿いの哲学の道を歩きます。

宝登山 015
長瀞名物岩畳

宝登山 016
長瀞岩畳通り 

宝登山 022
【8:30】北桜通り 見事な桜並木です。

宝登山 024
北桜通り沿いは立派なお屋敷ばかりですが、ひときわ目をひいたのはこの結婚式場でした。


宝登山 026
【9:00】野上駅
駅舎にまだ砕石される前の武甲山の絵があると知っていたのですが見逃してしまいました・・・・

宝登山 027
駅付近の案内看板

宝登山 028
【9:15】萬福寺前 観光トイレあります。ベンチで入山前の身支度と休憩

宝登山 030
【9:30】一礼して入山

宝登山 031
里山と言うか裏山のような道沿いにはカタクリが咲いています。

宝登山 035
明るい雑木林を尾根に向かい登ります。

宝登山 036
尾根に乗れば、多少のアップダウンはあるもののほぼ平坦な道です。

宝登山 041
環境整備協力金のポストありますので100円投入

宝登山 043
【10:00】天狗山分岐

宝登山 049
【10:15】氷池分岐
氷池は冬季に天然氷をとっている池です。さすがに4月はやってはいないとおもいますが、往復30分位なので見に行きました。

宝登山 051


宝登山 052
氷池見学後分岐まで戻り10分休憩

宝登山 054
野上峠 氷池からのグレーの破線ルートとの合流点、このルートは廃道のようです。

宝登山 055
【11:15】ナラ沢峠 ここで舗装林道へ出ます。

宝登山 057


宝登山 059
【11:25】山頂取り付き地点 毒キノコ看板が目印
ここから山頂までが一番キツイ場所です。急傾斜の木段で一気に200mの高度差を登ります。

宝登山 060
【11:50】山頂 25分休憩

宝登山 065
【12:20】奥宮 下山は、奥宮下からジグザグに下る林道を串刺しするショートカット道を利用すると20分で麓の宝登山神社に着きます。

宝登山 069
【12:54】宝登山神社 一礼して下山

宝登山 071
長瀞駅

宝登山 075
岩畳通り

宝登山 079
【14:00】上長瀞駅に戻りました。満開の桜並木、春の里山の尾根歩きと満足度の高い1日となりました。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 続きを読む
  1. 2018/04/03(火) 15:00:00|
  2. 宝登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯能アルプス 東吾野駅~天覚山~大高山~子の権現~吾野駅

天覚山・大高山 024
2018年3月23日 天覧山から伊豆ヶ岳へ続く飯能アルプスの中間部に当たる天覚山~子ノ権現区間を歩いてみました。
上の写真は天覚山山頂から望む景色です。

天覚山・大高山 001
【7:40】 東吾野駅に車を停めスタート
飯能方向に歩いて最初の踏切を渡り、案内看板に従い東吾野小学校を巻くように歩くと登山口です。

天覚山・大高山 005
【7:50】沢筋コース・尾根道コースの分岐
緑色の看板に天覚山登山道は山林所有者様の厚意により利用できる旨が明記されています。
コースタイムが10分程短い沢筋コースを選択

天覚山・大高山 006
【8:00】分岐から10分程で長尾坂配水場、この先で東峠に向かう車道を横切ります。

天覚山・大高山 008
車道を越えると沢筋コースの様子も山道らしくなってきます。

天覚山・大高山 012
【8:30】東吾野駅から50分で両峰神社跡へ

天覚山・大高山 015
山頂は神社跡から一段上です。

DSCN3422.jpg
丹沢

DSCN3421.jpg
奥多摩東部

DSCN3420.jpg
奥多摩西部と奥武蔵

DSCN3426_20180324111212511.jpg
スカイツリー
天覚山山頂は飯能アルプス随一の展望スポットです。

DSCN3431.jpg
大高山に向けてスタートします。

DSCN3432.jpg
尾根を忠実に辿ります。

DSCN3436.jpg
樹間から次の目的地大高山が見えます。

天覚山・大高山 035
【9:30】吾野ノ頭

DSCN3439.jpg
【9:40】大岩

DSCN3443.jpg
【10:05】大高山山頂

DSCN3446.jpg
【10:35】大高山から一本道を30分位歩くと平坂飛村林道に出ます。フェンスの横から再び山に入ります。

DSCN3447.jpg
【10:45】前坂 

DSCN3449.jpg
この辺り分岐多数あります。入ってはいけない分岐には枝が多数積み上げてあります。

DSCN3450.jpg
ここも直進したくなりますね。

天覚山・大高山 051
【11:20】いったん栃屋谷林道に出ます。

天覚山・大高山 052
【11:22】吾野鉱山を右手に見ながら林道を歩き、吾野鉱山の立ち入り禁止フェンスと祠のある場所から再び山に入ります。

天覚山・大高山 053
【11:30】通行止め看板。

天覚山・大高山 056
急斜面を登り切ると栃屋ノ頭です。
※この周辺は両側の切り立った細尾根が続くので注意です。

天覚山・大高山 058
【11:40】栃屋ノ頭 樹間から顔振り峠方面が見えます。

天覚山・大高山 062
【12:10】堂平山分岐
※北武蔵の堂平山とは別の山

天覚山・大高山 065
【12:15】六ツ石の頭 多分・・・・表示が無いので高度から推測しました。

天覚山・大高山 066
数少ない道標は黄色のテープにマジック書き!でも正確でした。

天覚山・大高山 068
【12:40】スルギ 

天覚山・大高山 069
【13:05】子ノ権現駐車場

天覚山・大高山 079
無事歩き切れた感謝をこめて参拝しました。

天覚山・大高山 080
吾野駅に向かう途中、浅見茶屋さんで肉うどんを食べました。肉汁のダシがきいた美味しいスープとこしのある麺に大満足です。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2018/03/24(土) 18:00:00|
  2. 天覚山・大高山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

払沢の滝

DSC_0389.jpg
払沢の滝が12年ぶりの完全凍結との事で見に行きました。

DSC_0384.jpg
見物客が楽しめるようにと地元の方が創った氷のアーチですね。
アーチの後ろから放水していましたが、こんなにも凍るとは、やはり今年は寒いですね。

DSC_0390.jpg
地元民の自分でもここまで凍結した払沢の滝は始めてです。
余談ですが、地球温暖化の影響でしょうか?数十年前には、払沢の滝では完全凍結日を当てる応募があったり、青梅市沢井には天然スケートリンクがあったとか・・・

DSC_0398.jpg
郵便局を移築した建物まで降りると、対岸に天狗の滝が見えます。

DSC_0399.jpg
数年前ここを訪れた際はヤマガラが手に乗って餌を食べてくれました。
御主人に『今日はヤマガラ来ますか?』とお尋ねしたところ『さっきまでいたんだよ』とおっしゃっていました。

地元なのに初めて凍結した払沢の滝を楽しみました♪

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


  1. 2018/02/22(木) 22:22:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。

主に山梨県・埼玉県の山を歩いています。夏季は富士山やアルプス中心に歩いていく予定です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

カテゴリ

富士山 (5)
富士宮ルート (3)
吉田ルート (1)
宝永山 (1)
南アルプス・周辺の山 (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
櫛形山 (0)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳・周辺の山 (3)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
茅ヶ岳 (1)
上越国境 (5)
谷川岳 (5)
奥秩父 (18)
雲取山 (8)
飛龍山 (0)
唐松尾山 (0)
笠取山 (2)
雁坂嶺 (0)
甲武信ヶ岳 (1)
金峰山 (2)
瑞牆山 (1)
乾徳山 (1)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
秩父 (7)
和名倉山 (1)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
四阿屋山 (2)
釜ノ沢五峰 (1)
甲府周辺 (1)
棚山 (1)
御坂 (11)
毛無山 (1)
竜ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
鬼ヶ岳 (1)
十二ヶ岳 (2)
御坂黒岳 (1)
三ツ峠山 (2)
杓子山 (1)
石割山 (1)
菰釣山 (0)
大菩薩・山梨東部 (10)
大菩薩嶺 (2)
黒川鶏冠山 (1)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
滝子山 (1)
岩殿山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
倉岳山 (1)
奥武蔵・北秩父・外秩父 (18)
棒ノ峰 (1)
武甲山 (1)
大持山 (2)
武川岳・二子山 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
天覚山・大高山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
宝登山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩 (42)
長沢背稜 (0)
都県界尾根 (3)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
本仁田山 (1)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾 (8)
高尾山 (6)
陣馬山 (2)
東丹沢 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢 (1)
檜洞丸 (1)
常陸 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
2017年回想 (1)
未分類 (33)

月別アーカイブ

検索フォーム

<

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。