ラッキーの低山ハイキング&里山歩き

富士山 富士の風は強かった。

富士山 056
【4:30】砂走館前 強風が吹いていたものの、この時点ではご来光は見られそうでした。
日の出が近付くにつれ更に風が強まり雲が吹き下ろされ、ついに白い世界になってしまい御来光は拝めませんでした・・・

富士山 058
5:30に砂走館を出て山頂を目指しますが20分程登ったところで山頂は諦めました。
体が浮くような突風が時々吹き抜けこれ以上の登山は危険と判断。


富士山 059
【6:10】七合五勺(標高3210) わらじ館


富士山 060
雲海も波立っているように見えます。
[広告] VPS


富士山 063
絵のような景色です。


DSCN3116.jpg
二ツ塚も遥か下に見えます。


DSCN3117.jpg
【6:10】七合目(標高3070) 日の出館(現在休業中)


DSCN3120.jpg
【6:35】下り六合(標高2830) 御殿場ルートの登り下りの合流点です。


DSCN3121.jpg
宝永山と馬の背
宝永山に立ち寄ろうと思いましたが強風で馬の背にすら近づけません。諦めて大砂走りを下りる事にしました。


富士山 070
大砂走り
[広告] VPS

カメラを持って静止できません。

DSCN3126.jpg
風+急傾斜で今回駆け下りるどころではありませんでした。何人も転んでいました。


DSCN3127.jpg
並行する御殿場登りルートを眺めると多くの方が下山していました。この強風が吹き下ろす状況では登るのは無理でしょう。


DSCN3129.jpg
このまま下りると御殿場口に行ってしまうので、大砂走り二合八勺から進路を南に変更します。


富士山 078
砂漠のような場所を歩きます。


DSCN3133.jpg
このような標柱がポイント毎に立っているので迷う心配はありません。
※ただし晴れの日の日中のみ。濃霧の際や夜間は通行しないほうが良さそうです。


DSCN3135.jpg
二ツ塚の上塚の横を通ります。 美しい形の丘です。


DSCN3137.jpg
【8:10】二合四辻


DSCN3138.jpg
山頂を振り返ると笠雲がかかっています。風が強いわけです。


DSCN3143.jpg
【8:40】一合五勺


DSCN3144.jpg
富士の裾野の樹林帯の遊歩道に入ります。歩く人も少ないのか道も草に覆われています。樹木の銘板もすっかり色褪せており廃れ行く道のようでした。このまま歩くと千と千尋の神隠しの神様の国にいけるかもなんて期待します。(笑)


DSCN3146.jpg
【9:00】南山休憩所 ベンチも朽ち果て座れません、やがては東屋も崩れてしまうのでしょう・・・


DSCN3148.jpg
廃れいくにはもったいない美しい遊歩道です。


DSCN3149.jpg
【9:15】一合五勺(標高1620) 須山口登山道に戻りました。あと45分歩けば水ヶ塚駐車場です。そういえば昨日ここでザックを降ろしておにぎり食べました。そんな事を思い出しながら長かったようで短かった1泊2日の富士登山の余韻を楽しみました。
須山口に向かってのんびり歩いていると、昨日とはうって変わって多数の登山者とすれ違います。男性ソロ2名、女性ソロ1名、5~6人パーティ2組とすれ違いました。みなさん1合目から山頂狙いだそうです。須山口密かに人気上昇中♪


DSCN3152.jpg
【10:00】須山口一合目(標高1450) 登山道入口 
無事下山ヽ(^o^)丿次はお鉢巡りと御来光だ!!

これから登られる方のために自分が失敗したなと思った事を書きます。

①頂上に登ってから七合五勺の小屋に戻りましたが、先に小屋に寄って荷物を預けてから登ればもっと行動の自由度が増えてお鉢巡りも可能でした。

②御来光混雑を避けるため朝食後の出発を申告したところ寝床が小屋の奥の二階になりとても不便でした。山頂での御来光登山を申告していれば一階の寝床になったかもしれません。

③富士の小屋はギュウギュウに押し込むのは有名です。実際両隣の方と肩が触れ合いよく眠れません。
ベストは、夕食前みなさんが外で景色を見ている時に仮眠。また狭い寝床で朝まで寝ているとかえって疲れるので、深夜から早朝にサッサと出発です。星空がきれいですよ♪※砂走館は御来光見物後戻ってから朝食がとれるので便利です。

参考になりましたでしょうか?

富士山想像以上に満足度の高い山です。是非また登ろうと思います!

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/09/04(月) 15:00:00|
  2. 須山&富士宮ルート(山頂)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士山 一合目から山頂へ

DSCN3043_201708272227469fb.jpg
水ヶ塚駐車場から見た富士山

2017年8月25日 須山ルートと富士宮ルートで富士山に登りました。
2017年夏東日本は梅雨明け後夏らしい日がありませんでした。東京も22日間連続雨が降りました。
この夏は大きな山には登れないかもと半ば諦めていましたが、たまたま休暇を申請していた8月25日は天気が良さそうだっので、急遽22日に山小屋を電話予約、その日のうちにルート計画をプリント&荷物をパッキング(防寒具や飲料3L詰め込みます。総重量約10kg)登山3日前から期待度が上がってまいりました。さらに当日、中央高速走行中に見えた登山者のヘッドランプの光の筋に彩られた巨大な富士山に期待度は最高潮に!!
 富士山煽ってくるな~(笑)

ルート&タイム
1日目
【6:00】水ヶ塚駐車場→【6:10】一合目(須)※①→【6:55】一合五勺(須)→【8:15】二合五勺(須)→【9:00】三合目(須)→【9:05】御殿庭→【10::00】山体観測装置→【10:10】第二火口縁→【10:25】第一火口縁→【10:35】六合目(富)※②→【11:20】新七合目(富)→【12:10】元祖七合目(富)→【12:45】八合目(富)→【13:40】九合目(富)→【14:20】九合五勺(富)→【14:50】富士宮口山頂(富士山本宮浅間大社奥宮)→【16:30】七合五勺(砂走館)(御)※③
2日目
【5:45】砂走館→【6:10】七合目(御)→【6:35】下り六合目(砂)※④→【7:20】旧二合五勺(砂)→【8:10】二合四辻(須下)※⑤→【8:40】一合五勺(須下)→【9:15】一合五勺(須)→【9:55】一合目(須)→水ヶ塚駐車場
※①(須)=須山口登山歩道 
※②(富)=富士宮口登山道 
※③(御)=御殿場口登山道 
※④(砂)=大砂走 
※⑤(須下)=須山口下山歩道


DSCN3044.jpg
【6:10】須山口登山歩道入口(標高1450) 水ヶ塚駐車場から富士山スカイラインを渡ってすぐです。
駐車場を振り返ると定刻前なのにバスが発車しています。アナウンスによると満席になるとすぐ発車し臨時もどんどん走らせているとの事。サービス良いですね、日帰り登山の際はぜひバスに乗ろうと思いました。


DSCN3046.jpg
【6:55】一合五勺(標高1620) 時折小鳥のさえずりが聞こえるだけの静かな森です。ザックを下ろしてしばしの休憩、心安らぎます。


DSCN3048.jpg
二合目手前にお花畑がありました。


DSCN3053.jpg
【8:15】二合五勺(標高2000) 御殿庭下 ここまで一人も登山者を見かけません。
休憩中下からランナーが駆け上がってきました、本日の第一山人です(笑) 


DSCN3054.jpg
【9:00】三合目(標高2160) 御殿庭中 ここでメインルートから御殿庭に向かう倒木の多い小道にはいります。


DSCN3059.jpg
【9:05】御殿庭 富士山と宝永山がはっきり見えます!メインルートから外れているので歩く人は少ないようですが景色が良い場所です。ここは宝永第三火口です。


DSCN3062_20170828114824942.jpg
イタドリ・キオン・フジアザミの花々が咲き乱れていました。お花好きの方におすすめ!


DSCN3065.jpg
もと来た道には戻らず第三火口壁につけられた道を登ります。ルートタイムを見るとメインルートより15分余計にかかりますが、こちらの方が景観も良く勾配が緩くて楽です。自分は次回もこの道を使います。


DSCN3069.jpg
第三火口縁を登りきると宝永第二火口が見下ろせます。
ここでご夫婦らしい登山者と会いました第二山人です。お二人は御殿場口駐車場⇒二ツ塚⇒御殿庭⇒宝永山⇒大砂走り⇒御殿場口駐車場の日帰りだそうです。広大な景色を楽しめる良いコースだと思います。

DSCN3071.jpg
【10:00】山体観測装置付近(標高2320)


DSCN3072.jpg
【10:10】第二火口縁(標高2340)


DSCN3073.jpg
【10:35】第一火口縁(標高2400) 今回は宝永山に向かわず富士宮ルートに向かいます。


DSCN3075.jpg
富士宮六合目手前で富士の短い夏を彩る花々と出会う。また富士宮ルートに入ると一気に登山者が増えました。須山一合目から富士宮ルート合流点まで3人しか会わなかったのが嘘のようです。


DSCN3077.jpg
【11:20】新七合目(標高2780) 御来光山荘


富士山 034
【12:10】元祖七合目(標高3010) 今年初めての三千です♪


富士山 035
三千を超えるとみなさん歩みが遅くなります。立ち休みする方も多くなっています。


富士山 036
大人が休み休み登っている中、登山道の真ん中に座り込んでいる少年はピョンピョンとウサギのように軽やかに大人を抜いていきます。自分も数回抜かれました。本当にウサギのような少年でした、しばらくピョンピョン駆け上ると座り込んで大人たちに抜き返される、まるで『ウサギとカメ』を地でいっているようです。(笑)
上に見える建物は山の診療所です。


富士山 038
【12:45】八合目(標高3250) 池田館 ここで以前TVで見た富士山登頂記録保持者の實川さんにお会いしました。『TV見ましたよこれからも頑張って下さい♪』と声をかけました。


富士山 039
八合目上に硬貨の刺さった鳥居


富士山 041
【13:45】九合目(標高3460) 万年雪荘 


富士山 043
【14:20】九合五勺(標高3590) 胸突山荘 山頂も近くに見えます。あと130mなのですが、八合目以降は見えている場所が遠く感じます。


富士山 047
【14:50】富士宮口山頂(標高3720) 富士山本宮浅間神社奥宮 神主さんも常駐しています。一合目から休憩込で9時間弱かかりました。

富士山 050
噴火口


富士山 045
左上が日本最高所剣ヶ峰(標高3775.5)あと30m強です。しばらく登ろうか考えていましたが、明日も山頂に登る予定だったので明日の楽しみにとっておこうと山頂を去ります。後でこの事により後悔が残ってしまいました。
山の天気は気まぐれ登れるときは登れですね。


富士山 054
【16:30】七合五勺(標高3210) 砂走館 いったん510mほど下山し明日のご来光とお鉢巡りのために宿で体を休めます。ベンチで持ってきた本を読みながら暮れゆく1日を楽しみました。
下山編は後日アップいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2017/08/28(月) 21:00:00|
  2. 須山&富士宮ルート(山頂)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士山 山頂に立ちました♪

DSCN3093.jpg
大内院(噴火口)

やっと富士山の山頂に立ちました!(初めての富士山登頂です。)
2017年夏は長雨や台風で、計画していた、念願の北アルプスデビューも八ヶ岳縦走もかないませんでしたが、8月下旬の一瞬の好天と休日が一致し一ヶ月振りの登山は富士登山に決めました。登山計画は1年以上前から作成していたので日付を変えてPCからプリントアウトするだけです。他にもアルプスの山々の登山計画もPCのメモリーの中で出番を待って眠っています。
※実は時間の関係で剣ヶ峰に登っていないので半登頂ですが、今回一合目から9時間で山頂まで登れたので満足です。1日での単純標高差(登り)2270m、(降り)510mは自己ベストです。

DSCN3062.jpg
須山ルート三合目御殿庭の花園は満開でした♪五合目から登ると見られません。
※富士山は一合目から登るのがおすすめ♪

ルート・タイム・写真は後日アップいたします。
世界遺産になり観光客に占領されてしまい根っからの山好きの方には敬遠されてしまった富士山ですが、やっぱ良い山ですね!
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2017/08/26(土) 20:00:00|
  2. 須山&富士宮ルート(山頂)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山の日

DSC_0273.jpg
7月末 地元の水田に蓮の花が咲く

久しぶりの更新です。
本日山の日ですが、残念ながら7月に入ってから業務多忙のため休日も山に足が向かいません・・・休日は疲れ果て家で寝てます。午後から地元の名も無き山を歩いています。


DSC_0279.jpg
8月初旬 里山で出会った子猫


DSC_0280.jpg
可愛い子猫でした。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
  1. 2017/08/11(金) 19:10:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

甲武信ヶ岳  毛木場(平)から甲武信ヶ岳ピストン

6月29日(木)毛木場から甲武信ヶ岳日帰りピストン登山してきました。
甲武信ヶ岳 079
甲武信ヶ岳山頂部。
※千曲川源流遊歩道と奥秩父主脈合流点付近の樹間にて撮影。

ルート&タイム
【7:40】毛木場駐車場⇒【7:50】八丁坂分岐⇒【8:05】大山祇神社⇒【8:20】慰霊碑⇒【9:25】ナメ滝⇒【10:50】千曲川信濃川水源地⇒【11:20】分岐(※)⇒【11:45】甲武信ヶ岳山頂⇒【12:00】甲武信小屋(20分休憩)⇒【12:40】甲武信ヶ岳山頂⇒【13:00】分岐(※)⇒【13:15】千曲川信濃川水源地⇒【14:15】ナメ滝⇒【15:00】慰霊碑⇒【15:15】大山祇神社⇒【15:35】毛木場駐車場
※分岐→奥秩父主脈合と千曲川源流遊歩道の合流地点です。


甲武信ヶ岳 003
毛木場駐車場の案内図

毛木場駐車場は60台駐車可能、また舗装されているので雨天でも快適、清潔なトイレや身支度に便利な東屋も完備された良い駐車場です。
注意点としては、最寄のコンビニが車で30分以上かかるの事です。


甲武信ヶ岳 005
【7:40】毛木場駐車場のゲートを越えスタート(標高1460m)
白樺の明るい緑の葉と木漏れ日が気持ち良いです。。
[広告] VPS

甲武信ヶ岳 009
【7:50】八丁坂分岐 左は十文字峠に向かう道です。山仕事の方の車はここまで入れるようです。


甲武信ヶ岳 010
コメツガの明るい森とエゾハルゼミの大合唱に気分が盛り上がります♪


甲武信ヶ岳 013
【8:05】大山祇神社 安全祈願のため参拝します。


甲武信ヶ岳 014
沢風の心地よい道です。カラマツとダケカンバの混合樹林に変わります。


甲武信ヶ岳 088
【8:22】慰霊碑 昭和初期にあった土石流災害の慰霊碑です。


甲武信ヶ岳 018
階段


甲武信ヶ岳 019
釣り人が沢を登っていました。ここは天然岩魚がいるそうです。


甲武信ヶ岳 024
【9:25】ナメ滝(標高1783m)
[広告] VPS

[広告] VPS

甲武信ヶ岳 031
ナメ滝の先に新旧の橋


甲武信ヶ岳 033
足元に黄色のスミレ、キバナコマノツメの花です。北海道・本州中部以北・四国山地・屋久島の亜高山帯に咲く花です。


甲武信ヶ岳 039
標高2000m近くなると森の樹木がシラビソに変わります。ここまで登ると流れの音も小さくなり奥山らしい静粛境になります。
ガサッという物音の方に向くと鹿がいました。

間もなく信濃川の源流地点、この付近なら大河も一跨ぎで渡れます(笑)
[広告] VPS

甲武信ヶ岳 083
【10:50】千曲川信濃川水源地(標高2200m)


甲武信ヶ岳 043
信濃川の最初の流れです。この湧水から367kmを5日間流れて日本海にそそぐなんて想像しただけでワクワクします♪


甲武信ヶ岳 048
【11:20】分岐


甲武信ヶ岳 057
奥秩父主脈に登り上げました。晴れていれば正面に甲武信ヶ岳が見えます。


甲武信ヶ岳 058
もうすぐ山頂 樹木はシャクナゲと矮小化したコメツガに変わります。シャクナゲの花期は終わっていました。


甲武信ヶ岳 060
山頂部の岩場はイワカガミ満開でした♪


甲武信ヶ岳 062
岩の隙間すべてにイワカガミが咲いていました。


甲武信ヶ岳 064
【11:45】山頂(標高2475m) 山梨県・埼玉県・長野県の県境です。
一番大きな山頂標識は埼玉県の物です。東京から長野県まで行き長野の山を歩いているつもりが、山頂は東京の隣の埼玉県?都心近くから奥秩父まで網羅する埼玉県の大きさに驚きました。


甲武信ヶ岳 068
木賊山(標高2468m)  


甲武信ヶ岳 070
【12:00】甲武信小屋 20分程休憩し元来た道を戻ります。


甲武信ヶ岳 074
もう一度甲武信ヶ岳の山頂に立つと若干ガスが薄くなってきました。埼玉県最高峰三宝山(標高2483m)も見えるようになりました。


甲武信ヶ岳 076
西側を眺めれば高度感ある風景が見えます。晴れていればとっても爽快な景色を予感させます。


甲武信ヶ岳 080
分岐まで降りて振り返ると甲武信ヶ岳山頂が見えました♪


甲武信ヶ岳 090
【15:35】毛木場駐車場 出発時にはエゾハルゼミの大合唱に包まれたこの場所もこの時間はヒグラシの合唱に変わっていました。
毛木場からのルートは、登り始めは高原の避暑地のような白樺の森と木漏れ日とエゾハルゼミの合唱に心安らぎ、次にコメツガ・ダケカンバ・カラマツの明るい落葉針葉樹の森にワクワクし、標高2000mを越えるとシラビソとサルオガセと苔むした原生林に癒され、山頂付近はシャクナゲと矮小化したコメツガとイワカガミのお花畑に大満足でした。また天然岩魚もいる清流やナメ滝などの見どころ豊富です。次回は西沢渓谷からのルートや十文字峠経由の周回ルートも歩いてみたいですね♪
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村
 
  1. 2017/07/03(月) 15:00:00|
  2. 甲武信ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー
東京都在住の会社員です。
ハイキング記事や身近な景色を記録したブログです。
主に東京都・山梨県・埼玉県・神奈川県の山を歩いています。今後は長野県・群馬県・栃木県・新潟県の山にも登りたいなと思っています。
夢は南アルプスの見える山村に移住して山に関わる仕事をしながらの半農生活です。山でお会いした際にはお気軽にお声掛け下さい!

地球の名言

地球の名言 -名言集-

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

富士山 (5)
須山&富士宮ルート(山頂) (3)
須山ルート(宝永山) (1)
吉田口ルート(七合目) (1)
南アルプス (6)
北岳 (1)
間ノ岳 (1)
仙丈ヶ岳 (1)
甲斐駒ケ岳 (1)
鳳凰三山 (2)
中央アルプス (2)
木曽駒ヶ岳 (2)
八ヶ岳 (2)
権現岳・編笠山 (1)
天狗岳 (1)
赤岳 (0)
奥秩父山系 (7)
甲武信ヶ岳 (1)
乾徳山 (1)
金峰山 (2)
茅ヶ岳 (1)
唐松尾山 (0)
笠取山 (1)
瑞牆山 (1)
秩父山系 (11)
二子山(小鹿野) (1)
両神山 (2)
四阿屋山 (2)
熊倉山 (2)
秩父御嶽山 (1)
釜ノ沢五峰 (1)
和名倉山 (1)
棚山 (1)
御坂山系 (9)
毛無山 (1)
十二ヶ岳 (2)
三ツ峠山 (2)
鬼ヶ岳 (1)
三方分山 (1)
御坂黒岳 (1)
竜ヶ岳 (1)
大菩薩・道志山系 (11)
大菩薩嶺 (2)
小金沢連嶺 (2)
笹子連嶺 (1)
黒川鶏冠山 (1)
杓子山 (1)
石割山 (1)
倉岳山 (1)
扇山・百蔵山 (1)
岩殿山 (1)
奥武蔵 (16)
武甲山 (1)
伊豆ヶ岳 (2)
棒ノ峰 (1)
大持山 (2)
武川岳 (1)
蕨山 (1)
丸山 (1)
釜伏山・登谷山 (2)
大霧山・堂平山 (1)
日和田山・物見山 (1)
多峯主山・天覧山 (1)
関八州見晴台 (2)
奥多摩西部 (24)
雲取山 (8)
鷹ノ巣山 (5)
御前山 (2)
川苔山 (2)
七ツ石山 (1)
三頭山 (2)
天目山 (1)
蕎麦粒山 (2)
本仁田山 (1)
奥多摩東部 (26)
大岳山・御岳山 (10)
城山・上高岩山 (2)
高水三山 (3)
戸倉三山 (5)
浅間嶺 (3)
笹尾根 (1)
弁天山 (2)
高尾山系 (7)
高尾山 (5)
陣馬山 (2)
東丹沢山系 (9)
丹沢山 (1)
塔ノ岳 (5)
鍋割山 (1)
丹沢大山 (1)
弘法山 (1)
西丹沢山系 (1)
檜洞丸 (1)
三国山系 (3)
谷川岳 (3)
八溝山系 (1)
筑波山 (1)
2014年回想 (1)
2015年回想 (1)
2016年回想 (1)
未分類 (30)

検索フォーム

<

この人とブロともになる